補色~グリーンとピンクの組み合わせ~

 フラワーアレンジメントや生け込みは、漫然と制作してもきれいなものができません。やはり理論的な裏付けのある配色・構成から制作へのアプローチを行う必要があります。

 フラワーショップ アリスでは、補色や3色配色、彩度・明度などの視点から制作へのアプローチを行い、お客様にご満足いただけるような商品作りを目指しております。

 ここでは補色と花材の関係を中心に話を展開していきます。

補色~グリーンとピンクの組み合わせ~

 梅雨がまだ続きますが、今回はグリーンとピンクの補色を意識した生け込みを行いました。

 使用した花材は次の6点。「スモークツリー」「カラー」「オリエンタルユリ」「トルコキキョウ」「ドラセナ」「エンシクアリア(ピュアピンク)」。

そもそも「補色」とは

 色相環で正反対に位置する色の組み合わせのことを補色と言います。組み合わせの代表例としては、「黄色と紫」「オレンジとブルー」「グリーンとピンク」など。

12色の色相環図(影と明るい色、基本見本)

 上の画像の「12色の色相環図」で反対になる組み合わせが補色の関係となりますが、このような補色関係を構築すると、色の鮮やかさがより強調されます(補色対比)。

 なお、赤の補色は緑ですが、ピンクの補色は正確には黄緑となり、オレンジの補色は青緑となります。ひとくくりに「グリーン」と述べましても、「青緑」~「緑」~「黄緑」と色相に違いが見られます。

補色を意識したグリーンの花材とピンクの花材

 今回は黄緑を含むグリーンの花材として「スモークツリー」「トルコキキョウ」「ドラセナ」を、そして「カラーの茎の部分」もグリーンの花材の一つとして意識をしながら使用しました。

 ピンクの花材としては「エンシクアリア(ピュアピンク)」と淡いピンクの「オリエンタルユリ(カトーネ)」を使用しました。

 また、無彩色としての「カラー」の白も入れ、全体の中での色の調和も試みました。

グリーンの花材「スモークツリー」

 6月初めから中旬頃に出回る花材「スモークツリー」。いくつか種類がありますが、今回使用したのは「グリーンボール」と呼ばれるもの。

 以前、弊社ブログ記事「6月初~中旬限定花材「スモークツリー」」にても掲載しましたが、スモークツリーにはグリーンのものだけでなく、赤っぽいもの(ロイヤルパープル)やピンクがかったもの(ラブリーロール)などもあります。

 スモークツリーは独特な花材ですが、あまりごちゃごちゃと見境なく入れるとかえって汚くなってしまいますので、どういった生け方をするのか、事前に構想を練って生け込むことが必要になってきます。

 今回はスモークツリー「グリーンボール」を使うにあたり、色調を統一しようと考え、グリーンのトルコキキョウやグリーンのドラセナと合わせながら、根締めに使用することにしました。

ピンクの花材「エンシクアリア(ピュアピンク)」

 珍しい花材「エンシクアリア(ピュアピンク)」。オンシジュームの一種です。このエンシクアリアは静岡県大井川(藤枝市)産。淡いピンクがグリーンとの補色関係となり、よく調和します。

 前回の生け込み(下の写真)では、「エンシクアリア(ピュアピンク)」をピンクの芍薬やアガパンサスと合わせてみましたが、淡いピンクなので、同系色の淡い色合いともよく調和します。

全体構成を振り返って

 今回の色の組み合わせでは、補色関係を意識しながら、グリーンと白、そしてピンクの配色のみでの構成を行いました。

 割合的にはグリーン:白:ピンク=6:3:1といったところでしょうか。グリーンとピンクを1:1にするとまた印象も変わってくると思いますが、今回はピンクをポイントとして使いたかったため、あえて割合を抑えての使用となりました。

 全体として明るいグリーンを基調とした涼しげな雰囲気となりました。

 まだ梅雨が続き、ジメジメとした天気が続きますが、もうすぐ7月。清涼感を感じさせる夏を迎えたいところです。

「スプリット・コンプリメンタリー配色」との違い

 これまで述べた補色は色相環図で反対の色同士の組み合わせであり、コントラストの強い配色の組み合わせとなります。

 一方で、「スプリット・コンプリメンタリー配色」は補色の両隣に位置する2色を組み合わせる方法となります。

 上記生け込みはグリーン(この場合のグリーンは黄緑ではなく、濃い緑)の補色である赤と隣り合う2色(ピンクとオレンジ)を利用した、合計3色で構成する色の組み合わせとなります。

 コントラストの高い配色ですが、補色を利用しないことで色の激しさを抑えた生け込みとなります。

「スプリット・コンプリメンタリー配色」について詳しくは