季節の花たち

夏の実物~ヒペリカムとツルウメモドキを用いた生け込み~

 秋の実物と言えばツルウメモドキやウメモドキ、野バラやフォックスフェースなどなど、多くの名前が思い浮かびます。

 秋の実物は豊作をイメージしますが、夏に流通する野バラやツルウメモドキはそもそも珍しく、また、青々とした若い状態となっています。

 上の写真は3枚目までがツルウメモドキを使った生け込み、4枚目が野バラを使った生け込みです。

 先述のように、ツルウメモドキは秋の代表的な実物です。9月から10月にかけて赤橙色の実を実らせながら、蔓が自在に伸びている姿が想像できます。

 しかし今回は、まだまだ真っ青の、色付きにはほど遠い若い実を生けてみました。

 ヒペリカムは国内産もありますが、輸入品も多く入荷します。しかし7月頃は地元、福島県産のものが多く流通しています。

 ヒペリカムは輸入品もあるため、比較的通年で入手しやすい花材です。一方、ツルウメモドキは輸入品がなく、地元の生産者の山取りでの出荷が大半となっています。

 ヒペリカムは代表的な赤い実だけでなく、グリーンやピンク、はたまた茶系の実のものも流通します。
 この時期(7月頃)は湿度も高くなり、暑くなってきますのでガーベラなども日保ちがしなくなってきています。一方で、このような実物は日保ちがしますので、アレンジなどにも重宝する花材となっています。

 右側の写真は前回の生け込みです。枝物に関してはほぼ同じ種類の花材を使っていますが、今回はツルウメモドキも使い、「生い茂った野山に分け入った時に自生していた実物たち」、そんなイメージで生けてみました。

 そのため、前回のような「すっきりさ」はありません。どちらかと言うとツルウメモドキの枝の暴れ具合が、「うっそうと生い茂っているイメージ」に近づいているのではないかと感じています。

 ドラセナも敢えて暗めの赤を使用しました。そんな暗めの赤に呼応する形で、ヒペリカムの鮮やかな赤を配してみました。

 実際にはこんな野山なんてありませんが、仮に野山に分け入って発見したら、きっと楽しいでしょうね。

(使用花材)
・ドウダンツツジ・リンドウ・グラジオラス・雪柳・ヒペリカム・ツルウメモドキ・ドラセナ

(リンク)
秋の花、蓮の実・ツルウメモドキ・染雪柳等
秋の花、アマランサス・ケイトウ・ツルウメモドキ等
秋の花材「ワレモコウ・ツルウメモドキ」
TPOに応じた花材選び②~夏の涼しさを演出する②~

季節の花たち

TPOに応じた花材選び②~夏の涼しさを演出する②~

 曇天の湿度が高い梅雨が続きます。そろそろ梅雨が明けてもいい頃合いですが、今回は「TPOに応じた花材選び②~夏の涼しさを演出する②~」と題し、蒸し暑さを吹き飛ばすような、ブルーとグリーンを基調とした生け込みを行いました。

 生け込みに際し、枝振りのいいドウダンツツジが入荷しました。枝振りのいいドウダンツツジはそのまま生けてもいいのですが、生け花や店舗の生け込みなどの「魅せる」場合においては、葉や枝を整理しなければなりません。

 ポイントとしては「枝を見せること」「重なっている葉がある場合は、重なっている場所をカットすること」の2点です。しかし、うっそうと生い茂った枝物を入手しても、どこをどう切ればいいのかは初めての場合、全く分かりません。この「枝を見せる感覚」を習得するためには、生け花を習うことが一番の近道だと思います。

 枝を切ると切断面の青さが目立つ場合があります。その場合は、黒の油性ペンでその切断面を塗るなどの細かい作業も必要となります。

 飛び出しの青い花はアガパンサスです。市場では葉付きのものと花単体のもので大きく値段が変わります。

 当店では今回、葉付きのアガパンサスを仕入れましたが、葉付きのものですと恐らく東京近辺の花屋では花1本、葉数枚セットで800円前後でしょうか。

 これは日本水仙でも言えることですが、生け花では水仙を4枚葉で使用します。生け花で使えない3枚葉のものと4枚葉のものでは、大きく値段が変わります。

 このアガパンサスも、葉付きでないと生け花で使用できないため、葉があるかどうかで値段が極端に変わります。

 トルコキキョウは先日産地訪問で伺った福島県郡山市の斎藤さんが生産したものです。この茎の太さは別格で、日持ちもするため安心して生け込みにも使用でき、またお客様にも自信を持って販売できます。

 リンドウも出始めてきました。このリンドウは山形県の佐藤さんが生産したものとなります。6月の中旬頃から少しずつリンドウは出始めますが、最盛期は8月~9月頃となります。9月の終わり頃には笹リンドウと呼ばれる葉が笹のような形のしたきれいなリンドウも出始めてきます。秋には紅葉もし始めてくるリンドウですが、まだ出始めなので真っ青の状態のものだけとなります。

 今回はブルーとグリーンを基調とした生け込みを行いましたが、ブルーをより強調するため、補色としてオレンジのピンクッションも埋め込みで使ってみました。

 全体として涼しい感じのする生け込みです。ジメジメした梅雨空が続きますが、少しでも夏の涼しさを感じ取って頂ければと願っております。

(使用花材)
・ドウダンツツジ・アガパンサス・トルコキキョウ・リンドウ・雪柳・ピンクッション

(リンク)
TPOに応じた花材選び①~夏の涼しさを演出する~

その他, 季節の花たち

入才ラン ~生け花花材の現状~

 入才ラン(にゅうさいらん)を生けてみました。入才ランとは、1m程の長さになる葉物です。「ラン(蘭)」と名付けてありますが、胡蝶蘭などの蘭とは全く違うもになります。

 昭和40年代~50年代頃の生け花全盛期には、こういった生け花花材として主に使われるものを生産者がどんどん生産していましたが、現在はめっきり生産量も少なくなってきました。

 以前投稿したブログ記事「コロナ後の変化~生産者の単一商品作物からの脱却の流れ~」の中で、売れ筋商品は変わっていく旨を記載しました。生け花はこの最たる例であり、生け花全盛期に比べれば、今現在は圧倒的に受講する生徒が少なくなってきています。そしてその影響で、生け花花材の生産量も急減してきています。

 これは茶道にも言えることで、今現在、若い人で積極的に茶道教室に行こうとする方はかなり少なくなってきています。
 ヤフーオークションの骨董品のカテゴリーを見てみますと、昔ならかなり値が付いたであろう茶道具も、今は誰も買い手が付かないほど大量に出品されています。

 時代の趨勢により、売れる商品も変わってきてしまいますが、生け花の先生も「若い人が入ってこない」と嘆いていました。

 問題なのは、生け花の特殊な生け方(明治時代の生け方の再現)をしようとしても、今現在それらの花材を生産する方が極端に少なくなってきており、再現しようにも一部花材が入手困難になってきていることです。

 ある意味では仕方が無いことですが、一抹の寂しさも感じます。

 さて今回は、和のイメージの入才ランには似つかわしくないかもしれませんが、パイナップルも入れてみました。

 一見、ガーベラのように見える花はヒマワリです。

 黄色とグリーン主体の生け込みですが、今回は黄色の補色としての淡い紫のトルコキキョウをポイントとして入れてみました。このトルコキキョウは、以前、「産地との連携②」でご紹介した齋藤さんが生産したものです。
 軸が太く、しっかりした、大きい花を咲かせています。

 今回は和洋折衷のような花材の組み合わせとなっていますが、生け花の花材も従来の固定した使われ方だけでなく、思い切って洋花と組み合わせてみるなどの斬新な使い方も必要かもしれません。

 それこそが、生け花の衰退で使われなくなった花材を生かすことにも繋がるのではないかと考えています。

(使用花材)
・入才ラン・ヒマワリ・トルコキキョウ・パイナップル・ヒペリカム・アレカヤシ

季節の花たち

紫陽花の水揚げ、その後…

 先日(7/2)ブログ記事「紫陽花の生け込みと水揚げの処理方法」にてご紹介した生け込み、本日(7/8)様子を見に行きましたが、ピンピンの状態でした。

 上記の写真左側が本日(2020/7/8)撮影したもので、右側が先日(2020/7/2)の生け込み時に撮影しものです。

 1週間経っても、ほぼ遜色ない状態です。
 先日ご紹介した水揚げの処理方法での結果となります。

 こんな感じで1本1本の紫陽花の「ワタ」をくり抜き、縦に鋏で割ってからの生け込み作成でした。

 注意点としては先日もお伝えしましたが、紫陽花はとにかく水を吸い上げますので、水切れだけ気を付けて頂ければと思います。

 この方法を使えば、庭にある紫陽花を切って玄関に飾っても、しばらく楽しめると思います。
 是非楽しんでみてください。

 なお、紫陽花の鉢物は5月の母の日前後に流通します。毎年、新品種が続々出てきますので、来年もお楽しみに。

(リンク)
紫陽花の種類いろいろ①
紫陽花の種類いろいろ②

季節の花たち

紫陽花の生け込みと水揚げの処理方法

 長い梅雨が続きます。中国では、あまりの雨量で洪水が頻発し、あの三峡ダムも決壊の危機だと報道されています。

 ここ福島県ではそこまで激しい雨量にはなっていませんが、相変わらず梅雨空が続いています。

 梅雨と言えば、紫陽花とカタツムリなんてイメージがありますが、今回は、梅雨にふさわしい紫陽花を生け込んでみました。

 紫陽花は水揚げに特徴があります。単純に切っただけ、或いは金槌(かなづち)で叩くだけでは、いまいち水の吸い上げが上手くいきません。

 紫陽花が水をよく吸い上げるためには、写真2の左側のようにナイフで長めに側面をカットし、更にその中の「ワタ」と呼ばれる白い部分を削り取ります。
 写真2の右側がその「ワタ」を削り取った後になります。

 更に縦に鋏で枝を割り、水の中に入れて30分以上置けば水をよく吸い上げます。

 当店では殺菌成分も入った業務用の栄養剤を使用しているので作業はここまでとなりますが、このワタを取った後、殺菌をするために茎をコンロで1~2分ほど焼いて炭化させるのもいいと思います。

 今回は柏葉アジサイなど、4種類の紫陽花を生け込みました。また、枝物として夏ハゼも使用しました。

 庭にある紫陽花も、上記のような水揚げをするとよく水を吸い上げます。花瓶に挿して10日ほどは鑑賞できるかなと思います。

 母の日にプレゼントした紫陽花も、庭に植え替え何年か経つと、大きな株になります。そんな状態になったら、何輪かを切って花瓶に生けてみるのもいいものですね。

 是非試してみてください。

(追記)
 切り花の紫陽花、かなり水を吸い上げます。今回の生け込みの場合、器にオアシスを詰めて更に水が2Lほど入りますが、1日で1L以上なくなっていました。

 紫陽花を花瓶に生ける場合も、水の管理だけは気を付けて頂ければと思います。

(リンク)
紫陽花の水揚げ、その後…
紫陽花の種類いろいろ①
紫陽花の種類いろいろ②

その他, 季節の花たち

コロナ後の変化~生産者の単一商品作物からの脱却の流れ~

 菊の一大産地は愛知県の渥美半島、全国で有名なかすみ草の産地は福島県の昭和村など、これまでは長年培った技術を基に、単一商品の規模拡大と品質向上を目指しながら、単一商品に特化して事業を進めている産地が多く見られました。

 しかしながら今回のコロナ災禍により、結婚式などのイベントの消失、葬儀の大幅な縮小などが発生し、単一商品で全国的なシェアを拡大していた大規模生産者が苦境に立たされました。

 愛知県渥美半島の菊部会では、秀品以外を全量廃棄処分し、価格維持に努めたとの話を伺っていますが、需要が消滅してしまった昨今では、これまでのような単一商品の生産・販売ではどうしようもない状況に陥っています。

 今回はエリンジュームも生け込みましたが、このエリンジュームは国産です。これまで、エリンジュームに関しては基本的に輸入品が大部分を占めていましたが、近年、こういった葉物・実物・草物も国内の生産者が積極的に生産するようになってきています。更に今回のコロナ災禍で、単一商品から葉物・実物・草物などを含めた複数種への作物栽培の転換の流れがより加速しております。

 先日訪問した百合生産者・山形県の池野さんも、従来から百合メインで生産を行っていましたが、今年は圃場の一部でユーカリなどの葉物の生産も開始していました。

 近年はエリンジュームに代表される葉物・実物・草物の需要が高まってきており、Instagramなどでアレンジなどを見てみますと、従来のバラ・かすみ草メインの組み合わせだけではなく、葉物・実物・草物を多用したものも人気が出ています。

 先日、市場(福島花卉)の社長と話をした際、大田花卉の市場調査専門の方が講演を行ったそうで、その話の中で、これからは葉物・実物・草物の需要が高まりますとの話があったそうです。

 講演会に参加していた方々は、本当に流行るのか?などの疑問を持っていたそうですが、世の流れ的にはそちらの方向にシフトしているような気がします。

 ランチェスター経営戦略で著名な竹田陽一先生の著書を読みますと、売れ筋や売れる商品は変わっていくので、時代を読んで対応しなければならない旨が詳細に記載されています(ランチェスター経営戦略 第7部 商品戦略)。

 もちろんそれは花に限らず、どの業界・業種にも当てはまることですが、私自信もアンテナを伸ばし、情報発信も併用しながら、時代に応じた花作り(アレンジや花束)等を追求していかなければと痛感しております。

 幸い、積極的に産地に伺っていますので、生産者サイドでの花の見方・考え方も聞きながら、加工・販売側(花屋)の意見も伝えつつ、有意義な交流を行っています。併せて、現代はYouTubeやInstagramなどのメディアが発達していますので、それらを併用しつつ、今後もブログ等で随時発信していきたいと考えています。

 今回は、エリンジュームの他に、珍しい花粟も生け込んでみました。上記の写真でどこに花粟があるか、分かりますか?

 花粟はこの写真の中では黄緑色の花になります。

 また、紫色の花はカリナディープブルーと呼ばれるハイブリッドスターチスです。これまで見たことのない商品でしたが、あまりにもきれいなので急いで競り落としました。こちらは北海道産となります。

 以前述べましたように、当店では積極的に国内産を応援するために、基本的には国内産をメインで仕入れております。ただし、季節的にどうしても入手不可の商品、或いは高品質なものに限っては、国外の花卉も取り扱っております。

 2020年にパラダイムシフトが起こり、時代が大きく変わるとの話は大分昔からネット上では話題になっていましたが、今回のコロナ災禍で花卉業界も大きな転換を迎えているように思えます。

 今回の生け込みでは、葉物・実物・草物をメインに行いました。20年前にはこういった組み合わせではなく、所謂バラ・かすみ草メインの「華やかな」生け込みが主流だったように思われます。もっとも、20年前、ひいては30年前には、ここまで多様な品種・色合いはありませんでしたが・・・。

 もちろん、バラ・かすみ草を否定している訳ではありませんし、当店も積極的にこれらの花材も使用していますが、価値観の多様化・時代の変遷により、売れる商品・人気の商品も変わってきたように感じます。

(使用花材)
・ドウダンツツジ(福島県産)・ひまわり(茨城県産)・リンドウ(千葉県産)・エリンジューム(福島県産)・ハイブリッドスターチス(カリナディープブルー・北海道産)・花粟(福島県産)・雪柳(福島県産)・ロベ(東京都八丈島産)

季節の花たち

造形の面白さ:「アリウム」を使って

 面白い形のアリウムが入荷しました。今回は、アリウムをメインに生け込みを行いました。

 アリウムは多くの種類があり、先日ご紹介したギガンジウムも、このアリウムの仲間です。

 アリウムは全般的に初夏に流通する花材です。ユリ目ユリ科アリウム属、和名「花葱」となっていますが、今回のアリウム20数本を切りながら生け込むと、ネギの匂いが漂ってきました。

 ギガンジウムは直線の茎なのでいまいち面白さがありませんが、今回のアリウムは茎の曲がりが非常に面白いですね。

 もちろん、一本一本の曲がりの形状は全く違います。適時、長さを調整しながら生け込むと、なんとなく現代美術を彷彿させるよう仕上がりになりました。

 今回は埋め込みにトルコキキョウとスプレーカーネーションを配しました。また、利休草を垂らしたり、アリウムに絡ませたりしながら生け込んでみました。

 茎(枝)が曲がっていると言えば、この石化柳も代表的な花材です。こういった「曲がりのある」枝物は、造形の面白さを醸し出せる最適な花材となります。

 アリウムは初夏の花材、石化柳は晩秋~冬の花材なので時期がかぶることはありませんが、こういった造形の面白さを今後とも追求していきたいと思っています。

 今回は、アリウムの他にトルコキキョウやスプレーカーネーション、利休草も使いながらの生け込みを行いました。

 本数的にはかなり入っていますが、色合いは当初、グリーンのみにしようかとも考えていました。しかしながら、グリーンのみだと寂しいかなと感じたので、グリーンの補色であるピンクとの2色構成としてみました。

 メインはアリウムの「動き」ですので、あまり色を付けるとどっちが主人公だか分からなくなりますからね。

(使用花材)
・アリウム・トルコキキョウ・スプレーカーネーション・利休草・ドラセナ・アレカヤシ

季節の花たち

TPOに応じた花材選び① ~夏の涼しさを演出する~

 TPO、所謂 Time(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)に応じて、適切な服装や言動などを取ることが社会生活では必須ですが、店舗の生け込みなどにおいても、このTPOを踏まえての花材選びや構成が大切になってきます。

 暑い夏には涼しさを、冬の寒さには暖かさを、晩秋には黄昏(たそがれ)を。そんなテーマで毎回生け込みを作っていますが、今回は夏の涼しさを感じ取れるような生け込みを演出してみました。

 今回のメイン花材は奥から順にドウダンツツジ、グリーントルコキキョウ、カンパニュラ、アルストロメリア、ダリア(ムーンストーン)となります。他に、リアトリス、デルフィニウム シネンシス、アレカヤシ、ドラセナも使用しました。

 ダリア(ムーンストーン)は、美しい紫色のダリアです。紫は暖色でも寒色でもない中性色との位置付けです。夏の涼しさを演出するためには、こういった紫や寒色系のブルーを基調にしますが、葉物としてのドウダンツツジの生け方にも工夫が必要です。

 生け花でもそうですが、実際には風が吹いていないのに風が吹き込んでいるような、そんな生け方。或いは大幅に葉をカットし、風が今にも抜けそうな空間を作ることが視覚的にも大切になってきます。

 今回は右上のリアトリスから吹き込んだ風が、真ん中のドウダンツツジを通り、左下に抜けるイメージで枝を配置しました。

 話は変わりますが、こちらは書道展でのお祝いのスタンド花。

 お祝いのスタンド花なので、当然ながら華やかな色合いの薔薇やひまわりも使用しますが、今回は「和」がテーマです。本来であればアレカヤシを使用するところを、TPOに沿って枝物(ドウダンツツジ)を使用しました。

 今回は「TPOに応じた花材選び①~夏の涼しさを演出する~」をテーマに、寒色系や葉物・枝物を中心に生け込みを行いました。ただ、赤などの「暖色系」を使わないとつまらない色合いになると感じたため、赤と白の複色のアルストロメリアをポイントで使用しました。

 この辺は作成者それぞれの感覚ですね。もっとAIが進化すれば、アレンジや生け込みの写真などから最適な色の組み合わせや比重が出るのかもしれませんが、まだ技術的にも需要的にもそこまで求められていないのでしょうか。花材の組み合わせは最終的にはその人その人の感覚による部分が大きいかと思います。
 (もちろん当店は花屋なので、当然ながらお客様のご予算があり、その範囲の中から最大限のTPOに沿った組み合わせを、数百種類・数千本の花材の中から考えなければなりませんが。)

 まあ、ここが生け込みを作成する面白さ、ひいては花屋の面白さかもしれません。

(使用花材)
・ドウダンツツジ・リアトリス・カンパニュラ・アルストロメリア・デルフィニウム シネンシス・ダリア・アレカヤシ・トルコキキョウ・ドラセナ

(リンク)
TPOに応じた花材選び②~夏の涼しさ演出する②~

季節の花たち

6月初~中旬限定花材「スモークツリー」

 6月初~中旬頃限定花材、この時期にしか出回らない「スモークツリー」が入荷しました。

 スモークツリーには何種類かあり、この濃赤紫色の種類は「ロイヤルパープル」と呼ばれるものです。

 スモークツリーとは、上記の写真のふわふわとしたような綿毛のような花が特徴です。

 弊社ホームページ「ギャラリー」では、以前、別品種のスモークツリー(ラブリーローズ)を生け込んだ際の写真をupしていますが、このふわふわ感は他の花材では再現できません。謂わば「独特」な花となっており、知らない方が見るとかなり驚かれる花材となっています。

 当店でもスモークツリーの鉢物を扱っていますが、耐寒性があり、地植えにし何年か過ぎると、数mの大きな木に成長します。

 変わった木を庭に植えたいとお考えの場合は、このスモークツリーもおすすめの一つになります。

 今回はピンクの芍薬と、静岡県大井川産の薔薇「マンゴーリーバ」も生け込みました。

 このマンゴーリーバは生産量が少なく、希少種になっています。大輪の一輪バラですが、形状的には先日ご紹介した赤バラ「ファーストエディション」にそっくりですね。

 色もしっかり乗っており、オレンジ色というよりは山吹色とも言えるような、濃いめの色合いになっています。

 また、先日ご紹介した芍薬とは色違いですが、開花すると今回のような大きな花になります。開く前のガチガチの蕾の時には想像できなかったような、大輪の花が芍薬の魅力ですね。

 スモークツリーも薔薇も芍薬も、この時期が一番の節になります。
 今回は季節限定の、旬の花材を中心に生け込みました。

(使用花材)
・スモークツリー(ロイヤルパープル)・グラジオラス(ミルカ)・芍薬(マダムガルボ)・ヒペリカム・バラ(マンゴーリーバ)

季節の花たち

初夏の花材「シャクヤク(芍薬)」との組み合わせ

 5月中・下旬から6月初旬頃に流通するシャクヤク(芍薬)が入荷しました。
 芍薬は早いものでは4月頃にも入荷するものがありますが、節よりも余りにも早く入荷するものは、単価も高く、蕾の状態からそのまま開かないまま終わってしまうものもあるため、余りおすすめしません。

 やはり芍薬をお求めになる場合は、節の5月中・下旬頃から6月初旬頃がおすすめとなります。
 芍薬は蕾の状態で入荷しますが、開くまでやや時間がかかります。個体にもよりますが、平均で1週間から2週間は蕾の状態で、その後、下の写真のように開きます。

 この芍薬は、庭に植えてある芍薬です。開くと豪華でボリュームのある花ですね。開いた後も日持ちがしますので、蕾の状態から長く楽しめると思います。

 芍薬が出ると夏を感じますので、合わせる花材もやはり夏を感じさせる花材、例えば夏ハゼやリアトリスなどと組み合わせるといいと思います。

 今回は芍薬をメインに、それよりも高い位置でリアトリスを、そして芍薬よりも低い埋め込みに、エンジ色のカーネーション(バイバーワイン)を生け込みました。

 芍薬も開くとこのカーネーション(バイバーワイン)よりも大きくなりますので、開く前と開いた後ではだいぶ印象も変わってくるかと思います。

 ドラセナは2月に訪問した沖縄県の山内さんが生産した「ミヤケアカネ」。グリーン・赤・黄色の複色のドラセナです。今回のように全体としてグリーン・赤・黄色の色で生け込みを構成する際には、非常に調和する花材となります。

 芍薬が出ると夏の訪れを感じさせます。芍薬の花束などもできます。季節限定の花材となりますが、おすすめの花材の一つとなります。

(使用花材)
芍薬・夏ハゼ・リアトリス・カーネーション(バイバーワイン)・ドラセナ(ミヤケアカネ)・オンシジューム