季節の花たち

通年で流通する花材「ストレチア」

 鳥のように見えるのはストレチア。極楽鳥花とも呼ばれます。

 日本の主要な産地は静岡県、沖縄県、山形県などとなりますが、上記の写真のストレチアは山形県産になります。

 通年で流通する花材です。極楽鳥花との呼び名もありますが、菊のようにイメージが固定化されていませんので、当店では仏用にも店舗の生け込みにも、また正月用の生け込みにも使います。

 今回はストレチアの(鳥のように見える)花の部分だけでなく、葉も使用しました。
 葉も美しく、観葉植物として流通する場合もあります。

 黄色の蘭は静岡県産のオンシジューム。そして赤のドラセナは沖縄県の山内さんが生産した「アトム」となります。

 今回はそれ以外にエリンジュームや愛知県産アルストロメリア、ベアグラス、モンステラ、黒芽柳も使用しました。

 生花の先生にはよく「柳は3月まで」と言われていたことが思い起こされます。
 冬は花ものが少なく、謂わば「柳の季節」となりますが、3月を過ぎたら主役交代です。当店も今回で当分、柳は見納めです。市場では流通しますが、当店では「柳は3月まで」の言葉通り、3月まで取り扱った後は、しばらく仕入れをしないようにします。

 個人的には柳は好きなんですけどね。

 ベアグラスは先日のレストランウエディングで作ったアレンジのように、婉曲に使用する場合もありますが、今回は数本を束ねて生け、しなやかな自然な曲線を出してみました。

 ベアグラスと似た葉物にスチールグラスもありますが、スチールグラスは固くて直線的です。当店では用途によって、また、特性によって使い分けております。

季節の花たち

「青い薔薇」その後・・・

 先日サントリーフラワーズ株式会社様から送っていただいた青い薔薇「サントリー ブルーローズ アプローズ」ですが、きれいに開いてきました。

 蕾の状態の時には、ややピンクがかっているのかな?という印象でしたが、開いてきたらより一層の青さが出てきたように感じます。

 蕾の時にはオールドローズの香りがしていましたが、このいい香りは継続しています。
 鼻を近づけると、ほのかな甘い香りが漂ってきます。

 今回は湯上げ後に業務用の鮮度保持剤を全体に吹きかけ、常温で2日間置いた後、庫内8度のショウウインドーの中に3日間置きました。商品到着から計5日間経った状態が一番上の写真となります。

 まだ状態は大丈夫ですが、前回も述べましたように強香品種のため、香りがしない薔薇に比べ日持ちが弱い点は特性なので仕方がないかと思われます。

 サントリーは遺伝子組み換え技術による青いカーネーション、青い薔薇、そして青いシクラメンが有名です。当店でも青いカーネーションや冬の青いシクラメンについては積極的に取り扱っています。

 今回、初めて「青い薔薇」を実際に手に取ってみましたが、このサントリーの技術には恐れ入ります。

 数年前の新聞報道で、遺伝子組み換え技術による「青い菊」の開発に成功したとの報道もありました。もし製品化できるのであれば、非常に楽しみだと感じています。

季節の花たち

トーンイントーン~淡い紫と赤の組み合わせ~

 以前、「トーンイントーン ~緑と黄色の組み合わせ~」の記事でアレンジをご紹介しましたが、今回は淡い紫と赤の組み合わせについてとなります。

 生け込みの中心には北海道産デルフィニウム「トリトンラベンダー」を据えました。デルフィニウムは以前ご紹介した山形の進藤さんのものもいいですが、通年で流通する北海道産も非常に品質が高く、豪華な花材となります(但し、高価なため、通年での取扱店は県内でも当店を含めごく少数に限られると思われます)。

 今回はデルフィニウムを基調に、紫のグラジオラス、そして先日ご来店いただいたサントリーフラワーズ株式会社様から送っていただいた新品種「ムーンダストシャンパン」をさっそく生けてみました。

 ムーンダストシャンパンは2種類ありますが、従来の遺伝子組み換えカーネーションの流れを継承した斑入りのブルーカーネーションとなります。

 恐らく県内初入荷となります。斑入りがシャンパンの泡を連想するきれいな色合いのカーネーションです。
 ネーミングもいいですね。

 今回はデルフィニウムに色合いを合わせるため、薄い色合いのムーンダストシャンパンを使用してみました。

 更に今回は、トーンイントーンを意識し、淡い紫に合う赤の花材選定を行いました。

 今回は赤のドラセナを使用しましたが、この赤のドラセナは、先日の沖縄の産地訪問で伺った山内さんが生産した「アトム」となります。

 ただ、生け込みのドラセナ全てをこの「アトム」にしてしまうと色がきつくなってしまいますので、中間にはグリーンのドラセナを入れ、ボリューム感と色の変化を付けてみました。

 中央部分にはポイントとして赤のキングプロテアを入れました。また、白い小さな花は雪柳となります。

 淡い紫の花材は、花材全体を見回しても少ない方です。そのため、淡い紫を生ける際に、その色に合う花材、合う色合いもなかなか思いつかないかもしれません。
 そんな時には色相環から類似色同士の組み合わせであるトーンイントーンを類推すれば、自ずと合う色、合う花材も見つかると思います。

 淡い紫はなんとなく気品があり、優雅さと豪華さが漂います。そんな淡い紫を赤で引き立ててみるのもいいものですよ。

(使用花材)
デルフィニウム(北海道産)、ドラセナ2種類(沖縄産)、グラジオラス(鹿児島産)、キングプロテア(オーストラリア産)、サントリーブルーカーネーション(コロンビア産)、ロベ(東京都八丈島産)、雪柳(福島県産)

季節の花たち

「青い薔薇」が届きました。

 先日ご来店いただいたサントリーフラワーズ株式会社様から、遺伝子組み換え品種である青い薔薇「サントリー ブルーローズ アプローズ」を送っていただきました。

 当方も初めて見る薔薇です。恐らくですが、県内でもほとんどの花店では直接見たことも、取り扱ったこともない商品だと思われます。

 当店のお客様からも度々「青い薔薇はありませんか?」と問い合わせが来ますが、一度も見たことも触ったこともない商品ですと、説明のしようがありません。そのため、実際にサントリーフラワーズ株式会社様にお願いして取り寄せてみることにしました。

 下の写真は箱の外観です。

 わくわくしながら箱を開封しました。

 20本入りです。梱包も丁寧にしてあります。

 取り敢えず湯上げ後、業務用の鮮度保持剤を吹きかけ、スパイラルに組んでガラスの花瓶に生けてみました。

 照明の関係からピンク色のように見えますが、実際は4番目の写真のような色合いです。

 花そのものは思ったよりも小さいです。まだ蕾なので、開くとどういう表情を見せるのか、楽しみです。

 丈は約50cmほど。サントリーフラワーズ株式会社の滝澤さんも言っていましたが、もともとの原種は香りが強く、伸びないものなので、その流れを継承しているようです。

 参考までに一般的に流通している切り花の薔薇は、静岡県大井川(藤枝市)産で最大80cm、愛知県豊川市産で最大70cmとなります。当店は70cmのバラを中心に取り扱っています。

 香りは甘い匂いがします。滝澤さんは柑橘系の香りとおっしゃっていましたが、オールドローズの香りですね。いい香りです。

 サントリーフラワーズ株式会社さんでは、「アプローズ フレグランス」と呼ばれる香水も出しています。
 この薔薇とほぼ同じ香りになるよう、調香師が配合して製品化した香水です。

 一般的に流通している薔薇は香りがしません。その分、日保ちがします。一方で、この薔薇は強香品種を原種にしているため、日保ちが一般的に流通している切り花の薔薇よりもしないはずです。

 業務用の鮮度保持剤を全体に吹きかけてみましたが、常温でどのぐらい保つのか、試してみたいと思います。

 当店でもこの青い薔薇を取り扱いできますが、なにぶん1本3000円(税別)もする薔薇です。青い薔薇の産地は岐阜などの国内となり、指定した日に取り寄せできますが、当店でも常時ある薔薇ではありませんので、もし必要な際には事前にご相談下さい。

 なお、産地から直接送ってもらう必要上、取り寄せ時に別途送料が2000円ほどかかってしまいます。そのため、1本単位での販売はできません。最低でも5本以上の購入が前提の、特殊な商品となります。

 3月7日にはサントリーフラワーズ株式会社様からホームページに記載のない、新品種のカーネーションが届きます。こちらは福島県では初入荷だと思われます。

 こちらも非常に楽しみにしています。
 新品種のカーネーションを使ったアレンジ等も、随時UPさせていただきます。

季節の花たち

ドラセナとアレンジ~「アトムピンク」「ミヤケアカネ」を組み入れて~

 ドラセナ「アトムピンク」を組み入れたアレンジです。
 アトムピンクは、先日の沖縄産地訪問時に伺った山内さんが生産したドラセナです。

 このドラセナの特徴は、淡いピンクの斑入りということです。
 従来から広く流通しているドラセナは緑色や赤色の単色ですが、近年、斑入りのドラセナも流通するようになってきており、ドラセナを入れた表現方法に大きな可能性が出てきました。

 つまり、以前ご紹介したドラセナ「カプチーノ」の生け込みのように、ドラセナ一つで雰囲気ががらりと変わってしまうほどの表現力を、複色のドラセナは持ち合わせています。

 今回は開店御祝いのアレンジのご注文を頂きました。そのため、春の花を使った、門出の春をイメージする色合いのアレンジを制作しました。

 春の花として、桜・小手毬・フリージア・スイートピーを入れ、更に淡い色合いのトルコキキョウとバラを2種類、そしてエリンジュームとドラセナを入れ、ボリューム感のあるアレンジとしました。

 以前ご紹介した色を繋ぐアレンジのように、色彩の組み合わせでは色を繋ぐことが大事であり、全く関係が無い色合いをゴチャゴチャと入れてしまうと、単純にうるさい色の集合体となってしまいます。

 今回は薄いピンク色の桜から始まり、(薄いピンク色の)トルコキキョウ~(ピンク色の)一輪バラ~(濃いピンク色の)スプレーバラと段階を追って変化していくピンク色を、中間材としての淡いピンクの斑入りのドラセナを入れることで、統一感のあるアレンジへと仕上げました。

 これまではこのようなピンクの斑入りのドラセナは入手不可能だったため、アレンジに緑色などの単色のドラセナを入れても、そこだけ浮いてしまう欠点がありました。
 「アトムピンク」はその欠点を見事に修正する、素晴らしい色合いのドラセナだと思っています。

  ドラセナ「ミヤケアカネ」は、卒業式の演台の花に取り入れてみました。

 ミヤケアカネは、斑入りの赤・黄・緑が入ったドラセナです。こちらも山内さんが生産したドラセナですが、これまで入荷がなかった品種です。

 このドラセナは、トルコキキョウ「小夏オレンジ」とよく調和します。まるで、小夏オレンジの葉がこの色であったのかというような色合いです。

 ミヤケアカネの赤や黄色は光沢感がない落ち着いた色合いのため、ミヤケアカネ単体での自己主張がそれほど強くありません。思ったよりも使いやすい花材だと思います。

 花束にも入れてみましたが、他の花材とよく調和します。

 今回の演台花には、先日ご紹介したダリア「ナマハゲパープル」エリンジュームも入れてみました。
 
 エリンジュームは明度が低い花材ですが、明度が高い他の花材とよく調和します。
 ダリアも百合に負けないぐらいの存在感となっています。

 今後も当店では、山内さんや「太陽の花」さんのご協力の下、これまで福島県では入荷がなかった、珍しい色合い・きれいな色合いのドラセナを続々入荷していくこととなりました。

 今後も他店にはないような魅力的な商品作りを行って参りますので、ご支援・ご鞭撻の程、よろしくお願い致します。

季節の花たち

春の花(ラナンキュラス・ミモザ・フリージア)を入れたアレンジ

 春の花(ラナンキュラス・ミモザ・フリージア)を入れてアレンジを作りました。

 ラナンキュラスはバラに似た形状の八重の花です。2月から3月にかけてが切り花の最盛期で、季節限定の商品となります。
 色も多様ですが、このふんわりと開く感じがとっても魅力的ですね。

 バラは2種類使用しました。ピンク色の一輪バラはブロッサムピンク、赤のスプレーバラはファイアーキングです。

 ファイアーキングは棘が多く、処理するのに多少の手間がかかりますが、明るい赤でよく日保ちのするいいバラです。

 ブロッサムピンクは定番のピンク一輪バラです。色合いも優しく、取り扱いのしやすいバラです。ともに愛知県豊橋市、ひまわり農協部会から出荷されたバラとなります(産地訪問の様子はこちらから)。

 紫カーネーションはサントリーが開発した遺伝子組み換えカーネーション「ライラックブルー」です。
 この紫カーネーションもよく日持ちします。

 今回はミモザをカスミ草の代わりとして使用してみました。
 また、上部のフリージアから下部のミモザまで、黄色の色を繋いでみました。

 下の写真は上から見た図です。
 華やかな色合いです。スイートピーやアルストロメリア、大輪ガーベラも入り、ボリューム十分です。

季節の花たち

スチールグラスを用いて(アレンジ)

 スチールグラスを用いて、アレンジを作りました。

 スチールグラスは細い直線的な葉ですが、弾力があり、簡単には折れません。そのため、このアレンジのように丸みを帯びた形に変形させて使うこともあります。

 花束にも入れますが、使い方で雰囲気も変わります。ポイントとして利用する、面白い花材の一つとなります。

 今回はパセリリーフ、所謂パセリの葉も使ってみました。パセリの葉は食用だけでなく、アレンジにも使われます。また、以前ご紹介したアクティバと呼ばれるカーネーションやヒペリカム、エリンジューム小手毬も使用してみました。

 バラは愛知県産「フェリニー」です。スプレータイプであり、下の写真のような蕾の状態で入荷します。開いてくると上記アレンジのように色合いが変化します。ボリュームも十分です。

 同じ「フェリニー」のバラで作った違った雰囲気のアレンジも前回の記事にてご紹介しておりますので、よろしければご覧下さい。

 下の写真は上部から見たアレンジです。アクティバのピンク色が鮮やかに目に入り込んできます。

 昨今、テレビを付けてもネットを付けても、否応なしにウイルス関連の情報が飛び込んできており、心理的にも不安な状況が続きます。

 そんな時にアレンジを見ると、心が安らぎます。東日本大震災の時にも感じましたが、花っていいものですよね。

季節の花たち

トーンイントーン ~緑と黄色の組み合わせ~

 色相環で隣同士の色の組み合わせのことをトーンイントーンとも呼びますが、今回ご紹介するのは、緑と黄色の組み合わせを中心としたアレンジです。

 緑の花材として、今回は夕霧草(写真2)とグリーントルコキキョウ、小手毬を、また、黄色の花材として、大輪ガーベラとフリージア、スプレーバラ「フェリーニ」(写真3)を選択しました。

 夕霧層は珍しい花材です。パセリのような葉ですが、茎が長いため、埋め込みに使うのは少しもったいない気がします。寧ろ、その茎の長さを生かし、飛び出しで生けることがポイントだと考えています。

 今回はその夕霧草を、バラよりもやや高い位置に生けてみました。

 スプレーバラ「フェリニー」は、蕾の時には写真3のような色合いと雰囲気ですが、開いてくると一輪バラ「カルビディーム」と似た色合いの、ボリューム感のあるバラに変化します。

 今回はやや開いたフェリニーを生けることで、ボリューム感を出しています。

 また、今回はトーンイントーンの組み合わせだけでなく、グリーンの補色としてのピンクも組み入れました。しかし、ピンクが強すぎると調和が崩れますので、白とピンクの混色である一輪カーネーション「こまち」を選択しました。

 色相環で隣接している緑と黄緑だけの組み合わせでは当然ながら変化に乏しくなります。
 
 一方、緑と黄色、或いはピンクと赤、ピンクと紫、黄色とオレンジなどの類似色同士の組み合わせ(トーンイントーン)は、当店のアレンジでもよく使われる人気の組み合わせとなります。

 しかしながら、何よりも花材の種類がなければ、なかなかこういった組み合わせもしづらいのですが、当店は常時豊富に花材を用意しておりますのでご安心下さい。

 イメージに沿ったアレンジをお作りできますので、いつでもお気軽にお問い合わせ、ご来店頂ければ幸いです。

季節の花たち

春の花、桃とミモザと小手毬と ~花材の特性とレイルマン比率を意識した構成~

 春の花、桃を生けてみました。
 桃は花を触るとポロポロと落ちやすいため、なるべく花や蕾に触れないようにしながら、慎重に扱うようにしています。

 桃だけでも十分春を感じますが、今回は桃の花にミモザと小手毬(こでまり)を組み合わせてみました。

 ミモザ(画像2)は春らしさを演出するには最適な、たいへんボリュームのある花材です。ただ、乾燥に弱いため、霧吹き等で2~3日置きにでも湿らすと、この状態が長く維持できます。

 ミモザはドライフラワーとしても人気がありますが、乾燥させると花が茶色に変化します。

 小手毬(画像3)も2月頃から5月頃にかけて流通します。ミモザも小手毬もたいへんボリュームのある花材です。注意点としては水の吸い上げが非常に強い(蒸散が激しい)ため、花瓶の中にまとめて入れておくと水切れが発生しやすいことです。

 これは他の枝物でも言えることですが、いったん水切れして萎れてしまうと、2度と復活ができません。ドウダンツツジも水の吸い上げが強い枝物ですが、これら枝物を生ける際には、事前に、或いは生け終えた後に水をたっぷりと張るように気を付けています。

 桃の下にあるピンク色の花はアルストロメリア(リグツ)です。画像4は色違いのリグツですが、透明感のある繊細な花です。茎がたいへん折れやすく、扱う際には非常に気をつかいます。

 このリグツはこの時期限定の花となります。
 毎年2~3月しか流通せず、全国での生産者や生産量が非常に限られるため、希少種となっています。(愛知県では本田さん、ただ一人だけの生産・出荷となっています。)


 中央のブルーの実はエリンジューム(画像5)となります。

 今回は生け込みの下部に関し、向かって左側にミモザを、右側に小手毬を多く生けることで、 色の対比や質感の変化を楽しめるように構成しました。

 更に今回の生け込みに関しては、写真の構図で提唱されているレイルマン比率を意識しながら、生け込み下部を4分割し、縦の線と対角線との交点にそれぞれの主題となる花材(ミモザ・小手毬)とアクセントとなる花材(カラー)を配置することにしました(画像6)。

 生け込み下部の向かって左側の交点それぞれにミモザを配置し、配置したミモザと三角形になるよう中央部分、及びその反対側にもミモザを生け込みました。

 また、ミモザを繋いだ三角形の中央部分に補色のエリンジュームを多めに入れ、明るい黄色と暗めの青の対比を強調し、よりミモザがはっきりと浮き出るように工夫しました。

 生け込み下部の右側は小手毬を多めに入れつつ、同系色のカラーもアクセントとして、 レイルマン比率を意識しながら、4分割する縦の線と対角線との交点の上部に配置しました。

今回はレイルマン比率を意識した構成も組み入れながら、主題となる花材(ミモザ・小手毬・桃)とアクセントとなる花材(カラー・エリンジューム)を適切に配置することで、バランスのよい生け込みに仕上げることができました。

(使用花材)
桃・ミモザ・小手毬・エリンジューム・カラー・ドラセナ・アルストロメリア(リグツ)

季節の花たち

春の花、桃を使ったアレンジ

 春の花が続々と入荷しています。1月中旬頃には桜が入荷しますが、2月前後からは桃も入荷します。

 桃の花は寒さに弱いため、室内の温度が低いと黒ずんだ色になってしまう恐れがあります。当店でもその点を考慮してやや遅めの仕入れ(2月中~下旬頃)をしていましたが、今年(2020年)は暖冬で春のような日差しと暖かさのため、いつもより早めに仕入れてみました(東北は寒いのです)。

 さっそく、アレンジを作ってみました。

 桃は濃いピングの色合いですが、黄色と合わせるとより春らしさを感じます。

 今回は愛知県産のスプレーバラ「クリーミーエデン」(写真上部)と組み合わせてみました。クリーミーエデンは優しい色合いの黄色で、卵形のような丸い花が特徴です。

 桃の枝には陽表(ひおもて)と陽裏(ひうら)があり、太陽が当たって生長した部分は色が赤みがかっており、太陽が当たらなかった場所は青々としています。赤みがかっている部分を陽表と言い、青々とした部分を陽裏と言います。下の写真は同じ枝の陽表と陽裏です。

 生ける時は、陽表の方が正面に来るようにすることが基本です。また、樹皮に弾力があり、矯めても元に戻ってしまう性質があるため、真っ直ぐ生けることが多い花材となります。

 今回は桃とバラ(クリーミーエデン)の他に、小手丸(こでまり)や淡い色合いのアルストロメリア、クリーミーエデンと同系色の大輪ガーベラ、黄色との補色関係にある紫のトルコキキョウなども入れてアレンジを作成しました。

 男性の方へのお祝いにということで、お客様もたいへん喜んで頂きました。ありがとうございました。