薔薇

染めバラのメリット・デメリット

 先日、お客様から染めた青バラの花束はありますか?とのお問い合わせを受けました。
 染料を吸わせた染めバラは現在、国内の産地ではほとんど生産しておらず、輸入品が主となります。

 今回、当店にあるオレンジバラ(カルビディーム)と業務用の青の染料で試しに12時間ほど吸わせてみましたが、イメージ的にはこのような写真のように仕上がります。

 白バラではもっときれいに青く染まると思いますが、今回は白バラが手元になかったため、上記写真のカルビディームでの染色となりました。

 半日吸わせましたが、オレンジバラの面影はすっかり消え失せ、見事に「ブルー」の色合いになっています(元々がオレンジバラだったため、ややグリーンとも言えますが…)。

 更に数時間以上吸わせれば、オレンジバラといえども、もっと青色に近づくと思います。

 次に、染めバラのメリット・デメリットを述べたいと思います。

(メリット)
・そもそも「青い」バラというものは自然界に存在しません。また、サントリーの遺伝子組み換えで作ったブルーローズ・アプローズは、1本あたりが税込み3300円と高額で、強香性のため日持ちも悪く、なかなかお手軽には入手できません。

 染めバラは1本あたり440円程度と、ブルーローズ・アプローズに比べれば圧倒的に安い点が上げられます。この金額なら、染めバラだけでの花束も数千円の金額でできます。

・自然界にない色合いなので、もちろん貰った方のインパクトは大きいです。きっと印象に残ること、間違いないと思われます。

(デメリット)
・染料を吸わせているため、やはり通常の状態のバラよりも日持ちがしません。体感的には通常のバラが1週間~2週間持つとすれば、5日ぐらいでしょうか。もちろん体感なのでピタリとはいきませんが、染料を吸わせた分、持ちません。

・花だけでなく、葉も青くなります(下の写真参照)。バラによって、また個体差によってばらつきはありますが、染料が花だけでなく葉にも回ります。

・ご要望があれば当店にて白バラ等を染めることはできますが、生産者から購入しようとすると、基本的に国内産は無く、輸入品だけになってしまいます。

 輸入品は輸送の段階で航空便であっても日数を要しますので、ただでさえ日持ちがしない染めバラの鑑賞期間がより短くなってしまいます。

・バラにも個体差があるため、全く同じ染め上がりになる保証ができません。人と同じように同じバラであっても個体差があります。ほぼ同じようにはできますが、「全く同じ」ようにはなりません。

・染め上がるまで半日以上を要しますので、至急のご要望には対応できません。また、白バラは常時入荷しておりませんので、白バラで染めてほしいとの至急案件にも対応できません。
 ただし、事前にご予約いただければ対応できますのでご安心ください。

・染めバラに関してはキャンセルができません。ご予約いただいた段階で、キャンセル不可のご注文となります。
 また、上記のようなバラの個体差もありますので、イメージと違う・染め上がりにバラツキがある等の理由やお客様都合による返品もできません。


 今回は、染めバラのメリット・デメリットについてまとめてみました。

 自然界にはない色合いですので、貰った方のインパクトは大きく、きっと驚かれ、喜ばれると思います。

 もしご注文される場合は、メリットとデメリットを勘案していただき、それでもよければ当店にて対応できますので、その点はご安心下さい。

季節の花たち

紫陽花の生け込みと水揚げの処理方法

 長い梅雨が続きます。中国では、あまりの雨量で洪水が頻発し、あの三峡ダムも決壊の危機だと報道されています。

 ここ福島県ではそこまで激しい雨量にはなっていませんが、相変わらず梅雨空が続いています。

 梅雨と言えば、紫陽花とカタツムリなんてイメージがありますが、今回は、梅雨にふさわしい紫陽花を生け込んでみました。

 紫陽花は水揚げに特徴があります。単純に切っただけ、或いは金槌(かなづち)で叩くだけでは、いまいち水の吸い上げが上手くいきません。

 紫陽花が水をよく吸い上げるためには、写真2の左側のようにナイフで長めに側面をカットし、更にその中の「ワタ」と呼ばれる白い部分を削り取ります。
 写真2の右側がその「ワタ」を削り取った後になります。

 更に縦に鋏で枝を割り、水の中に入れて30分以上置けば水をよく吸い上げます。

 当店では殺菌成分も入った業務用の栄養剤を使用しているので作業はここまでとなりますが、このワタを取った後、殺菌をするために茎をコンロで1~2分ほど焼いて炭化させるのもいいと思います。

 今回は柏葉アジサイなど、4種類の紫陽花を生け込みました。また、枝物として夏ハゼも使用しました。

 庭にある紫陽花も、上記のような水揚げをするとよく水を吸い上げます。花瓶に挿して10日ほどは鑑賞できるかなと思います。

 母の日にプレゼントした紫陽花も、庭に植え替え何年か経つと、大きな株になります。そんな状態になったら、何輪かを切って花瓶に生けてみるのもいいものですね。

 是非試してみてください。

(追記)
 切り花の紫陽花、かなり水を吸い上げます。今回の生け込みの場合、器にオアシスを詰めて更に水が2Lほど入りますが、1日で1L以上なくなっていました。

 紫陽花を花瓶に生ける場合も、水の管理だけは気を付けて頂ければと思います。

(リンク)
紫陽花の水揚げ、その後…
紫陽花の種類いろいろ①
紫陽花の種類いろいろ②

季節の花たち

TPOに応じた花材選び① ~夏の涼しさを演出する~

 TPO、所謂 Time(時間)・Place(場所)・Occasion(場合)に応じて、適切な服装や言動などを取ることが社会生活では必須ですが、店舗の生け込みなどにおいても、このTPOを踏まえての花材選びや構成が大切になってきます。

 暑い夏には涼しさを、冬の寒さには暖かさを、晩秋には黄昏(たそがれ)を。そんなテーマで毎回生け込みを作っていますが、今回は夏の涼しさを感じ取れるような生け込みを演出してみました。

 今回のメイン花材は奥から順にドウダンツツジ、グリーントルコキキョウ、カンパニュラ、アルストロメリア、ダリア(ムーンストーン)となります。他に、リアトリス、デルフィニウム シネンシス、アレカヤシ、ドラセナも使用しました。

 ダリア(ムーンストーン)は、美しい紫色のダリアです。紫は暖色でも寒色でもない中性色との位置付けです。夏の涼しさを演出するためには、こういった紫や寒色系のブルーを基調にしますが、葉物としてのドウダンツツジの生け方にも工夫が必要です。

 生け花でもそうですが、実際には風が吹いていないのに風が吹き込んでいるような、そんな生け方。或いは大幅に葉をカットし、風が今にも抜けそうな空間を作ることが視覚的にも大切になってきます。

 今回は右上のリアトリスから吹き込んだ風が、真ん中のドウダンツツジを通り、左下に抜けるイメージで枝を配置しました。

 話は変わりますが、こちらは書道展でのお祝いのスタンド花。

 お祝いのスタンド花なので、当然ながら華やかな色合いの薔薇やひまわりも使用しますが、今回は「和」がテーマです。本来であればアレカヤシを使用するところを、TPOに沿って枝物(ドウダンツツジ)を使用しました。

 今回は「TPOに応じた花材選び①~夏の涼しさを演出する~」をテーマに、寒色系や葉物・枝物を中心に生け込みを行いました。ただ、赤などの「暖色系」を使わないとつまらない色合いになると感じたため、赤と白の複色のアルストロメリアをポイントで使用しました。

 この辺は作成者それぞれの感覚ですね。もっとAIが進化すれば、アレンジや生け込みの写真などから最適な色の組み合わせや比重が出るのかもしれませんが、まだ技術的にも需要的にもそこまで求められていないのでしょうか。花材の組み合わせは最終的にはその人その人の感覚による部分が大きいかと思います。
 (もちろん当店は花屋なので、当然ながらお客様のご予算があり、その範囲の中から最大限のTPOに沿った組み合わせを、数百種類・数千本の花材の中から考えなければなりませんが。)

 まあ、ここが生け込みを作成する面白さ、ひいては花屋の面白さかもしれません。

季節の花たち

6月初~中旬限定花材「スモークツリー」

 6月初~中旬頃限定花材、この時期にしか出回らない「スモークツリー」が入荷しました。

 スモークツリーには何種類かあり、この濃赤紫色の種類は「ロイヤルパープル」と呼ばれるものです。

 スモークツリーとは、上記の写真のふわふわとしたような綿毛のような花が特徴です。

 弊社ホームページ「ギャラリー」では、以前、別品種のスモークツリー(ラブリーローズ)を生け込んだ際の写真をupしていますが、このふわふわ感は他の花材では再現できません。謂わば「独特」な花となっており、知らない方が見るとかなり驚かれる花材となっています。

 当店でもスモークツリーの鉢物を扱っていますが、耐寒性があり、地植えにし何年か過ぎると、数mの大きな木に成長します。

 変わった木を庭に植えたいとお考えの場合は、このスモークツリーもおすすめの一つになります。

 今回はピンクの芍薬と、静岡県大井川産の薔薇「マンゴーリーバ」も生け込みました。

 このマンゴーリーバは生産量が少なく、希少種になっています。大輪の一輪バラですが、形状的には先日ご紹介した赤バラ「ファーストエディション」にそっくりですね。

 色もしっかり乗っており、オレンジ色というよりは山吹色とも言えるような、濃いめの色合いになっています。

 また、先日ご紹介した芍薬とは色違いですが、開花すると今回のような大きな花になります。開く前のガチガチの蕾の時には想像できなかったような、大輪の花が芍薬の魅力ですね。

 スモークツリーも薔薇も芍薬も、この時期が一番の節になります。
 今回は季節限定の、旬の花材を中心に生け込みました。

(使用花材)
・スモークツリー(ロイヤルパープル)・グラジオラス(ミルカ)・芍薬(マダムガルボ)・ヒペリカム・バラ(マンゴーリーバ)

結婚式・お祝い, 薔薇

薔薇の花束いろいろ

 薔薇の節になりました。
 上記の写真は、愛知県JAひまわりバラ部会の方々が生産した薔薇「ファーストエディション」70本とかすみ草5本を使った花束です。

 古希の御祝いとのことで、お客様からかすみ草と赤薔薇で作ってほしいとのご要望でお作りしました。

 赤薔薇70本花束、かなりのボリュームです。古希の御祝いに薔薇の花束って、おしゃれですね。

 およそ15年ほど前を振り返ってみますと、赤薔薇は現在のようにここまで種類が多くなかった記憶があります。

 現在は、この「ファーストエディション」を含め、同じ赤薔薇といってもかなりの種類が生産されています。
 個人的には「ミルナ」と呼ばれる赤薔薇も好きですが、この朱色の「ファーストエディション」も、形状が独特で明るい色合いなので、当店では積極的に取り扱っています。

 ただし、この「ファーストエディション」は限定生産なので、通年で必ず入荷する訳ではありません。もちろん、品種にこだわらなければ赤薔薇は年間を通して必ず生産されていますので、その点はご安心ください。

(リンク)
「ファーストエディション」を使ったアレンジ

 こちらは先日ご紹介したピンク薔薇「ライラ」。誕生日用に年齢分の本数を入れてほしいとのお客様のご要望でお作りしました。
 今回は単品種のみのご要望でしたので、「ライラ」とドラセナをサービスでお作りしました。

 続いてギャラリーにてもご紹介した薔薇100本花束。

 この薔薇100本花束は、スプレー薔薇と一輪薔薇を混ぜてお作りしています。

 そして、かなりの大きさと重量!
 この花束のインパクト。きっと貰った方の印象にずっと残る、忘れられない思い出になると確信しています。

 薔薇の花束と言っても、組み合わせや本数でかなり印象が変わります。誕生日や記念日に、薔薇の花束もおすすめですよ。

※ 当店では一輪薔薇・スプレー薔薇を含め、生産地・生産者にこだわった、品質のいい薔薇を多数ご用意しております。
 お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

(リンク)
薔薇の花束いろいろ②

季節の花たち

夏ハゼと薔薇、そしてカトレアと

 枝ぶりのいい夏ハゼが入荷しました。夏ハゼは、ツツジ科の落葉低木です。
 夏ハゼは葉が多いため、生ける場合は思い切って葉を落とす作業が必要です。

 今回の生け込みも葉を整理していますが、あえて「枝を見せる」こともポイントになってきます。
 生け花ではもっと「厳しく」葉の整理を行いますが、今回は生け込みなので、そこまで葉を厳しくは整理していません。しかしながら、葉を全く整理しないで生けるのと、葉を整理して生けるのでは受ける雰囲気もまた変わってきます。

 夏ハゼは個人的に枝物の中で一番好きな花材ですが、この夏ハゼには思い切って濃いめの薔薇がよく合います。今回は愛知県JAひまわりバラ部会の方々が生産した「ライラ」という名の濃いめのピンクの薔薇を使用しています。

 カトレアはホルダーに入れて生けますが、実はちょっとしたコツがあります。ホルダーに入れて真っ直ぐ挿す(左側写真)とカトレアの表情が見えません。そこで、この柄の部分を折り曲げて(右側写真)、カトレアの表情が見えるように挿すと全体としてきれいに生けることができます。

 季節は初夏ですが、花屋は既に夏真っ盛りの花材に囲まれています。

(使用花材)
夏ハゼ、バラ(ライラ)、ひまわり、カトレア、アンスリウム、ドラセナ、デルフィニウム シネンシス

季節の花たち

初夏の花「ギガンジウム」にデルフィニウムを合わせて

 初夏の花、ギガンジウムが出てきました。別名「花葱(はなねぎ)」。食用の葱の先端に出てくる花によく似ています。ニンニクや葱もこのギガンジウムと同じ仲間ですが、当然ながらこのギガンジウムは食用に適しません。生け花や生け込みなど、鑑賞用途に用います。

 ギガンジウムは丸い花と太く長い茎が特徴なので、飛び出しで生けることが基本となります。この特徴的な太い茎をカットして、埋め込みで使うのはもったいないような気がします。もちろん枝物のように矯めは効きません。

 今回は、このギガンジウムに青のデルフィニウムとスプレータイプのピンクのデルフィニウム シネンシスを合わせてみました。

 ギガンジウムの紫~デルフィニウムのブルー~デルフィニウム シネンシスのピンクと色を繋いでみましたが、この隣り合った色を繋いでいくと、全体として調和の取れた生け込みとなります。

 デルフィニウム シネンシスはこんな感じでも使っています。

 今回はお客様からのご要望で、ピンク・オレンジのアレンジを作ってほしいとのことでしたので、かすみ草の代わりにピンクのデルフィニウム シネンシスを使ってみました。

 東京からのお客様のご注文でしたので、メールで画像を送らせて頂きましたが、以下の返信メールを頂きました。

とっても素敵なアレンジメント
ありがとうございました!
母からも大好評で写真付きのメールを貰いました。

また機会がありましたら
是非お願いしたいと思います。
この度は本当にありがとうございました。

 同じ花材でも、使い方や組み合わせ方でだいぶ印象が変わります。花一つ一つを取り上げてみても、その可能性は無限に広まっていきますね。

その他, 薔薇

癒やしの花

 今日、お客様からスタンド花を出して欲しいとのご依頼が来ました。

 話を伺うと、施設にいるおばあちゃんが誕生日に施設のスタッフの方々から祝って頂いたお礼に、そして、連日のコロナ報道で気が滅入ってしまうので、せめて花でも見て心を癒やして欲しいとの思いからのご注文でした。

 現在、介護施設は新型コロナの影響により立ち入りが制限されており、私の祖母も施設に入っておりますが、全く会うことができない現状です。

 そんな中で、花を贈って気持ちをお伝えしようとするお客様の心意気にたいへん感動致しました。そして、この不安定な世相の中で、花は癒やしとしての力を十分に発揮しています。

 今回はセッティングに際し、施設の中に入ることができませんでしたので、外に置かして頂くことになりました。この後、スタッフの方々が施設の中に入れる運びとなりました。

 静岡県大井川産の薔薇を中心に、浜松市の小手毬や山形県の進藤さんが作ったデルフィニウムなど、生産者が心を込めて作った花たちを、スタンド花という形でお届けしました。

 少しでも癒やしになり、そして前向きになって頂ければと心から願っております。

季節の花たち

初夏の花「ツツジ」と色彩の組み合わせ

 初夏を先取りして、ツツジを生けてみました。ツツジは、晩春から初夏に見頃を迎えます。

 朱色のツツジは謂わばかすみ草のような細かい花の集合体となっていますので、彩度の変化を取り入れるためには、同系色の大輪咲きの花を選択しなければなりません(同系色といえども、細かい花と細かい花の組み合わせでは、うるさく感じてしまいます)。

 そこで今回は、大輪咲きのダリア「ナマハゲチーク」とトルコキキョウ「マンゴーアンティーク」を取り入れてみました。

 ダリア「ナマハゲチーク」はインパクトのある名前ですが、名前とは裏腹に淡い色合いのダリアとなっています。

 トルコキキョウ「マンゴーアンティーク」は、前回の吉野桜の生け込みでも採用しましたが、たいへんボリュームがある、赤茶色のトルコキキョウとなります。このトルコキキョウは非常に日持ちがしますので、おすすめの切り花の一つです。

 今回は彩度の変化だけでなく、朱色のツツジとの補色関係にあるスノーボールを生け、そのグリーンと朱色をより強調してみました。また、朱色と同系色のみで全体を構成してしまうと、まるで秋を感じさせるような色合いになってしまいます。しかし今回は初夏がテーマですので、このスノーボールを生けることで、初夏の新緑を表現してみました。

 更に、ブルーを入れると全体の色合いが締まるので、この時期定番のデルフィニウムを入れてみました。

 葉物類には青ドラセナの他、ツツジと同系色の入才ラン(赤)を入れ、ボリューム感を持たせるとともに、全体の中で葉物類が溶け込むように色合いを調和させてみました。

(リンク)
珍しい花材、エリンジューム(ブルーダイナマイト)との補色・明度の対比を中心に

季節の花たち

春の代表的な花材、桜(吉野桜)

 当地、福島県も桜が咲いてきました。

 切り花として流通する桜には、啓翁桜(けいおうざくら)、東海桜、彼岸桜、吉野桜などがあります。

 1月中旬頃から切り花の桜は流通しますが、1月頃は啓翁桜と東海桜、2月の中~下旬頃から彼岸桜、そして3月中旬頃から吉野桜と、同じ桜と言ってもその流通する種類が時期によって変遷していきます。

 アレンジ等に使いやすいのは細身の直線の枝が多い彼岸桜となりますが、この吉野桜は枝振りが1本1本違い、大ぶりの枝が多いため、生け込み用途がメインの花材となります。細い枝の場合は鋏でも切れますが、このような大ぶりの枝を切る場合にはノコギリも使用します。

 今回は、この吉野桜をメインに、カラー、ダリア、トルコキキョウ、グリーンのスノーボールを生け込みました。

 また、葉物にはドラセナの他にキキョウランも使用しました。

 トルコキキョウは、マンゴーアンティークと呼ばれる茶色の、非常にボリュームのある沖縄県産を使用しました。

 以前生け込んだ東海桜とは、同じ桜といえども特性が違うため、雰囲気もまた変わってきます。

 路上の桜が満開になってくるこの時期に、切り花としての桜の流通も終わりとなります。そして、いよいよ夏の花へと切り替わっていきます。