季節の花たち

夏の実物~ヒペリカムとツルウメモドキを用いた生け込み~

 秋の実物と言えばツルウメモドキやウメモドキ、野バラやフォックスフェースなどなど、多くの名前が思い浮かびます。

 秋の実物は豊作をイメージしますが、夏に流通する野バラやツルウメモドキはそもそも珍しく、また、青々とした若い状態となっています。

 上の写真は3枚目までがツルウメモドキを使った生け込み、4枚目が野バラを使った生け込みです。

 先述のように、ツルウメモドキは秋の代表的な実物です。9月から10月にかけて赤橙色の実を実らせながら、蔓が自在に伸びている姿が想像できます。

 しかし今回は、まだまだ真っ青の、色付きにはほど遠い若い実を生けてみました。

 ヒペリカムは国内産もありますが、輸入品も多く入荷します。しかし7月頃は地元、福島県産のものが多く流通しています。

 ヒペリカムは輸入品もあるため、比較的通年で入手しやすい花材です。一方、ツルウメモドキは輸入品がなく、地元の生産者の山取りでの出荷が大半となっています。

 ヒペリカムは代表的な赤い実だけでなく、グリーンやピンク、はたまた茶系の実のものも流通します。
 この時期(7月頃)は湿度も高くなり、暑くなってきますのでガーベラなども日保ちがしなくなってきています。一方で、このような実物は日保ちがしますので、アレンジなどにも重宝する花材となっています。

 右側の写真は前回の生け込みです。枝物に関してはほぼ同じ種類の花材を使っていますが、今回はツルウメモドキも使い、「生い茂った野山に分け入った時に自生していた実物たち」、そんなイメージで生けてみました。

 そのため、前回のような「すっきりさ」はありません。どちらかと言うとツルウメモドキの枝の暴れ具合が、「うっそうと生い茂っているイメージ」に近づいているのではないかと感じています。

 ドラセナも敢えて暗めの赤を使用しました。そんな暗めの赤に呼応する形で、ヒペリカムの鮮やかな赤を配してみました。

 実際にはこんな野山なんてありませんが、仮に野山に分け入って発見したら、きっと楽しいでしょうね。

(使用花材)
・ドウダンツツジ・リンドウ・グラジオラス・雪柳・ヒペリカム・ツルウメモドキ・ドラセナ

(リンク)
秋の花、蓮の実・ツルウメモドキ・染雪柳等
秋の花、アマランサス・ケイトウ・ツルウメモドキ等
秋の花材「ワレモコウ・ツルウメモドキ」
TPOに応じた花材選び②~夏の涼しさを演出する②~

季節の花たち

珍しい花材、エリンジューム(ブルーダイナマイト)との補色・明度の対比を中心に

 今回は珍しい花材としてエリンジュームを生けてみました。生け込み画像の下側にある青い花材がエリンジュームです。  

 ドライフラワーにも利用されるエリンジュームですが、金属質のような固い質感を醸し出しています。
 
 このエリンジュームはオランダからの輸入品ですが、流通量が少なく、当店でもあまり取り扱わない、珍しい花材となっております。

 先日ご来店いただいたお客様は一輪挿しにとエリンジュームとグリーントルコキキョウをお選びいただきました。

 グリーントルコキキョウともよく合いますが、今回は補色と明度の対比を強調するために、グロリオサと組み合わせてみました。

 エリンジュームは青緑の様な色合いですが、補色としてグロリオサの黄色、そして赤と対比させることにより、グロリオサがより際立つように、そしてエリンジュームが浮き出てくるようにしてみました。

 また、エリンジュームは金属のような光沢感がありますが、明度が低く、落ち着いた色となっています。一方でグロリオサの彩度や明度が高いことによる色合いの対比も面白く感じます。

 今回、生け込みを作成するにあたり、エリンジュームとの組み合わせを色々と試してみました。普段、こういった青緑色の花材と他の花材との組み合わせがないので悩みました。

 エリンジュームは金属のような光沢感・質感があるが、意外と明度が低いこと。明度が低い花材同士で組み合わせても、暗い印象だけが残り、パッとしなくなること。一見青っぽく見えるが、白もあり黒もあり、青もありつつ緑もある、見る角度と光の反射で多様な表情を見せる花材であること。
 以上の点から、組み合わせを考える上では結構、難しい花材だと感じています。

 花単体でのよさももちろんありますが、入荷したばかりの状態では、そのよさが引き立ちません。何の花材と組み合わせれば、その花材のよさが引き立つのか。そこが花を取り扱っている際の面白さかもしれません。

 今回はエリンジュームとグロリオサの補色・明度の対比を中心に、スナップ、アルストロメリア、ドラセナ、ヒムロスギ、アレカヤシを生け込みました。

フラワーアレンジメント

タブロウの世界。ビバーナム・リュウカデンドロンを用いて。

 タブロウ(tableau)とはフランス語で額縁に入った絵画の意味を示します。
 本日のアレンジは、赤芽柳・バラ・ビバーナム・リュウカデンドロンを用いてタブロウの世界を表現してみました。

 赤芽柳は冬を代表する花材です。赤芽柳も柳の一種ですが、柳は一般的に矯めにより形を自由に変更できる特性を持ちます。まっすぐの直線で行けることもありますが、今回のような曲線にも変形できる面白い花材です。
 赤い皮がむけると銀色のふわふわした芽が現れますが、その状態になると銀芽柳と呼び名が変わります。

 ビバーナム「テイナスレッド」やリュウカデンドロン「ガルピニ」は市場でもあまり流通しない、比較的珍しい花材です。
 ビバーナム「テイナスレッド」は青い実が特徴ですが、あじさいのような小さな白い花が咲き、その花が咲き終わると、この様なきれいな青い実になります。
 リュウカデンドロン「ガルピニ」は白くて丸い実が特徴です。南アフリカ原産ですが、この実も南アフリカから輸入されています。
 
 赤バラにアルストロメリアやトルコキキョウの組み合わせもいいですが、赤バラにこれら実物も、赤バラがパッと引き立つ名脇役になりますね。
(画像をクリックすると拡大します)

季節の花たち

秋の花、野バラ

 秋の代表的な花材、野バラを生けてみました。 野バラはバラ科野バラ属の落葉低木で、原種のバラです。 5月から7月頃に白や薄ピンクの花を咲かせますが、花材としては秋に赤く熟した実を使います。実の付き方が独特で、たいへん面白い花材です。小原流いけばなでも野バラはよく使われます。日保ちもしますので、おすすめです。

 中央の赤い百合(タッチストーン)は山形県山形市の生産者 池野さん(千歳園)が作った百合です。池野さんとは10年来の付き合いですが、非常にやる気のある生産者で、いいものを作っています。この赤い百合も軸(茎)がしっかりとしており、扱いやすく、日持ちも十分です。極一部の百合に見られるような環境の変化による水下がり等もありません。安心して使える、いい百合です。

 今回は深まりゆく秋をテーマに生けてみました。

季節の花たち

正月の花材、ナンテン(南天)

 季節が巡るのも早いもので、今年もあっという間に10月になってしまいました。
 今日は気持ちのいい晴天ですが、30度近くまで気温が上がり、秋というものをあまり感じさせません。

 写真は正月花材で使われるナンテン(南天)です。庭に植えてある南天を撮影してみました。まだ真っ赤に色づき始めてはいないのですが、あと3ヶ月で正月が来てしまうと考えると、1年は早いなとつくづく感じてしまいます。

 南天は縁起物として正月の生け込みに使われます。来年もいい年になるよう願うばかりです。

季節の花たち

秋の花材、ウメモドキ(梅擬)

 写真は庭に植えてあるウメモドキの原木です。観賞用として生ける場合は、実だけを残し、全ての葉を取ります。
 市場では、葉付きのものも流通しますが、葉付きでそのまま生けても葉がすぐ萎れてしまうことと、葉付きではウメモドキの実が強調されません。

 枝ぶりや実付きのいいウメモドキの切り枝は80cmぐらいでも1本1000円以上するなかなか高価な花材ですが、生産者が葉を全て手作業で丁寧に取り出荷しているため、その作業工賃も含まれています。
 以前、枝ぶりのいい「葉付きの」ウメモドキを入手したことがあるのですが、とにかく葉を取るのがたいへんで、かなりの時間を要しました。(中途半端に葉を毟ろうとすると、葉の末端が残って汚くなりますし、強く葉を毟ると振動で実が落ちる場合があります。小さい葉を根気よく、丁寧に取る必要があります。)生産者のご苦労には頭が下がります。

 また、ネットではウメモドキは成長が比較的早いとの記載も見受けられますが、当方の庭に植えたものを見ていると、かなり成長が遅いように感じるのですが・・・。

 実付きのいいウメモドキはかなり見応えがあります。生け込みに1本入れただけでも、豪華さが際立ちます。

季節の花たち

秋の花、蓮の実・ツルウメモドキ・染雪柳等

 8月のお盆頃から流通し始める蓮の実を活けてみました。

 蓮は水の吸い上げが極端に悪く、特殊なポンプを使わないと水が上がりません。

 蓮の花が何故花屋に流通しないのかというと、ポンプを使って水を吸い上げても、一晩しか花が保たないから。つまり、蓮の花はたいへん可憐ですが、日持ちが極端に悪いのです。

 (いけばなの小原流では蓮も活けますが、そういった特殊用途でない限り、一般に活けることも流通することもありません。)

 一方、蓮の実は日保ちします。また、枯れかかってもそれが風情を感じさせる、たいへん味わい深い色や質感に変化します。平家物語の諸行無常ではありませんが、蓮の実それ自身が、たいへん趣のある実ものであると言えます。

 雪柳は紅葉してから切り取って使えばいいという考えもありますが、残念ながら、本当に紅葉してしまうと切り花の日持ちが極端に悪くなります。(紅葉したモミジも同じで、切り取って活けると3日も保ちません。)そのため、生産者が青々とした雪柳に塗料で色を染め、秋を感じさせるようにしています。

 朝晩だけでなく、日中も長袖を着るぐらい肌寒くなってきました。今回は深まりつつある秋をテーマに活けてみました。

(リンク)
秋の花、アマランサス・ケイトウ・ツルウメモドキ等
秋の花材「ワレモコウ・ツルウメモドキ」
夏の実物~ヒペリカムとツルウメモドキを用いた生け込み~

季節の花たち

秋の花、アマランサス・ケイトウ・ツルウメモドキ等

 アマランサス(写真中央のピンクの花)が入荷しました。ケイトウ(鶏頭)・リンドウ(竜胆)・ツルウメモドキ(蔓梅擬) ・アマランサス等、秋の花づくしです。(今はまだ体感的にも季節的にも秋がそこまで深くなっていないので、紅葉感のある真っ赤な染雪柳は使わず、青々とした雪柳を使っています。秋の花の中にもまだ夏が残る、そんな季節感を表現してみました。)

 アマランサスの花はマット基調と言いますか、光沢がありません。光沢が無い花は他にあまりなく、他の花との取り合わせでは一際目立つ存在となっています。また、独特の形状・質感もたいへん面白く、初めて見た方はたいてい驚かれる変わった花となっています。

 このアマランサスやケイトウは秋だけに見られる花です。これから秋が深まるにつれ、フォックスフェイスやウメモドキ等、秋ならではの花や実物がどんどん出てきます。

(リンク)
秋の花、蓮の実・ツルウメモドキ・染雪柳等
秋の花材「ワレモコウ・ツルウメモドキ」
夏の実物~ヒペリカムとツルウメモドキを用いた生け込み~

季節の花たち

秋の花材「ワレモコウ・ツルウメモドキ」

 日が暮れるのも早くなってきました。いよいよ秋の到来ですが、生花の方も秋の花材として代表的なワレモコウ( 吾亦紅 )、ツルウメモドキ等が入荷してきました。

 以前、生け花の恩師にワレモコウについて話を伺いました。先人はワレモコウを擬人化し、その擬人化したワレモコウが自身のことを吾(われ)と呼び、吾もまた紅い(あかい)と感じたからそういう呼び名になったと言っていたことが印象に残っています。

 明治から昭和にかけて活躍した俳人・高浜虚子は、ワレモコウ ( 吾亦紅 ) に対しての想いを俳句にてこう綴っています。

吾も亦(また) 紅(くれない)なりと ひそやかに  『句日記』

 また、秋と言えば実物(みもの)です。ツルウメモドキも入荷したばかりでまだ鮮やかな 橙赤色(とうせきしょく) の種子は出ていませんが、これからいろいろな実物が入荷しますので、楽しみにしてみてください。

 いよいよ秋の到来です。秋の花を部屋やリビングに飾ってみませんか?

(リンク)
秋の花、蓮の実・ツルウメモドキ・染雪柳等
秋の花、アマランサス・ケイトウ・ツルウメモドキ等
秋の花、アマランサス・ケイトウ・ツルウメモドキ等