季節の花たち

初夏の花材「シャクヤク(芍薬)」との組み合わせ

 5月中・下旬から6月初旬頃に流通するシャクヤク(芍薬)が入荷しました。
 芍薬は早いものでは4月頃にも入荷するものがありますが、節よりも余りにも早く入荷するものは、単価も高く、蕾の状態からそのまま開かないまま終わってしまうものもあるため、余りおすすめしません。

 やはり芍薬をお求めになる場合は、節の5月中・下旬頃から6月初旬頃がおすすめとなります。
 芍薬は蕾の状態で入荷しますが、開くまでやや時間がかかります。個体にもよりますが、平均で1週間から2週間は蕾の状態で、その後、下の写真のように開きます。

 この芍薬は、庭に植えてある芍薬です。開くと豪華でボリュームのある花ですね。開いた後も日持ちがしますので、蕾の状態から長く楽しめると思います。

 芍薬が出ると夏を感じますので、合わせる花材もやはり夏を感じさせる花材、例えば夏ハゼやリアトリスなどと組み合わせるといいと思います。

 今回は芍薬をメインに、それよりも高い位置でリアトリスを、そして芍薬よりも低い埋め込みに、エンジ色のカーネーション(バイバーワイン)を生け込みました。

 芍薬も開くとこのカーネーション(バイバーワイン)よりも大きくなりますので、開く前と開いた後ではだいぶ印象も変わってくるかと思います。

 ドラセナは2月に訪問した沖縄県の山内さんが生産した「ミヤケアカネ」。グリーン・赤・黄色の複色のドラセナです。今回のように全体としてグリーン・赤・黄色の色で生け込みを構成する際には、非常に調和する花材となります。

 芍薬が出ると夏の訪れを感じさせます。芍薬の花束などもできます。季節限定の花材となりますが、おすすめの花材の一つとなります。

(使用花材)
芍薬・夏ハゼ・リアトリス・カーネーション(バイバーワイン)・ドラセナ(ミヤケアカネ)・オンシジューム

季節の花たち

夏ハゼと薔薇、そしてカトレアと

 枝ぶりのいい夏ハゼが入荷しました。夏ハゼは、ツツジ科の落葉低木です。
 夏ハゼは葉が多いため、生ける場合は思い切って葉を落とす作業が必要です。

 今回の生け込みも葉を整理していますが、あえて「枝を見せる」こともポイントになってきます。
 生け花ではもっと「厳しく」葉の整理を行いますが、今回は生け込みなので、そこまで葉を厳しくは整理していません。しかしながら、葉を全く整理しないで生けるのと、葉を整理して生けるのでは受ける雰囲気もまた変わってきます。

 夏ハゼは個人的に枝物の中で一番好きな花材ですが、この夏ハゼには思い切って濃いめの薔薇がよく合います。今回は愛知県JAひまわりバラ部会の方々が生産した「ライラ」という名の濃いめのピンクの薔薇を使用しています。

 カトレアはホルダーに入れて生けますが、実はちょっとしたコツがあります。ホルダーに入れて真っ直ぐ挿す(左側写真)とカトレアの表情が見えません。そこで、この柄の部分を折り曲げて(右側写真)、カトレアの表情が見えるように挿すと全体としてきれいに生けることができます。

 季節は初夏ですが、花屋は既に夏真っ盛りの花材に囲まれています。

(使用花材)
夏ハゼ、バラ(ライラ)、ひまわり、カトレア、アンスリウム、ドラセナ、デルフィニウム シネンシス

季節の花たち

初夏の花「ギガンジウム」にデルフィニウムを合わせて

 初夏の花、ギガンジウムが出てきました。別名「花葱(はなねぎ)」。食用の葱の先端に出てくる花によく似ています。ニンニクや葱もこのギガンジウムと同じ仲間ですが、当然ながらこのギガンジウムは食用に適しません。生け花や生け込みなど、鑑賞用途に用います。

 ギガンジウムは丸い花と太く長い茎が特徴なので、飛び出しで生けることが基本となります。この特徴的な太い茎をカットして、埋め込みで使うのはもったいないような気がします。もちろん枝物のように矯めは効きません。

 今回は、このギガンジウムに青のデルフィニウムとスプレータイプのピンクのデルフィニウム シネンシスを合わせてみました。

 ギガンジウムの紫~デルフィニウムのブルー~デルフィニウム シネンシスのピンクと色を繋いでみましたが、この隣り合った色を繋いでいくと、全体として調和の取れた生け込みとなります。

 デルフィニウム シネンシスはこんな感じでも使っています。

 今回はお客様からのご要望で、ピンク・オレンジのアレンジを作ってほしいとのことでしたので、かすみ草の代わりにピンクのデルフィニウム シネンシスを使ってみました。

 東京からのお客様のご注文でしたので、メールで画像を送らせて頂きましたが、以下の返信メールを頂きました。

とっても素敵なアレンジメント
ありがとうございました!
母からも大好評で写真付きのメールを貰いました。

また機会がありましたら
是非お願いしたいと思います。
この度は本当にありがとうございました。

 同じ花材でも、使い方や組み合わせ方でだいぶ印象が変わります。花一つ一つを取り上げてみても、その可能性は無限に広まっていきますね。

季節の花たち

トーンイントーン~淡い紫と青の組み合わせ~

 以前、「トーンイントーン ~淡い紫と赤の組み合わせ~」の記事で生け込みをご紹介しました。今回は同じ種類のデルフィニウムを使い、淡い紫から見て色相環の隣接する赤とは反対側となる青との組み合わせを行ってみました。

 2枚を見比べると、同じ淡い紫のデルフィニウムを使っても、だいぶ印象が違いますね。もっとも、季節に応じて好まれる色合いは異なってきます。今日のような5月初旬でも20度を超えるような、そして明日は30度になるような日には、赤よりも涼しげな青の方が好まれます。

 店舗の生け込みも、季節や体感温度によって、お客様の好まれる色合いを考えながら生けるということも大事になってきます。

 今回は淡い紫のデルフィニウムと同系色のトルコキキョウも使用しました。

 バラは静岡県大井川産の「ブルーミルフィーユ」。写真ではピンクのような色合いになってしまっていますが、見た目はもっと紫です。この中間色のような淡い紫は、スマホのカメラでは限界なんでしょうか、なかなかうまく撮れません。外側も傷んだように見えてしまいますが、実際は違うんですよね~。アンティーク調の、気品のあるバラとなっています。

 他サイトになりますが、検索したらよく撮影されていた「ブルーミルフィーユ」のサイトへリンクを張っておきます。一眼レフで撮っているようで、よく特徴を捉えていると思います。

 このサイトを見ると、確かに「アンティーク調の気品のあるバラ」というニューアンスがよく伝わるかと思います。いいバラですよ。

 今回はブルーの花材として、同じデルフィニウムではありますが、スプレータイプのシネンシス(水色)を生け込みました。

 また、ポイントとして、補色になる黄色のヒマワリも生け込みました。

 今回は、ブルーを基調に生け込みましたが、初夏の暑さを和らげるような、涼しい色合いにまとめてみました。

季節の花たち

ドウダンツツジと配色の組み合わせ

 ドウダンツツジが入荷しました。季節は春真っ盛りですが、市場に入荷する花材は夏の花に移行しています。

 ドウダンツツジは主に生産者が山林で伐採して市場に出荷しています。所謂、山取りとなります。このドウダンツツジは、夏の涼しさを感じさせる最適な枝物です。

 枝物なので当然ながら1本1本形状が違い、その枝の特長を生かすよう、葉や枝を落とす工程が必要です。葉や枝を落とす作業は経験と感覚が必要ですが、手っ取り早く習得するためには、生け花をやってみるといいと思います。流派は色々とありますが、私が教わった小原流は系統立てて教わるため、基礎を習得するには最適だと思います。もっとも、一番上の1級免許状を取るためには、20年の歳月が必要ですが・・・。

 閑話休題。
 夏に流通する主な枝物としては他にナツハゼ(夏櫨)などもありますが、ナツハゼは落葉低木のため、水盤に生ける場合は重宝しますが、こういった店舗の生け込みにはあまり適しません。

 ドウダンツツジの青々とした葉は非常に印象的です。今回は、そのグリーンと補色関係にある赤と白の3色で生け込みを構成しました。

 赤バラは栃木県産のスプレーバラ「レディラブ」を使用しました。このレディラブは日持ちもし、棘も少ないため取り扱いやすく、おすすめのバラの一つとなります。

 百合は真っ赤な「リパッソ」を、そしてドラセナには赤の斑入りが特徴的な「ジョニーノーブル」を使用しました。

 上記写真の胡蝶蘭下側にあるグリーンのスプレー菊は、埋め込みとして生けてみました。

 これら「赤」と対照的な花が白の胡蝶蘭と小手毬です。

 胡蝶蘭も小手毬も垂れ下がる花となりますが、真っ白の胡蝶蘭は赤と対照的で非常に映えますね。

 今回は緑と補色関係のある赤、そしてどの色とも合う白の3色を意識して生け込みを行いました。

 アレンジも含め、全体の色合いを2色、或いは3色でまとめると、きれいに仕上がると思います。

 自分流のアレンジを、花材選定も含めてやってみると楽しいですよ。

季節の花たち

初夏の花「ツツジ」と色彩の組み合わせ

 初夏を先取りして、ツツジを生けてみました。ツツジは、晩春から初夏に見頃を迎えます。

 朱色のツツジは謂わばかすみ草のような細かい花の集合体となっていますので、彩度の変化を取り入れるためには、同系色の大輪咲きの花を選択しなければなりません(同系色といえども、細かい花と細かい花の組み合わせでは、うるさく感じてしまいます)。

 そこで今回は、大輪咲きのダリア「ナマハゲチーク」とトルコキキョウ「マンゴーアンティーク」を取り入れてみました。

 ダリア「ナマハゲチーク」はインパクトのある名前ですが、名前とは裏腹に淡い色合いのダリアとなっています。

 トルコキキョウ「マンゴーアンティーク」は、前回の吉野桜の生け込みでも採用しましたが、たいへんボリュームがある、赤茶色のトルコキキョウとなります。このトルコキキョウは非常に日持ちがしますので、おすすめの切り花の一つです。

 今回は彩度の変化だけでなく、朱色のツツジとの補色関係にあるスノーボールを生け、そのグリーンと朱色をより強調してみました。また、朱色と同系色のみで全体を構成してしまうと、まるで秋を感じさせるような色合いになってしまいます。しかし今回は初夏がテーマですので、このスノーボールを生けることで、初夏の新緑を表現してみました。

 更に、ブルーを入れると全体の色合いが締まるので、この時期定番のデルフィニウムを入れてみました。

 葉物類には青ドラセナの他、ツツジと同系色の入才ラン(赤)を入れ、ボリューム感を持たせるとともに、全体の中で葉物類が溶け込むように色合いを調和させてみました。

(リンク)
珍しい花材、エリンジューム(ブルーダイナマイト)との補色・明度の対比を中心に

季節の花たち

春の代表的な花材、桜(吉野桜)

 当地、福島県も桜が咲いてきました。

 切り花として流通する桜には、啓翁桜(けいおうざくら)、東海桜、彼岸桜、吉野桜などがあります。

 1月中旬頃から切り花の桜は流通しますが、1月頃は啓翁桜と東海桜、2月の中~下旬頃から彼岸桜、そして3月中旬頃から吉野桜と、同じ桜と言ってもその流通する種類が時期によって変遷していきます。

 アレンジ等に使いやすいのは細身の直線の枝が多い彼岸桜となりますが、この吉野桜は枝振りが1本1本違い、大ぶりの枝が多いため、生け込み用途がメインの花材となります。細い枝の場合は鋏でも切れますが、このような大ぶりの枝を切る場合にはノコギリも使用します。

 今回は、この吉野桜をメインに、カラー、ダリア、トルコキキョウ、グリーンのスノーボールを生け込みました。

 また、葉物にはドラセナの他にキキョウランも使用しました。

 トルコキキョウは、マンゴーアンティークと呼ばれる茶色の、非常にボリュームのある沖縄県産を使用しました。

 以前生け込んだ東海桜とは、同じ桜といえども特性が違うため、雰囲気もまた変わってきます。

 路上の桜が満開になってくるこの時期に、切り花としての桜の流通も終わりとなります。そして、いよいよ夏の花へと切り替わっていきます。

季節の花たち

通年で流通する花材「ストレチア」

 鳥のように見えるのはストレチア。極楽鳥花とも呼ばれます。

 日本の主要な産地は静岡県、沖縄県、山形県などとなりますが、上記の写真のストレチアは山形県産になります。

 通年で流通する花材です。極楽鳥花との呼び名もありますが、菊のようにイメージが固定化されていませんので、当店では仏用にも店舗の生け込みにも、また正月用の生け込みにも使います。

 今回はストレチアの(鳥のように見える)花の部分だけでなく、葉も使用しました。
 葉も美しく、観葉植物として流通する場合もあります。

 黄色の蘭は静岡県産のオンシジューム。そして赤のドラセナは沖縄県の山内さんが生産した「アトム」となります。

 今回はそれ以外にエリンジュームや愛知県産アルストロメリア、ベアグラス、モンステラ、黒芽柳も使用しました。

 生花の先生にはよく「柳は3月まで」と言われていたことが思い起こされます。
 冬は花ものが少なく、謂わば「柳の季節」となりますが、3月を過ぎたら主役交代です。当店も今回で当分、柳は見納めです。市場では流通しますが、当店では「柳は3月まで」の言葉通り、3月まで取り扱った後は、しばらく仕入れをしないようにします。

 個人的には柳は好きなんですけどね。

 ベアグラスは先日のレストランウエディングで作ったアレンジのように、婉曲に使用する場合もありますが、今回は数本を束ねて生け、しなやかな自然な曲線を出してみました。

 ベアグラスと似た葉物にスチールグラスもありますが、スチールグラスは固くて直線的です。当店では用途によって、また、特性によって使い分けております。

季節の花たち

トーンイントーン~淡い紫と赤の組み合わせ~

 以前、「トーンイントーン ~緑と黄色の組み合わせ~」の記事でアレンジをご紹介しましたが、今回は淡い紫と赤の組み合わせについてとなります。

 生け込みの中心には北海道産デルフィニウム「トリトンラベンダー」を据えました。デルフィニウムは以前ご紹介した山形の進藤さんのものもいいですが、通年で流通する北海道産も非常に品質が高く、豪華な花材となります(但し、高価なため、通年での取扱店は県内でも当店を含めごく少数に限られると思われます)。

 今回はデルフィニウムを基調に、紫のグラジオラス、そして先日ご来店いただいたサントリーフラワーズ株式会社様から送っていただいた新品種「ムーンダストシャンパン」をさっそく生けてみました。

 ムーンダストシャンパンは2種類ありますが、従来の遺伝子組み換えカーネーションの流れを継承した斑入りのブルーカーネーションとなります。

 恐らく県内初入荷となります。斑入りがシャンパンの泡を連想するきれいな色合いのカーネーションです。
 ネーミングもいいですね。

 今回はデルフィニウムに色合いを合わせるため、薄い色合いのムーンダストシャンパンを使用してみました。

 更に今回は、トーンイントーンを意識し、淡い紫に合う赤の花材選定を行いました。

 今回は赤のドラセナを使用しましたが、この赤のドラセナは、先日の沖縄の産地訪問で伺った山内さんが生産した「アトム」となります。

 ただ、生け込みのドラセナ全てをこの「アトム」にしてしまうと色がきつくなってしまいますので、中間にはグリーンのドラセナを入れ、ボリューム感と色の変化を付けてみました。

 中央部分にはポイントとして赤のキングプロテアを入れました。また、白い小さな花は雪柳となります。

 淡い紫の花材は、花材全体を見回しても少ない方です。そのため、淡い紫を生ける際に、その色に合う花材、合う色合いもなかなか思いつかないかもしれません。
 そんな時には色相環から類似色同士の組み合わせであるトーンイントーンを類推すれば、自ずと合う色、合う花材も見つかると思います。

 淡い紫はなんとなく気品があり、優雅さと豪華さが漂います。そんな淡い紫を赤で引き立ててみるのもいいものですよ。

(使用花材)
デルフィニウム(北海道産)、ドラセナ2種類(沖縄産)、グラジオラス(鹿児島産)、キングプロテア(オーストラリア産)、サントリーブルーカーネーション(コロンビア産)、ロベ(東京都八丈島産)、雪柳(福島県産)

季節の花たち

春の花、桃とミモザと小手毬と ~花材の特性とレイルマン比率を意識した構成~

 春の花、桃を生けてみました。
 桃は花を触るとポロポロと落ちやすいため、なるべく花や蕾に触れないようにしながら、慎重に扱うようにしています。

 桃だけでも十分春を感じますが、今回は桃の花にミモザと小手毬(こでまり)を組み合わせてみました。

 ミモザ(画像2)は春らしさを演出するには最適な、たいへんボリュームのある花材です。ただ、乾燥に弱いため、霧吹き等で2~3日置きにでも湿らすと、この状態が長く維持できます。

 ミモザはドライフラワーとしても人気がありますが、乾燥させると花が茶色に変化します。

 小手毬(画像3)も2月頃から5月頃にかけて流通します。ミモザも小手毬もたいへんボリュームのある花材です。注意点としては水の吸い上げが非常に強い(蒸散が激しい)ため、花瓶の中にまとめて入れておくと水切れが発生しやすいことです。

 これは他の枝物でも言えることですが、いったん水切れして萎れてしまうと、2度と復活ができません。ドウダンツツジも水の吸い上げが強い枝物ですが、これら枝物を生ける際には、事前に、或いは生け終えた後に水をたっぷりと張るように気を付けています。

 桃の下にあるピンク色の花はアルストロメリア(リグツ)です。画像4は色違いのリグツですが、透明感のある繊細な花です。茎がたいへん折れやすく、扱う際には非常に気をつかいます。

 このリグツはこの時期限定の花となります。
 毎年2~3月しか流通せず、全国での生産者や生産量が非常に限られるため、希少種となっています。(愛知県では本田さん、ただ一人だけの生産・出荷となっています。)


 中央のブルーの実はエリンジューム(画像5)となります。

 今回は生け込みの下部に関し、向かって左側にミモザを、右側に小手毬を多く生けることで、 色の対比や質感の変化を楽しめるように構成しました。

 更に今回の生け込みに関しては、写真の構図で提唱されているレイルマン比率を意識しながら、生け込み下部を4分割し、縦の線と対角線との交点にそれぞれの主題となる花材(ミモザ・小手毬)とアクセントとなる花材(カラー)を配置することにしました(画像6)。

 生け込み下部の向かって左側の交点それぞれにミモザを配置し、配置したミモザと三角形になるよう中央部分、及びその反対側にもミモザを生け込みました。

 また、ミモザを繋いだ三角形の中央部分に補色のエリンジュームを多めに入れ、明るい黄色と暗めの青の対比を強調し、よりミモザがはっきりと浮き出るように工夫しました。

 生け込み下部の右側は小手毬を多めに入れつつ、同系色のカラーもアクセントとして、 レイルマン比率を意識しながら、4分割する縦の線と対角線との交点の上部に配置しました。

今回はレイルマン比率を意識した構成も組み入れながら、主題となる花材(ミモザ・小手毬・桃)とアクセントとなる花材(カラー・エリンジューム)を適切に配置することで、バランスのよい生け込みに仕上げることができました。

(使用花材)
桃・ミモザ・小手毬・エリンジューム・カラー・ドラセナ・アルストロメリア(リグツ)