赤の透かし百合「ブラックストーン」

 赤の透かし百合「ブラックストーン」を生けてみました。今回は、この赤の透かし百合「ブラックストーン」を中心にご紹介致します。

 透かし百合は一般的に黄色とオレンジを中心に作付けされています。体感的に透かし百合の黄色・オレンジの占める流通量の割合は7~8割ぐらいでしょうか。他に作付けされる色としてはピンク・白が優先され、赤の透かし百合の作付面積は非常に少ない状況です。

 透かし百合はそもそも改良型のLA百合とは違い、夏の暑さに弱いため、流通時期が冬から春までと限定されています。更にそのほとんどが黄色とオレンジで占めるため、「赤」の透かし百合は極めて生産量・流通時期が限られる希少種となっています。

 なお、透かし百合とLA百合の違いについては、弊社ブログサイト『3色配色を意識した生け込み~埼玉県深谷市産SP品種・スカシユリ「ゴールドツィン」「バルトイーグル」とエリンジュームを利用して~』をご覧下さい。

 この赤の透かし百合「ブラックストーン」は、蕾が黒っぽいのですが、開花すると深紅の赤が目に飛び込んできます。光沢もあるのが特徴で、高級感も感じさせます。

 こちらはiPadで撮影した、ブラックストーンを使用したアレンジ。名前の通り、黒みがかった赤の百合です。

 上の生け込みで撮影したものより黒っぽく写っていますが、実際に見た感じではこちらの方がより近い感じです。撮影機材や場所によって写り方が変わってしまうのは致し方ありませんが、「真っ赤」というよりも深紅の方が近い印象です。

 この透かし百合「ブラックストーン」は埼玉県深谷市で栽培されています。深谷市の生産者・関和さんに電話で聞いてみると、冬場に収穫するものはこのように黒っぽい色合いのようです。一方、6月頃に収穫するものは、暑さの影響で黒みが失われ、次第に赤っぽくなっていくそうです。

 赤の透かし百合は流通量が少ないのですが、これは使い手である花屋もあまりこの赤の透かし百合自体の存在や、その魅力、使用用途等が分からないことにも起因しているのではないかと思います。

 私もこの「ブラックストーン」を初めて取り扱いましたが、市場に入荷した時点では蕾が真っ黒で、開花するとどんな色合いなのか想像が付きませんでした。市場の社長とこのネーミングと蕾の色合いについて話題にしていたところ、「試しに使ってみる?」と促され20本ほど購入してみました。

 開花すると前述のように光沢感や高級感があり、その深みのある赤が非常に魅力的に映りました。使用用途としては今回、生け込みやアレンジに使ってみましたが、仏用でも全く問題なく使用できると考えています。

 ちなみにこの「ブラックストーン」、下記の写真の赤の透かし百合「バルトイーグル」や黄色の透かし百合「ゴールドツイン」と違い、しっかりと花粉があります。(下のポーレンフリーと呼ばれる無花粉ユリは、これはこれで希少種です。)

 まだまだ赤の透かし百合の生産量は少ないのですが、このような魅力のある透かし百合を、フラワーショップ アリスではこれからもより積極的に使用していきたいと考えています。