「仁井田本家×福島県産花×アリス」コラボ企画①

 福島県農林水産部園芸課が事業主体となった「福島県産花卉(かき)展示開拓事業」が始まりました。

 今回は、福島県郡山市の酒蔵である「仁井田本家」様との1回目のコラボ企画となります。

「仁井田本家×福島県産花×アリス」コラボ企画①

「福島県産花卉展示開拓事業」とは

 「福島県産花卉展示開拓事業」とは、福島県産花卉をPRするために福島県農林水産部園芸課が事業主体となった事業です。
 花卉関係以外の異業種との連携により、県産花卉のPRと需要拡大を図ることを目的として行われます。

 フラワーショップ アリスでは、いくつかのコラボ企画にお声かけ頂き、まず1回目としまして福島県郡山市にある酒造会社・仁井田本家様の6月のイベントに合わせて生け込みを行いました。

福島県産花卉の紹介

 福島県では、弊社サイト「産地との連携(福島編)」に代表される様々な品種の花卉を県内全域で生産しています。

 今回はイベント時に展示する生け込みですので、下記の花材を利用しました。

 また、今回のドウダンツツジは2mのものを使用しました。

 バラ「ケンジントンガーデン」は、「産地との連携(福島編)」でも述べましたが、咲き方が非常に特徴的です。また、切り花としてのこのバラは、オレンジ色が次第にピンク色に変化していきます。

 JINフルールの生産者・川村さんとも以前対談を行いましたが、年間の栽培計画についてかなり戦略的・計画的に行っており、夏場の出荷計画に関しても何を栽培した方がいいのかについて意見交換を行ったことがあります。

 冬場にはスナップ等を栽培していたJINフルールさんですが、今年の6月の今は複数種の色合いのカラーを生産しています。そこで今回の生け込みには是非とも70cmのオレンジカラーを使いたいとお願いし、送っていただきました。

完成した生け込み

 下が完成した福島県産の花卉のみを使った生け込みです。
 場所と照明の制約があったため写真撮影がなかなか上手にできなかったのですが、青紫・緑・オレンジ・白、そして器の黒の5色を使ったペンタード配色の生け込みを行いました。

 福島県産のみでも、ここまでボリュームのある、多様な品種・種類の花材を使った生け込みを行うことができます。

 皆さんも是非、ご自宅に福島県産の花を飾ってみませんか?

Tik Tokの動画紹介

 今回の生け込みでは、Tik Tokのfukushimahanamedeさんのサイトで動画紹介されていますので、よろしければご覧下さい。

@fukushimahanamede

福島県産の花をみなさまにもっと知っていただきたい。 そんな想いを込めてさまざまな企画をご用意いたしました。今回は福島県郡山市にある蔵元「仁井田本家」様にて福島県産の花きを使用した展示を行いました。※展示終了期間はお花の状態で判断いたします。

♬ オリジナル楽曲 – fukushimahanamede – fukushimahanamede


 

この記事を書いた人

菊地充智
菊地充智代表取締役社長
 こんにちは。フラワーショップ アリスの代表取締役、菊地 充智と申します。
 福島県本宮市出身で、元々は教員として子どもたちの教育に尽力していました。その経験は私にとって大切な基礎となり、人と心を通わせる重要性や、強い絆を築くことの意味を深く理解させてくれました。

 2007年、私は新たな挑戦としてフラワーショップ アリスに加わりました。それ以来、花々と共に日々成長し、お客様に最善のサービスを提供するために常に努力しています。
 そして、花の美しさとそれぞれの物語をより深く理解し、お客様に届けるため、全国の花の産地を訪れています。

 私の経営理念は、お客様に最高の満足を提供し、常に改善と修正を行いながら、お客様にとってベストの選択を追求することです。この理念は、私が書く文章にも反映されています。

 皆さんが私の記事を通して、花の世界の美しさや、そこに込められた物語を感じ取っていただければ幸いです。それが私が記事を書く大きなモチベーションとなっています。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA