ご挨拶・基本方針

輸入花卉について

 当店は基本的に生産者にこだわった国産の花卉(かき)をメインに取り扱っておりますが、一部、輸入花卉も取り扱っております。

 上記写真のピンクッションは南アフリカ産です。日本で生産されていないもの、或いは取扱量が極めて少ないものに関しては、輸入品を扱います。

 日本が真夏の時に南半球のオーストラリアは真冬です。その気候差を生かし、真夏にシンビジウムの切り花が取り扱えるのも、オーストラリアなどの南半球から輸入するメリットになります。

 TPP等に関係なく、既に切り花は輸入品の関税が0であり、国内の生産者は厳しい競争に巻き込まれています。

 当店では国内の生産者を守るために少しでもお役に立てればと、国内の生産者を応援する形で、基本的には国産をメインに仕入れを行っております。

【用語解説】
花卉(かき)
 花の咲く草。草花。
 観賞用に栽培する植物。観賞する部分により、花物・葉物・実物(みもの)などに分ける。

ご挨拶・基本方針

フラワーショップ アリスHP開設

 フラワーショップ アリスのホームページをついに立ち上げました。20年前に勤務先の学校のホームページや私的なホームページを作っていましたが、当時の主流だったhtmlを使った仕様と大きく様変わりしていたことに驚きました。現在はCMSに主流が移り、ドメインの取得を始め、サーバーの構築等いろいろと新たに進めることになりました。不慣れながらも随時更新していきますので、よろしくお願い致します。

 さて、当社は今年で創業32年目となり、これから創業50年に向けて、社員一同精一杯がんばっていこうと考えております。

 当店では常時、数百種類・数千本の花を取りそろえておりますが、花によって、また種類によって、生育に適切な旬となる時期に大きな違いが見られます。代表的な白の大菊(三種類)を取り上げてみても、冬の「神馬」、春・秋の「精の一世」、夏の「岩の白扇」と、旬となる時期に明確な違いがあり、旬の時期とそれ以外とでは日持ち等に明確な差が見られます。

 幸い日本列島は南北で約2800キロと、気温や降水量に大きな開きがあります。そのため、花ひとつひとつの旬となる時期や産地は、一年を通して順次移り変わっており、代表的な花である大菊やトルコキキョウ、オリエンタル百合などは、恒常的に質のいい国産品が入手できるようになっております。

 当店では季節に応じてその花のベストな産地を選定し、しっかりとした、いいものを作る生産者にこだわりながら、品質の良い花を常時取り揃えております。また、色合いや組み合わせ、ボリューム、形などにもこだわりながら、お客様にご満足いただける商品を提供していきたいと考えております。お気軽にご来店、あるいはお問い合わせ等していただければ幸いです。

(リンク)
~想いを花に託して~アレンジ制作の様子