ご挨拶・基本方針

Webpage開設からの1年を振り返って

 昨年7月に弊社Webpageを開設してから、早1年を迎えました。

 まず始めに、この1年間で延べ約1万人のお客様のアクセスがあったこと、たいへんありがたく感じております。

 これからもお客様のご要望を最大限実現できるよう、全社員心を一つにして、誠意を持って努力して参りますので、よろしくお願い致します。

 今回は、花とは少し話題がずれますが、Webpageを1から作り上げた中での失敗談や考え方等について、少しばかりですが記載していきたいと思います。

1.Webpageを作る上での予算と実際にかかった費用、そして最大の失敗

 専門の業者に依頼すれば、簡単なWebpageで数十万、本格的な視覚効果を狙ったものであれば100万円程度。SEO対策を十分練ったものであれば、150万以上が相場となります。

 とてもじゃないですがそんな予算はありませんのでw、何とか自分でできないかと必死にYouTubeやネットを調べ、結果的に約1万円で作ることができました。

 費用はドメインの取得費用が約1500円ほど、年間のサーバー代が約6000円ほど、そしてココナラで描いてもらったキャラの費用w(自画像含む)が約2500円ほどの計1万円となりました。

 20年ほど前に勤務していた学校のHPを作っていましたが、その際に身に付けたHTMLの知識は全く役に立ちませんでしたw

 現在はCMSに主流が移っていますが、ドメイン取得とレンタルサーバーとの契約、そしてこのCMSの理解にかなりの時間がかかりました。休みの日に朝8時から始めて夜10時までぶっ続けで作ること1か月、平日も夜中や早朝にも作り込みを行い、何とか形にした1か月でした。

 最大の失敗は、安さに惚れてドメイン名を.onlineで最初に作ったこと。なんと100円ぐらいの「激安」で取得できたのですが、2年目以降の毎年かかる更新料がばか高いことに全く気づかず、かなり作り込みをしてからのドメイン名flower-shop-alice.comの取得。そして移転の失敗でこれまで作り込んだデーターが全部消え、また1からやり直しという惨憺たる状況に陥りました。

 Googleで弊社名を検索しても.onlineのサーバーエラーがしばらく表示されており、.comで作っても全く検索に表示されない期間がしばらく続きました。
 途方に暮れた1か月ともなりました。

 しかしながら、死ぬほど集中して突貫工事で作り上げた結果、失敗も繰り返しながらも何とか「ある程度の」理解が進みましたので、それ以降はそれほど作り込みに時間をかけずに済むようになりましたが、肉体的にもこれまで経験したことのない極度の肩こりが出るなど、体からも悲鳴が出てきていました。

 振り返りますと、Webpage作成を業者に頼んだ場合、かなりビジュアルの素晴らしいものができるのですが、依頼した側から見ると、Webpageそのものがブラックボックスになってしまい、自分で更新したくとも更新できなくなってしまいます。

 また現在のようなコロナ大不況時には、業者に更新をお願いしたくともこれ以上経費がかけられない状況のため、より更新が停滞してしまいます。

 そういう点で、不慣れながらも自分で調べながらWebpageを構築すれば、いつでも情報発信できることが最大のメリットであったと思われます。

 幸い、現在はYouTubeなどでも動画付きで解説がありますので、とても「簡単に」はいきませんが、何とか作ることはできます。ただ、Webpage構築解説の中には古い情報が多々紛れ込んでいますので、それを判別するのにも四苦八苦しましたが・・・。

 もちろん、知人に詳しい人が一人もいませんので、頼るのはネット頼り。本も情報が古く、全く当てにならない点も問題でした。

2.Webpageを作ったメリット

 一番のメリットはお客様が増えたこと。どんなにいい生産者、いい花を揃えても、お客様がいなければ販売することができません。その意味で、Webpageは現在において必須のメディアと言えます。

 また、弊社は創業30数年ですが、これまではテレビ局の取材が全くありませんでした。テレビ局側がWebpageを見たとのことで取材依頼が来ましたが、Webpageの影響は、思ったよりも大きいと感じています。

 次に、弊社の取り組みを情報として発信できることがメリットに挙げられます。特に、「産地との連携」として以前から全国各地の産地に赴いていましたが、それをお客様にお伝えする手段としての弊社Webpageは最適であったと考えています。

3.今後の取り組み

 今後も引き続きブログを中心にWebpageを更新していきます。
 
 また、現在のところコロナ禍で産地訪問に制限が付くのですが、今後も継続して生産者との交流を行い、いい花をお客様に提供できるよう努力して参ります。

 将来的にはYouTubeも必須だとは考えているのですが、まだ現段階では何を話せばいいのか等についてのビジョンが浮かびませんので、将来的にはやってみたいと思っているのですが、検討中といったところです。もっとも、方言が強く滑舌が悪いので、自分自身でもあまり向いているとは思っていませんがw

4.お客様に感謝

 弊社を支えて下さる多くのお客様にたいへん感謝致しております。今後もいい花を揃え、お客様のご要望に最大限応えられるように努めて参ります。

 これからも末永くお付き合いの程、よろしくお願い致します。

代表取締役 菊地充智

ご挨拶・基本方針

輸入花卉について

 当店は基本的に生産者にこだわった国産の花卉(かき)をメインに取り扱っておりますが、一部、輸入花卉も取り扱っております。

 上記写真のピンクッションは南アフリカ産です。日本で生産されていないもの、或いは取扱量が極めて少ないものに関しては、輸入品を扱います。

 日本が真夏の時に南半球のオーストラリアは真冬です。その気候差を生かし、真夏にシンビジウムの切り花が取り扱えるのも、オーストラリアなどの南半球から輸入するメリットになります。

 TPP等に関係なく、既に切り花は輸入品の関税が0であり、国内の生産者は厳しい競争に巻き込まれています。

 当店では国内の生産者を守るために少しでもお役に立てればと、国内の生産者を応援する形で、基本的には国産をメインに仕入れを行っております。

【用語解説】
花卉(かき)
 花の咲く草。草花。
 観賞用に栽培する植物。観賞する部分により、花物・葉物・実物(みもの)などに分ける。

ご挨拶・基本方針

HP開設にあたってのご挨拶

 フラワーショップ アリスのホームページをついに立ち上げました。20年前に勤務先の学校のホームページや私的なホームページを作っていましたが、当時の主流だったhtmlを使った仕様と大きく様変わりしていたことに驚きました。現在はCMSに主流が移り、ドメインの取得を始め、サーバーの構築等いろいろと新たに進めることになりました。不慣れながらも随時更新していきますので、よろしくお願い致します。

 さて、当社は今年で創業32年目となり、これから創業50年に向けて、社員一同精一杯がんばっていこうと考えております。

 当店では常時、数百種類・数千本の花を取り揃えておりますが、花によって、また種類によって、生育に適切な旬となる時期に大きな違いが見られます。代表的な白の大菊(三種類)を取り上げてみても、冬の「神馬」、春・秋の「精の一世」、夏の「岩の白扇」と、旬となる時期に明確な違いがあり、旬の時期とそれ以外とでは日持ち等に明確な差が見られます。

 幸い日本列島は南北で約2800キロと、気温や降水量に大きな開きがあります。そのため、花ひとつひとつの旬となる時期や産地は、一年を通して順次移り変わっており、代表的な花である大菊やトルコキキョウ、オリエンタル百合などは、恒常的に質のいい国産品が入手できるようになっております。

 当店では季節に応じてその花のベストな産地を選定し、しっかりとした、いいものを作る生産者にこだわりながら、品質の良い花を常時取り揃えております。また、色合いや組み合わせ、ボリューム、形などにもこだわりながら、お客様にご満足いただける商品を提供していきたいと考えております。

 お気軽にご来店、お問い合わせ等していただければ幸いです。

(リンク)
~想いを花に託して~アレンジ制作の様子
憧れの職業
Webpage開設からの1年を振り返って



代表取締役 菊地充智

(プロフィール)
’73年 福島県本宮市生まれ。
福島県立安積高等学校(105期生)、
茨城大学教育学部小学校教員養成課程社会卒業。
茨城県立杉並小学校教諭、茨城県立土浦第三中学校教諭を経て現職。

(資格)
・柔道三段
・小原流いけばな三級家元教授
・小学校教諭一種免許状
・中学校教諭一種免許状(社会)
・高等学校教諭一種免許状(地歴)

(モットー)
・お客様にご満足を頂けるよう、最善を尽くすこと。