夏の実物「ツルウメモドキ」と「ヒペリカム」を用いた補色を意識した生け込み

 フラワーアレンジメントや生け込みは、漫然と制作してもきれいなものができません。やはり理論的な裏付けのある配色・構成から制作へのアプローチを行う必要があります。

 フラワーショップ アリスでは、補色や3色配色、彩度・明度などの視点から制作へのアプローチを行い、お客様にご満足いただけるような商品作りを目指しております。

 ここでは補色と花材の関係を中心に話を展開していきます。

夏の実物「ツルウメモドキ」と「ヒペリカム」を用いた補色を意識した生け込み

 秋の実物と言えばツルウメモドキやウメモドキ、野バラやフォックスフェースなどなど、多くの名前が思い浮かびます。

 秋の実物は豊作をイメージしますが、夏に流通する野バラやツルウメモドキはそもそも珍しく、また、青々とした若い状態となっています。

 今回は、その青々とした夏のツルウメモドキと赤のヒペリカムを中心に、補色を意識しながら生け込みました。

補色とは

 下の図の12色の色相環図で反対になる色同士の組み合わせを補色と言います。補色は配色の基本の一つであり、補色を意識することで、互いの色の対比がはっきりする効果を生みます。

 今回は、同じ実物であっても色が正反対となるグリーンのツルウメモドキと赤のヒペリカムを対比させることにより、コントラストの強い配色を行いました。

ツルウメモドキ

 下の写真は3枚目までがツルウメモドキを使った生け込み、4枚目が野バラを使った生け込みです。

 先述のように、ツルウメモドキは秋の代表的な実物です。9月から10月にかけて赤橙色の実を実らせながら、蔓が自在に伸びている姿が想像できます。

 しかし今回は、まだまだ真っ青の、色付きにはほど遠い若い実を生けてみました。

 ちなみに上の写真で緑色の実が「ツルウメモドキ」、赤い実が「ヒペリカム」となります。

ヒペリカム

 ヒペリカムは国内産もありますが、輸入品も多く入荷します。しかし7月頃は地元、福島県産のものが多く流通しています。

 ヒペリカムは輸入品もあるため、比較的通年で入手しやすい花材です。一方、ツルウメモドキは輸入品がなく、地元の生産者の山取りでの出荷が大半となっています。

 ヒペリカムは代表的な赤い実だけでなく、グリーンやピンク、はたまた茶系の実のものも流通します。
 この時期(7月頃)は湿度も高くなり、暑くなってきますのでガーベラなども日保ちがしなくなってきています。一方で、このような実物は日保ちがしますので、アレンジなどにも重宝する花材となっています。

生け込みのイメージと前回との比較

 右側の写真は前回の生け込みです。枝物に関してはほぼ同じ種類の花材を使っていますが、今回はツルウメモドキも使い、「生い茂った野山に分け入った時に自生していた実物たち」、そんなイメージで生けてみました。

 そのため、前回のような「すっきりさ」はありません。どちらかと言うとツルウメモドキの枝の暴れ具合が、「うっそうと生い茂っているイメージ」に近づいているのではないかと感じています。

 ドラセナも敢えて暗めの赤を使用しました。そんな暗めの赤に呼応する形で、ヒペリカムの鮮やかな赤を配してみました。

 実際にはこんな野山なんてありませんが、仮に野山に分け入って発見したら、きっと楽しいでしょうね。

使用花材

・ドウダンツツジ・リンドウ・グラジオラス・雪柳・ヒペリカム・ツルウメモドキ・ドラセナ