お盆の花手水(はなちょうず)2022年

 今年もお盆を迎えました。

 今回も福島県本宮市の高木寺(こうぼくじ)様から花手水(はなちょうず)のご依頼を頂きました。

 使用した花材としては、下の写真のディスバットマムとスプレー菊。そして紫陽花を2種類と葉物として紅葉(モミジ)を用意しました。

 ピンポン咲きの濃赤のディスバットマムは、青森県(JA八戸まべち)産の「ミッドナイトパープル」。袋が被さっているディスバットマムは青森県(JA八戸まべち)産の「セイブルノパープル」です。

 また、スプレー菊は二本松市の武藤さんが栽培したものです。

 青森県のJA八戸まべちさんの方では、近年、夏場の白の大菊の生産からディスバットマムに栽培品種を大幅に変えています。

 理由はいくつかあると思いますが、これまで葬儀需要としての白の大菊がコロナの影響等もあり縮小傾向にあること、家庭の自家消費分としてのディスバットマムに需要が集まっていること、白の大菊の価格は乱高下しやすい一方、ディスバットマムは高値安定していること等の要因が挙げられると思います。

 上の写真は今年のお盆と昨年のお盆との花手水の比較。同じディスバットマムを使用しても、だいぶ印象が変わります。

 花手水の作成前と作成後。やはり花を入れると雰囲気もだいぶ変わります。一ヶ月後には秋の彼岸が訪れますが、また花材も変わってきますので、花手水の印象もだいぶ変わると思います。

 今回はお盆の花手水として、夏らしいグリーンの花材を中心に、ポイントで赤のディスバッドマムや黄色のスプレー菊を入れてお作りしました。