松市とコロナ禍での現状

 12月3日に年に一回の松市が行われました。松市と千両市は、年に一度だけ行われる特別な市となります。
 例年大々的に行われる松市ですが、今年は松の入荷量が圧倒的に少なく、種類も大幅に少ない状況でした。

 理由は大きく2点あり、一つはコロナ禍で外国人労働者がほぼ来なくなり、生産や出荷が間に合わなかったため。もう一つは需要に合わせ細い若松を作ろうとしたが、台風の影響により軒並み倒れてしまったということでした。

 コロナ渦の花卉への影響については以前、弊社ブログ記事「コロナ後の変化~生産者の単一商品作物からの脱却の流れ~」や「コロナ後の変化~グローバリズムから国内回帰と地産地消へ、そしてデフレからインフレへの転換へ~」にて記載しましたが、外国人労働者の影響がまさか松市にまで影響するとは、全く想像が付きませんでした。

 外国人労働者が来ないため、松の生産者は注文対応のみの出荷がほとんどとなり、セリで出される松はごく少数で、選択肢が非常に限られる状況でした。

 例年弊社では大王松(だいおうしょう)なども仕入れるのですが、今回はその大王松そのものも、ほとんどセリに出ない状況でした。

 しかしながら近年は松そのものの需要も圧倒的に少なくなり、買い手側の花屋もそこまで松を仕入れない状況となっています。松の入荷が0(ゼロ)では困るのですが、かといって昔ほど必要とされなくなった、つまり需要が大幅に減ったものの代表事例だと感じています。
 これは時代の変遷によりどうしようもないものだと感じています。

 同じ松市の時にセリに出た苔梅。ずらりと並んでいます。非常に樹勢が良く、私も生け込み用に何本か競り落としました。

 まもなく正月。今年一年もいろいろと忙しい年でしたが、新年を新たな気持ちで迎えたいと思っています。