コロナ後の変化~グローバリズムから国内回帰と地産地消へ、そしてデフレからインフレへの転換へ~

 2020年初頭にコロナが国内で報道された後、第一波から第二波、第三波と続いていますが、未だに収束の気配が見えません。

 コロナ報道後、「人・物・金」のうち、まず「人」の流れが止まり、それが物流にも大きな影響を及ぼしています。
 日本も各国同様、コロナの対応に追われていますが、現状では多くの国と相互に入国制限措置を取っており、謂わば半鎖国状態となっています。人の流れが止まったため、航空便の便数が大幅に減り、その結果、花卉業界にも大きな影響を及ぼしています。

 現在、胡蝶蘭が切り花・鉢物ともに大幅に入荷が減っております。鉢物の胡蝶蘭の多くは苗を台湾で生育させ、それを国内の生産者が育てて出荷している構図となっていますが、コロナの影響で航空便が飛ばず、苗の入荷数量が減少しているとの話を伺っています。そのため、鉢物の胡蝶蘭の入荷が少なくなっており、必然的に価格も上昇傾向となっています。

 また、切り花の胡蝶蘭も台湾産や中国産などの輸入物が多く入荷していましたが、やはりコロナの影響で航空便が飛ばず、入荷量が減ったために価格が上昇傾向となっています。

 弊社では基本的に輸入品は使わないのですが、台湾産の胡蝶蘭やオンシジュームなどは品質が比較的高く、量も確保できるため、これらに限っては弊社でも積極的に取り扱っています(国内産オンシジュームは静岡県の一部など、生産地・生産量が極めて限定されており、通年での確保が難しい点があります)。


 しかしながら安価な輸入花卉の減少は、国内の花卉生産への回帰にも繋がっておりますが、価格の上昇傾向にも繋がっており、花卉の仕入れに関してはデフレからインフレへ転換したのを肌で感じています。

 また、国内の運送料も値上がりしており、先日ブログで取り上げた熊本県産のかすみ草や長崎県の大輪ガーベラなども、輸送費を加味すると採算が合わず、価格交渉で難儀し、入荷が止まっているものもあります。

 一方で、以前ブログ記事「コロナ後の変化~生産者の単一商品作物からの脱却の流れ~」で記載したように、単一商品で勝負する産地が苦境に立たされています。

 そのため、例えば山形県の百合生産者、池野さんは今年から百合だけでなく、一部ではありますがユーカリも併せて栽培するようになりました。池野さんはコロナの影響でブライダル需要が減少したたため、ユーカリも含め、百合以外の品種も栽培する方向で取り組んでいます。
 これらの生産者の動きが結果的に海外からの花卉輸入減少分をカバーし、葉物類を含めた多品種生産の国内回帰へと繋がっています。

 また、輸送費の高騰が結果として地産地消による地元での消費行動へと繋がってきており、先述の池野さんの百合や二本松の武藤さんのスプレー菊など、近隣県や福島県で生産したものを当店でもより積極的に使用する方向にシフトしています。

 二本松の武藤さんはスプレー菊以外にも、ヒマワリや葉ボタン、ストックなども生産しており、まさしく地産地消を具現化するような動きとなっています。


 パラダイムシフトが2020年に訪れるとネットの掲示板で今から5年以上も前から話題になっていましたが、まさかコロナがここまで社会に影響を及ぼすとは考えもつきませんでした。

 そして一度できたこの流れは止まることなく、より加速するように感じています。グローバリズムから国内回帰へ、そして地産地消へという流れ。一方で、30年続いたデフレからインフレへの転換が今、訪れています。

 社会の構造も、そして人々の考え方も、今後ますます時代に対応しながら変化していくと思われます。私自身も、花卉業界の一員として、時代に即しながら臨機応変に対応しつつ、よりベストな方向へと進んでいかなければならないと考えております。

次の記事

松市