季節の花たち

正月の花材、松

 正月の縁起物として、また、日本人になじみ深い花材として松が上げられます。
 しかし、松と一口に言っても種類が豊富であり、若松、根引松、三光松(さんこうまつ)、大王松(だいおうしょう)、カラゲ松、五葉松、赤松など、市場に流通する代表的な松を取ってみても、多くのものがあります。

 ここでは、生け込みの画像を交えながら、松の一部をご紹介したいと思います。

 代表的な松として、上記画像の若松があります。若松は黒松の徒長苗です。若松は1等から3等までの等級がありますが、等級区分は品質ではなく、太さや長さとなります。

 生け込みでは1等や2等の若松を使いますが、アレンジでは1等や2等は太すぎますので、3等の細めのものを多く使います。3等より更に細くて短い若松はカラゲ松と言います。こちらもアレンジ等に使います。

 上記画像は黒松です。若松が成長したものです。若松と大分違う形ですが、同じ品種です。しかし、生け込みに使うとまた違った雰囲気になりますね。

 続いて大王松(だいおうしょう)。こちらは葉っぱのボリュームがあります。幹も太く、アレンジには不適です。主に生け込み用に使われます。

 大王松は、松類の中では世界一長い葉を持つ、北アメリカを原産とする松です。巨木になり、松ぼっくりも巨大です。
 まさしく松の大王です。

こちらも大王松。中央部分に入れてみました。

 こちらは奥が三光松。手前が大王松。

 三光松が分かりづらいので後ろから撮影。三光松は、葉がポッ、ポッと締まった形でまとまって出ています。幹の長さや太さは色々なものが流通していますので、生け込みからアレンジまで幅広く使われます。

 松はまだまだ種類があり、ご紹介したものはほんの一部です。当店も多くの種類の松を年末に取り扱っております。単品販売も致しますので、ご入用の際には、お気軽にお申し付け下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA