生花店での桜の取り扱いはなぜ1月~3月に可能なのか?

 4月となり、桜が満開の季節となりました。

 生花店では通常、1月から3月頃までが桜の流通期間となります。4月以降は、生産者に注文しない限りあまりセリにかかることもなく、流通もほとんどありません。

 切り花の桜の産地は主に山形県や青森県など。では何故寒い地域で1月から3月に出荷できるのかと疑問に思われる方も多いと思います。

 基本的には冬期間に枝を切り、それを暖かいビニールハウスなどに保管すると枝から花芽が出て、1月や3月などの寒い期間に出荷できるようになります。

 ポイントは冬の寒さ。山形県や青森県は冬の訪れが早く、8度以下の寒い時期が長期間続きます。
桜は特性として、枝を切る前に8度以下の寒い期間が3週間以上なければならず、それが厳冬地域での桜の冬期出荷が可能な理由となっております。

 上記写真は今年の2月に山形県のユリ生産者の池野さんの圃場へ伺ったところ。福島県からは奥羽山脈を越えて反対側ですが、雪も多く寒さがこの日は10℃以上違っていました。

 ビニールハウス等がなければ冬には何も生産できないと考えがちですが、地域特性を捉えて、青森県や山形県などの厳冬期が続く地域で桜の枝物の生産に力を入れている点はさすがだなと感じています。

 この写真は卒業式に合わせて仕入れた桜の枝物。約2mの東海桜です。もちろんこのままで右から左に商品としてお客様にお渡しする訳ではなく、加工が必要です。

 その2mの東海桜を加工して作ったのがこちらの生け込み。花が満開の状態で、華やかな生け込みとなっています。

 東海桜は青森県産、葉物のキキョウランは八丈島産、トルコキキョウ=熊本県産、チューリップ=新潟県産、アレカヤシ=沖縄県産、アルストロメリア=愛知県産と、日本列島の北から南までの花材を使っての生け込みです。

 こちらは猪苗代湖の朝の風景。郡山市湖南側から磐梯山に向かって撮影しました。

 いよいよ桜も満開から散り始め、本格的な春がやってきました。1月~3月にはフラワーショップ アリスでも桜を豊富に取り扱っております。春を先取りで、部屋に桜の枝物を飾ってみるのもいいものですよ。