珍しい花材「黒ほおずき」と花材の組み合わせ ~彩度・明度・補色の関係を意識して~

 フラワーアレンジメントや生け込みは、漫然と制作してもきれいなものができません。やはり理論的な裏付けのある配色・構成から制作へのアプローチを行う必要があります。

 フラワーショップ アリスでは、補色や3色配色、彩度・明度などの視点から制作へのアプローチを行い、お客様にご満足いただけるような商品作りを目指しております。

 ここでは彩度・明度・補色と花材の関係を中心に話を展開していきます。

珍しい花材「黒ほおずき」と花材の組み合わせ ~彩度・明度・補色の関係を意識して~

 今回は、『珍しい花材「黒ほおずき」と花材の組み合わせ ~彩度・明度・補色の関係を意識して~』と題して、「秋の実物」をテーマに生け込みを行いました。

 使用した実物は「黒ほおずき」と「野バラ」。色合いが違う両者ですが、補色や彩度、明度を意識しながらの生け込みです。

珍しい花材「黒ほおずき」と「陽表」「陽裏」

 珍しい花材「黒ほおずき」が入荷しました。黒ほおずきは南米ペルーやチリに自生する植物ですが、一般的に流通する「ほおずき」とは別属で、同じ仲間ではありません。

 しかし、何となくその実が、朱色のほおずきと似ています。
 この黒ほおずきは花もきれいで、ブルーのなんとも言えない色合いが、黒とグリーンの中で一際目立っています。

 この黒ほおずき、陽表(ひおもて)と陽裏(ひうら)があります。つまり、太陽に当たっている面が黒っぽく(陽表)、当たらない場所はグリーンのまま(陽裏)になっています。

 下の写真は同じ黒ほおずきの表と裏を撮影したものです。陽表と陽裏がはっきりしています。
 こういった陽表と陽裏がはっきりしている花材は、この「陽表」が見えるように生けることが大切になってきます。

黒と赤の組み合わせ

 この黒ほおずき、単品でまとめて壺に生けてみるのもいいと思いますが、今回は赤い野バラと組み合わせてみました。

 黒と赤は補色関係ではありませんが、相性がいい組み合わせとなります。また、黒ほおずきは陽裏の部分がグリーンのため、グリーンと補色関係にあるピンクの紫陽花も生け込みました。ピンクと赤は当然ながら類似色のためよく調和します。

 上の写真の中央部分、はっきりした明るい赤の花材はグロリオサ。
 野バラはやや彩度が低い赤になりますが、こちらのグロリオサ、明度が高いはっきりした明るい赤になっています。

 「黒い花材」はそもそも種類が少なく、参考となる花材の組み合わせパターンがあまりありません。
 しかしながら、黒と赤をベースに組み合わせを構成してみると、全体としてきれいにまとまると思います。

色合いの関係を図示すると

 色合いの関係を図示すると、以下のようになります。

黒ほおずき(陽表)

無彩色・重量感、陽表として前面に出る色

野バラ・グロリオサ・紫陽花・ドラセナ(アトムピンクのピンクの部分)

ピンク

華やかさ・類似色、黒との心理的なコントラスト、グリーンとの補色関係

黒ほおずき(陽裏)・ドラセナ(アトムピンクのグリーンの部分)

グリーン

植物として自然な色合い、陽裏として前面に出ない色、赤・ピンクとの補色関係

 今回はこれら花材をベースに産地訪問で伺った沖縄県の山内さんのドラセナ「アトムピンク」と染雪柳を入れ、ボリューム感も出してみました。

まとめ

 黒の花材は少ないですが、黒が持つ「無彩色・重量感」と赤が持つ「華やかさ」の色彩を組み合わせると、コントラストとしてまとまり、全体としてきれいな作品になると思います。

 併せて、赤の補色関係であるグリーンを入れることにより、赤がより引き立つようにしました。

 今回は「秋の実物」がテーマの生け込みですので、彩度が低い「赤」の野バラを入れることで「秋らしい」色合いとなっていますが、一部、明度の高い「赤」のグロリオサを入れることで、赤同士でのコントラストも出しました。

 細かい花同士では往々にして「うるさい感じ」になりがちですが、色彩を意識して統一感を出せれば、細かい花同士でも調和の取れた生け込みに仕上がります。

秋をテーマにした生け込み

 前回の生け込み(下の写真)とはまた違った生け込みとなりましたが、まもなく11月。冬直前となっていますが、紅葉は最盛期を迎えています。

 今回は、黒ほおずきをメインに据え、色合いの構成を考える上で、この時期に出る花材としての野バラ・グロリオサ・紫陽花を組み合わせながら、複合的な色彩配色の生け込みを行いました。

使用花材

・野バラ・黒ほおずき・紫陽花・ドラセナ「アトムピンク」・染雪柳・グロリオサ