最新情報・各種ご案内

サントリー遺伝子組み換えカーネーション「ムーンダスト」シリーズ

 本日(3月2日)、当店へサントリー株式会社の系列であるサントリーフラワーズ株式会社の滝澤さんにお越し頂きました。

 上記写真の「青いカーネーション」は数種類ありますが、総称して「ムーンダスト」と呼ばる、サントリーの遺伝子組み換え技術で完成した、自然界にはない色合いのカーネーションとなります。

 当店でも既に10年以上取り扱っており、一年間を通して欠かさずに使わせていただいている定番の商品となります。

 ムーンダストは常春の気候条件のコロンビア、及びエクアドルで生産されている輸入品となります。しかしながら、全生産量のうちのトップクオリティ10%のみを厳選して日本へ輸出していますので、品質についてはご安心下さい。
 以前は北海道などの国内でも生産していましたが、現在は気候条件がムーンダストに一番適している中米での生産に切り替えています。

 滝澤さんからは、サントリーフラワーズ株式会社のホームページに記載していない、新品種のカーネーションがあるという話をいただきました。そこで、さっそく30本入りを2種類、当店へ直接送っていただくようお願いしました。
 恐らく、福島県内では初めての入荷となりますので、入荷しましたら当ブログにて掲載したいと考えております(開発したばかりで、生産量はかなり少ないようです)。

 また、サントリー株式会社が開発した「青い薔薇」も送っていただくようお願いしました。私もまだ実物を見たことがありませんので、非常に楽しみにしております。

 「青い薔薇」は店頭売りで1本3000円(税抜き)もします。香りがする薔薇のようで、その香りも甘い匂いではなく、柑橘系の匂いがするそうです。

 滝澤さんの話によると、原種が香りのする薔薇だったとのこと、また、青い色素を遺伝子組み換えで組み込んだ時に、その香りのする薔薇が一番「青い薔薇」として色合いがよかったとのことでの採用だそうです。

 その他、面白い話を色々と聞かせていただきました。守秘義務があり、どうしても指定された告知期間でしかお話しできない話もありますので、時期が来ましたら当ブログにてもご紹介したいと思います。

 サントリーフラワーズ株式会社 滝澤様、本日は遠方よりお越し頂き、ありがとうございました。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA