トーンイントーン~淡い紫と赤の組み合わせ~

フラワーアレンジメントや生け込みは、漫然と制作してもきれいなものができません。やはり理論的な裏付けのある配色・構成から制作へのアプローチを行う必要があります。

 フラワーショップ アリスでは、補色や3色配色、彩度・明度などの視点から制作へのアプローチを行い、お客様にご満足いただけるような商品作りを目指しております。

 ここではトーンイントーンを中心に話を展開していきます。

トーンイントーン~淡い紫と赤の組み合わせ~

 色相環で隣同士の色の組み合わせのことをトーンイントーンとも呼びますが、今回ご紹介するのは、淡い紫と赤の組み合わせを中心とした生け込みです。

 以前、「トーンイントーン ~緑と黄色の組み合わせ~」の記事でアレンジをご紹介しましたが、今回は淡い紫と赤の組み合わせについてとなります。

 下の画像は12色の色相環図。赤と紫、緑とキロ、オレンジと赤などの類似トーンの組み合わせがトーンイントーンの代表的なものとなります。

淡い紫の花材と赤の花材

紫の花材:デルフィニウム「トリプルラベンダー」

 生け込みの中心には北海道産デルフィニウム「トリトンラベンダー」を据えました。デルフィニウムは以前ご紹介した山形の進藤さんのものもいいですが、通年で流通する北海道産も非常に品質が高く、豪華な花材となります。

サントリー遺伝子組み換えカーネーション「ムーンダストシャンパン」

 今回はデルフィニウムを基調に、紫のグラジオラス、そして先日ご来店いただいたサントリーフラワーズ株式会社様から送っていただいた新品種「ムーンダストシャンパン」をさっそく生けてみました。

 ムーンダストシャンパンは2種類ありますが、従来の遺伝子組み換えカーネーションの流れを継承した斑入りのブルーカーネーションとなります。

 恐らく県内初入荷となります。斑入りがシャンパンの泡を連想するきれいな色合いのカーネーションです。
 ネーミングもいいですね。

 今回はデルフィニウムに色合いを合わせるため、薄い色合いのムーンダストシャンパンを使用してみました。

赤の花材:ドラセナ「アトム」

 更に今回は、トーンイントーンを意識し、淡い紫に合う赤の花材選定を行いました。

 今回は赤のドラセナを使用しましたが、この赤のドラセナは、先日の沖縄の産地訪問で伺った山内さんが生産した「アトム」となります。

 ただ、生け込みのドラセナ全てをこの「アトム」にしてしまうと色がきつくなってしまいますので、中間にはグリーンのドラセナを入れ、ボリューム感と色の変化を付けてみました。

 ちなみにグリーンと赤は補色関係となりますので、「赤」の色合いを引き出すために、補色であるグリーンは効果的な色合いとなります。

赤の花材:キングプロテア

 中央部分にはポイントとして赤のキングプロテアを入れました。また、白い小さな花は雪柳となります。

 白は無彩色のため、どんな色とも溶け込みます。今回は「赤」がややきつめの色のため、白の雪柳を入れることにより、全体的に柔らかい感じにすることができました。

淡い紫の花材と適した配色

 淡い紫の花材は、花材全体を見回しても少ない方です。そのため、淡い紫を生ける際に、その色に合う花材、合う色合いもなかなか思いつかないかもしれません。
 そんな時には色相環から類似色同士の組み合わせであるトーンイントーンを類推すれば、自ずと合う色、合う花材も見つかると思います。

 淡い紫はなんとなく気品があり、優雅さと豪華さが漂います。そんな淡い紫を赤で引き立ててみるのもいいものですね。

使用花材

デルフィニウム(北海道産)、ドラセナ2種類(沖縄産)、グラジオラス(鹿児島産)、キングプロテア(オーストラリア産)、サントリーブルーカーネーション(コロンビア産)、ロベ(東京都八丈島産)、雪柳(福島県産)