薔薇

染めバラのメリット・デメリット

 先日、お客様から染めた青バラの花束はありますか?とのお問い合わせを受けました。
 染料を吸わせた染めバラは現在、国内の産地ではほとんど生産しておらず、輸入品が主となります。

 今回、当店にあるオレンジバラ(カルビディーム)と業務用の青の染料で試しに12時間ほど吸わせてみましたが、イメージ的にはこのような写真のように仕上がります。

 白バラではもっときれいに青く染まると思いますが、今回は白バラが手元になかったため、上記写真のカルビディームでの染色となりました。

 半日吸わせましたが、オレンジバラの面影はすっかり消え失せ、見事に「ブルー」の色合いになっています(元々がオレンジバラだったため、ややグリーンとも言えますが…)。

 更に数時間以上吸わせれば、オレンジバラといえども、もっと青色に近づくと思います。

 次に、染めバラのメリット・デメリットを述べたいと思います。

(メリット)
・そもそも「青い」バラというものは自然界に存在しません。また、サントリーの遺伝子組み換えで作ったブルーローズ・アプローズは、1本あたりが税込み3300円と高額で、強香性のため日持ちも悪く、なかなかお手軽には入手できません。

 染めバラは1本あたり440円程度と、ブルーローズ・アプローズに比べれば圧倒的に安い点が上げられます。この金額なら、染めバラだけでの花束も数千円の金額でできます。

・自然界にない色合いなので、もちろん貰った方のインパクトは大きいです。きっと印象に残ること、間違いないと思われます。

(デメリット)
・染料を吸わせているため、やはり通常の状態のバラよりも日持ちがしません。体感的には通常のバラが1週間~2週間持つとすれば、5日ぐらいでしょうか。もちろん体感なのでピタリとはいきませんが、染料を吸わせた分、持ちません。

・花だけでなく、葉も青くなります(下の写真参照)。バラによって、また個体差によってばらつきはありますが、染料が花だけでなく葉にも回ります。

・ご要望があれば当店にて白バラ等を染めることはできますが、生産者から購入しようとすると、基本的に国内産は無く、輸入品だけになってしまいます。

 輸入品は輸送の段階で航空便であっても日数を要しますので、ただでさえ日持ちがしない染めバラの鑑賞期間がより短くなってしまいます。

・バラにも個体差があるため、全く同じ染め上がりになる保証ができません。人と同じように同じバラであっても個体差があります。ほぼ同じようにはできますが、「全く同じ」ようにはなりません。

・染め上がるまで半日以上を要しますので、至急のご要望には対応できません。また、白バラは常時入荷しておりませんので、白バラで染めてほしいとの至急案件にも対応できません。
 ただし、事前にご予約いただければ対応できますのでご安心ください。

・染めバラに関してはキャンセルができません。ご予約いただいた段階で、キャンセル不可のご注文となります。
 また、上記のようなバラの個体差もありますので、イメージと違う・染め上がりにバラツキがある等の理由やお客様都合による返品もできません。


 今回は、染めバラのメリット・デメリットについてまとめてみました。

 自然界にはない色合いですので、貰った方のインパクトは大きく、きっと驚かれ、喜ばれると思います。

 もしご注文される場合は、メリットとデメリットを勘案していただき、それでもよければ当店にて対応できますので、その点はご安心下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA