ひまわり100本花束の制作

 ひまわり100本花束の制作を行いました。

 今回は10月初旬にヒマワリ100本の花束のご注文を、お客様から7月の時点で頂いていました。そのため、生産者にハウスでの植え付けから発注を行った、完全フルオーダーメイドでお作りしました。

フラワー君

露地栽培のひまわりは、茎が雨に直接当たることで黒っぽくなる場合があります。今回は特注品のハウス栽培なので、茎もきれいな色になっています。

ひまわり100本花束の制作

 このひまわりは二本松市の武藤さんが栽培したものです。7月の時点でご注文があったため、特注で作ってもらった質のいいひまわりとなります。

 通常ひまわりの流通は9月末頃には終わりとなりますが、今回は10月の日時指定のご注文でしたので、この日に合わせてのフルオーダーメイドとなります。

 植え付けの段階からひまわり100本花束の作成に使うと生産者側に伝えておりましたので、ひまわりの大きさも小さすぎず、大きすぎず、抜群のサイズとなっています。

ひまわり100本花束の制作過程

 テーブルにずらりと並んだ100本ひまわり。これを組んでいきます。

スパイラルに組む

 100本をスパイラルに組んだ状態。仮止めで輪ゴムを使用していますが、この後、麻紐で固定します。

 ひまわり花束の下側。この後、水を含ませてラッピングに取りかかります。

ラッピング

 ラッピング中。100本となるとかなりの重量となるため、最終的には2人がかりでの作業となります。

 豪華なリボンもお付けしました。

 敢えてきれいな茎も見せるようラッピングしました。豪華な仕上がりとなっています。

 身長170cmの男性が持つとこんな感じです。かなりずっしりとした重さがありますが、貰った方もかなり驚かれ、喜ばれると思います。

フラワー君

今回は植え付けから発注したフルオーダーメイドです。特別質のいいひまわりをご用意しました。

アリスちゃん

もらった方もきっと驚かれ、喜ばれること間違いないと思います。