季節の花たち

春の花(ラナンキュラス・ミモザ・フリージア)を入れたアレンジ

 春の花(ラナンキュラス・ミモザ・フリージア)を入れてアレンジを作りました。

 ラナンキュラスはバラに似た形状の八重の花です。2月から3月にかけてが切り花の最盛期で、季節限定の商品となります。
 色も多様ですが、このふんわりと開く感じがとっても魅力的ですね。

 バラは2種類使用しました。ピンク色の一輪バラはブロッサムピンク、赤のスプレーバラはファイアーキングです。

 ファイアーキングは棘が多く、処理するのに多少の手間がかかりますが、明るい赤でよく日保ちのするいいバラです。

 ブロッサムピンクは定番のピンク一輪バラです。色合いも優しく、取り扱いのしやすいバラです。ともに愛知県豊橋市、ひまわり農協部会から出荷されたバラとなります(産地訪問の様子はこちらから)。

 紫カーネーションはサントリーが開発した遺伝子組み換えカーネーション「ライラックブルー」です。
 この紫カーネーションもよく日持ちします。

 今回はミモザをカスミ草の代わりとして使用してみました。
 また、上部のフリージアから下部のミモザまで、黄色の色を繋いでみました。

 下の写真は上から見た図です。
 華やかな色合いです。スイートピーやアルストロメリア、大輪ガーベラも入り、ボリューム十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA