季節の花たち

正月の花材、松

 正月の縁起物として、また、日本人になじみ深い花材として松が上げられます。
 しかし、松と一口に言っても種類が豊富であり、若松、根引松、三光松(さんこうまつ)、大王松(だいおうしょう)、カラゲ松、五葉松、赤松など、市場に流通する代表的な松を取ってみても、多くのものがあります。

 ここでは、生け込みの画像を交えながら、松の一部をご紹介したいと思います。

 代表的な松として、上記画像の若松があります。若松は黒松の徒長苗です。若松は1等から3等までの等級がありますが、等級区分は品質ではなく、太さや長さとなります。

 生け込みでは1等や2等の若松を使いますが、アレンジでは1等や2等は太すぎますので、3等の細めのものを多く使います。3等より更に細くて短い若松はカラゲ松と言います。こちらもアレンジ等に使います。

 上記画像は黒松です。若松が成長したものです。若松と大分違う形ですが、同じ品種です。しかし、生け込みに使うとまた違った雰囲気になりますね。

 続いて大王松(だいおうしょう)。こちらは葉っぱのボリュームがあります。幹も太く、アレンジには不適です。主に生け込み用に使われます。

 大王松は、松類の中では世界一長い葉を持つ、北アメリカを原産とする松です。巨木になり、松ぼっくりも巨大です。
 まさしく松の大王です。

こちらも大王松。中央部分に入れてみました。

 こちらは奥が三光松。手前が大王松。

 三光松が分かりづらいので後ろから撮影。三光松は、葉がポッ、ポッと締まった形でまとまって出ています。幹の長さや太さは色々なものが流通していますので、生け込みからアレンジまで幅広く使われます。

 松はまだまだ種類があり、ご紹介したものはほんの一部です。当店も多くの種類の松を年末に取り扱っております。単品販売も致しますので、ご入用の際には、お気軽にお申し付け下さい。

アレンジ教室

アレンジ教室を行いました。

 令和元年12月27日、 JA福島さくら郡山地区女性部 片平・三穂田地区の方々を対象に、正月用アレンジメント教室を行いました。

  午前と午後の2回に分かれて、多くの方々に参加していただき、誠にありがとうございました。

 今回は春の花の先取りでチューリップも花材として用意しました。
 チューリップは横にすると起き上がる性質があるので、生ける時もなるべく横にしないで真っ直ぐに挿すことをお伝えしました。(チューリップが入った花束も、購入した後に横にしたまま次の日を迎えると、チューリップだけが起き上がってしまい、花束の形が崩れてしまうことがあります。)

 下の写真は講師のサンプルアレンジ(2種類)です。

 集中してアレンジ制作を行っています。

 完成後の満面の笑みがいいですね。
 今年も素晴らしいアレンジができました。どうぞよいお年をお迎え下さい。

最新情報・各種ご案内

大人気の正月用アレンジ、今年もたくさんご用意しております。

 今年もあっという間に年の瀬となってしまいました。一年間の感謝を込めて、今年も大人気の正月アレンジをたくさんご用意しております。

 自宅用だけでなく、ちょっとしたご挨拶にも最適な正月用アレンジです。花材も豊富にご用意しております。ご来店、お待ちしております!

 12月31日まで営業しておりますので、ご安心下さい。

アレンジ教室

アレンジ教室を行いました。

 令和元年12月26日、JA福島さくら郡山地区女性部 多田野・河内地区の方々を対象に、正月用アレンジメント教室を行いました。

 午前と午後の2回に分かれて、多くの方々に参加していただき、ありがとうございました。

 今回は色付きの葉ボタンも花材として用意しました。ピンクやグリーン、青などの染料で染まっているため、参加者の方々は次々と「色を(表面から)塗ったのかい?」などと質問されていましたが、実はこの葉ボタンは染料を根から吸わせています。
 葉ボタンがきれいに染まっていることに、みなさん驚かれていました。

  下の写真は講師のサンプルアレンジ(2種類)です。

 アレンジに入れる花材の本数も多い中、楽しみながら、尚且つ真剣にアレンジ制作を行っていただきました。

 毎年参加されている方々がほとんどなため、年々技術が向上しています。
 今年も素晴らしいアレンジができました。来年もよい年をお迎え下さい。

 アレンジ教室後の談笑も楽しかったです。お茶菓子、ごちそうさまでした。

季節の花たち

珍しい花材、エリンジューム(ブルーダイナマイト)との補色・明度の対比を中心に

 今回は珍しい花材としてエリンジュームを生けてみました。生け込み画像の下側にある青い花材がエリンジュームです。  

 ドライフラワーにも利用されるエリンジュームですが、金属質のような固い質感を醸し出しています。
 
 このエリンジュームはオランダからの輸入品ですが、流通量が少なく、当店でもあまり取り扱わない、珍しい花材となっております。

 先日ご来店いただいたお客様は一輪挿しにとエリンジュームとグリーントルコキキョウをお選びいただきました。

 グリーントルコキキョウともよく合いますが、今回は補色と明度の対比を強調するために、グロリオサと組み合わせてみました。

 エリンジュームは青緑の様な色合いですが、補色としてグロリオサの黄色、そして赤と対比させることにより、グロリオサがより際立つように、そしてエリンジュームが浮き出てくるようにしてみました。

 また、エリンジュームは金属のような光沢感がありますが、明度が低く、落ち着いた色となっています。一方でグロリオサの彩度や明度が高いことによる色合いの対比も面白く感じます。

 今回、生け込みを作成するにあたり、エリンジュームとの組み合わせを色々と試してみました。普段、こういった青緑色の花材と他の花材との組み合わせがないので悩みました。

 エリンジュームは金属のような光沢感・質感があるが、意外と明度が低いこと。明度が低い花材同士で組み合わせても、暗い印象だけが残り、パッとしなくなること。一見青っぽく見えるが、白もあり黒もあり、青もありつつ緑もある、見る角度と光の反射で多様な表情を見せる花材であること。
 以上の点から、組み合わせを考える上では結構、難しい花材だと感じています。

 花単体でのよさももちろんありますが、入荷したばかりの状態では、そのよさが引き立ちません。何の花材と組み合わせれば、その花材のよさが引き立つのか。そこが花を取り扱っている際の面白さかもしれません。

 今回はエリンジュームとグロリオサの補色・明度の対比を中心に、スナップ、アルストロメリア、ドラセナ、ヒムロスギ、アレカヤシを生け込みました。

アレンジ教室

アレンジ教室を行いました。

 令和元年12月24日、JA福島さくら郡山地区女性部中部・西部地区の方々を対象に、正月用アレンジメント教室を行いました。

 午前と午後の2回に分けて、総勢53名の方々に参加していただき、ありがとうございました。

 今年は千両の表年であり、本来は豊作のはずなのですが、主要な産地である茨城県と千葉県が洪水と台風被害で壊滅的な打撃を受け、大幅な品薄状態となってしまいました。

 そこで今回は、千両だけでなく、南天もアレンジに組み入れながらのアレンジ制作を行っていただきました。
 下の写真は講師のサンプルアレンジです。

 アレンジを置く場所を想定しながら、松の高さを決めてからの制作が始まりました。
 この正月用アレンジ教室に何年も参加されている方も多く、ちょっとしたコツを伝えただけで、素晴らしい作品を作ることができました。

 今年は水害も含め、多くの方々がたいへんな思いをして過ごした一年でした。年に一回のアレンジ作りとなりますが、来年はきっとよい年になることを信じて、思い思いの素晴らしい正月用アレンジを飾ってみてください。

 ありがとうございました。

季節の花たち

ダリアを入れて(花束)

 ダリア(ムーンストーン)を入れて花束を作ってみました。
 
 ダリアの露地物は初夏から秋にかけてが最盛期となりますが、ハウス栽培も含めると、通年で入手できる花材となります (ただし、入荷量は少ないですが…) 。

 種類も豊富で、真っ赤なダリアもあれば、このダリアのような淡い紫や複色のものもあります。
 
 ボリューム感・美しさでは最高の花ですが、残念ながらダリアの欠点は日保ちがしないこと、これに尽きます。
 日保ちの期間は個体差もありますが、市場から仕入れして5~7日ぐらいしか保たない印象です。

 近年はダリアに吹きかけると日保ちが倍に伸びる薬剤もあり、当店も使用していますが、残念ながら業務用であり、一般には流通していません。

 日保ちの点では及第点のダリアですが、これも特性ですから仕方がないものです。(仮に特性として水揚げ後、10日~2週間ほど必ず保つのであれば、当店も毎回必ず仕入れるのですが….。)

 色合いはサントリーが開発した遺伝子組み換えカーネーション「ムーンダスト・プリンセスブルー」に非常によく似ていますね。

 自然界ではなかなかこのような淡い紫の色の花がありません。一方で、紫や青が入ると花束でもアレンジでも色が締まるため、重宝しています。

 他に似た色合いを持つ花はトルコキキョウやスターチス、アルストロメリアの一部などとなりますが、用途等に応じて適時使い分けております。

 先日ご紹介したディスバットマムはダリアと見間違うくらい形状や色合いが似ているものもあり、当店も積極的に取り扱っております。

 ディスバットマムがダリアと決定的に違うのは、やはり葉ですね。葉を見れば、やはり菊科だと納得します。さすがにこちらは菊だけに、日保ちは十分です。

花のお手入れポイント

シンビジウムのお手入れポイント

 12月上旬頃から2月頃にかけて、品質のいいシンビジウムが入荷します。
 ご注文の流れの中で、胡蝶蘭に代わる寒さに強いランとしてご紹介させていただいたものがこのシンビジウムです。

 ここでは、簡単になりますが、お手入れのポイントをまとめていきたいと思います。

1.原産国

 インドからマレーシアにかけての東南アジアに自生する厚葉系、中国に自生する東洋ラン系、インドからミャンマーにかけての山岳地帯に自生する洋ラン系の3種となります。

 原産国では標高1000~1500mの高地に自生するため、その環境を再現していく事がポイントです。

2.冬場の管理

 シンビジウムは洋ランの中でも比較的水が好きな植物ですが、冬場は目安として3~4日に1回ほどの水やりで構いません。毎日水をやってしまうと、根腐れすることもあります。

 寒さに強いランですが、夜間の気温が5度以下になるとよくありません。玄関も夜寒くなりすぎるという点と日光不足になる点で、置きっぱなしにすることはおすすめしません。

 また、高温を嫌いますので、冬場の日中や夜間に25度以上になるような暖房の効き過ぎる部屋もよくありません。

 花の寿命は90~100日ほどですが、長く咲かせておくと株が疲れて痛んでしまいます。1か月ほど鑑賞した後に花茎を切って切り花にし、株を弱らせないようにすると翌年も新芽が出、開花します。

 日中は窓越しでも日光に当てた方が株もしっかりとし、開花後に花がよい色となります。 
 また、シンビジウムは花の咲いている時は生長が止まっていますので、肥料はいりません。

3.夏場の管理

 最低気温が10度以上になりましたら、戸外に出すことをおすすめします。戸外に出す場合には、風通しがよく、直射日光が1日6時間は当たる場所に置くといいです。ただし、真夏は葉焼けをしてしまいますので、遮光をして少し弱い日光が当たるようにすると、新芽を作るための養分ができます。

 夕方頃に株にシャワーをし、鉢の周囲にも水をたくさんまき涼しくすると、花芽の数も増えます。また、夏場は生長期になりますので、肥料をたっぷり与えて下さい。

4.関連ページ

 胡蝶蘭のお手入れポイント
 アンスリウムのお手入れポイント
 シクラメンのお手入れポイント
 デンドロビウム(ノビル系)のお手入れポイント

 当店では、季節限定商品となりますが、1万円台前半から後半ぐらいまでのシンビジウムを中心に取り揃えております。年末のお歳暮用や厳冬期の開店お祝い・お悔やみなどの贈答用に非常に人気のあるシンビジウムです。

 シンビジウムをお求めの際には、是非とも一度当店にお立ち寄り下さい。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。


 

アレンジ教室

アレンジ教室を行いました。

 令和元年12月12日、JA福島さくら郡山地区女性部西田支部の方々を対象に、正月用アレンジメント教室を行いました。

 アレンジメント教室に毎年来て頂いている方も多く、年々技術も向上してきました。そこで今回はより造形の楽しさを味わっていただこうと、キキョウランをアレンジに組み入れてみました。
 下の写真は、講師のサンプルアレンジです。

 キキョウランを伸ばしたり、止めたり、丸めたりと創意工夫をしながら、楽しんで参加していただきました。松やバラのバランスなどにも気を付けながら、思い思いのアレンジを作ることができました。

 本日はありがとうございました。