花のお手入れポイント, 鉢物

シクラメンのお手入れポイント

 11月中・下旬から12月中旬にかけて、品質のいいシクラメンが入荷します。
 ここでは、簡単になりますが、お手入れのポイントをまとめていきたいと思います。

1.原産国

 地中海沿岸の雨季と乾季が分かれる地域を原産とします。原産地では涼しい雨季に花が咲き、暑い乾期に休眠します。そのため、その環境を再現していくことがポイントです。

2.冬場の管理

 シクラメンは日光が好きなので、日中は窓際の日当たりがいいところに置いてください。ただし、耐寒品種であるガーデンシクラメンを除き、日本の寒すぎる冬に外に出すのはよくありません。

 室内気温が20度を超えてしまうと株が痛んでしまいます。15度~20度ぐらいまでが適温です。

 水のやり過ぎは根腐れの原因になってしまいますので、4~5日に1回ぐらいの水やりでいいと思います。また、温風ヒーターの風が直接当たったりすると、花がくたっと萎れてしまうことがありますが、その場合にはたっぷりと水を与えてください。(水を張ったバケツに入れるといいです。)

 花が咲き終わってそのままにしておくと、結実しますが、球根が老化します。そのため、種を取る目的がない場合には、一つ一つの花が咲き終わる度に花がらを摘み取り、種を付けないようにします。花弁の色が変わってきた時が、摘み取る適期です。

3.夏場の管理

 球根植物なので、花は枯れてしまいますが、球根だけは土の中で生きています。夏場は休眠期になりますので、水も肥料も一切与えない状態のまま、風通しの良い日陰で、雨に当たらせずに管理してください。

 気温が低下していくとともに、球根の生育は盛んになってきます。休眠後、そのまま育てていけば、また花を咲かせてくれます。

4.関連ページ

 胡蝶蘭のお手入れポイント
 アンスリウムのお手入れポイント
 シンビジウムのお手入れポイント
 デンドロビウム(ノビル系)のお手入れポイント

 当店では、季節限定商品となりますが、3000円台後半から1万円ぐらいまでのシクラメンを中心に取り揃えております。また、オーソドックスな単色形やきれいな複色系、人気のフリンジ咲きなど、多数ご用意しております。

 シクラメンをお求めの際には、是非とも一度当店にお立ち寄りください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA