フラワーアレンジメントとミモザ

 お客様からご注文頂いたフラワーアレンジメント。

 下の写真は上から撮影したものです。春の花として桃・小手丸・ミモザ・スイートピー・フリージア・チューリップを入れました。

 複色の一輪カーネーションはアクティバという名前です。個性的できれいな色のカーネーションですが、他の花材と合わせるのが案外難しい色合いです。しかし、今回は淡いピンクと黄色を主体にアレンジを作成しました。そのため、淡いピンクとクリーム色が入った複色のアクティバがよく調和します。

 バラは当社のInstagramにも掲載した「ファンシーローラ」を使用しました。
 また、アルストロメリアには「ブライダルピンク」を使用し、全体的に春らしい、柔らかい色合いに仕上げました。
 ピンク色のヒペリカムも入っています。

 どの花も入荷したばかりですので、日保ちも十分です。ご安心下さい。

 ミモザも入荷しました。静岡県浜松産の鮮度のいいミモザです。ミモザ単体での大きな花束もできるほど、十分な量を確保しています。

 店内もより一層春らしくなってきました。お近くにお越しの際には、是非ともご来店下さい。春の花づくしでお待ちしております。

この記事を書いた人

菊地充智
菊地充智代表取締役社長
こんにちは。フラワーショップ アリスの代表取締役、菊地 充智と申します。福島県本宮市出身で、元々は教員として子どもたちの教育に尽力していました。その経験は私にとって大切な基礎となり、人と心を通わせる重要性や、強い絆を築くことの意味を深く理解させてくれました。

2007年、私は新たな挑戦としてフラワーショップ アリスに加わりました。それ以来、花々と共に日々成長し、お客様に最善のサービスを提供するために常に努力しています。そして、花の美しさとそれぞれの物語をより深く理解し、お客様に届けるため、全国の花の産地を訪れています。

私の経営理念は、お客様に最高の満足を提供し、常に改善と修正を行いながら、お客様にとってベストの選択を追求することです。この理念は、私が書く文章にも反映されています。

皆さんが私の記事を通じて、花の世界の美しさや、そこに込められた物語を感じ取っていただければ幸いです。それが私が記事を書く大きなモチベーションとなっています。どうぞよろしくお願いいたします。