季節の花たち

春の花、桃を使ったアレンジ

 春の花が続々と入荷しています。1月中旬頃には桜が入荷しますが、2月前後からは桃も入荷します。

 桃の花は寒さに弱いため、室内の温度が低いと黒ずんだ色になってしまう恐れがあります。当店でもその点を考慮してやや遅めの仕入れ(2月中~下旬頃)をしていましたが、今年(2020年)は暖冬で春のような日差しと暖かさのため、いつもより早めに仕入れてみました(東北は寒いのです)。

 さっそく、アレンジを作ってみました。

 桃は濃いピングの色合いですが、黄色と合わせるとより春らしさを感じます。

 今回は愛知県産のスプレーバラ「クリーミーエデン」(写真上部)と組み合わせてみました。クリーミーエデンは優しい色合いの黄色で、卵形のような丸い花が特徴です。

 桃の枝には陽表(ひおもて)と陽裏(ひうら)があり、太陽が当たって生長した部分は色が赤みがかっており、太陽が当たらなかった場所は青々としています。赤みがかっている部分を陽表と言い、青々とした部分を陽裏と言います。下の写真は同じ枝の陽表と陽裏です。

 生ける時は、陽表の方が正面に来るようにすることが基本です。また、樹皮に弾力があり、矯めても元に戻ってしまう性質があるため、真っ直ぐ生けることが多い花材となります。

 今回は桃とバラ(クリーミーエデン)の他に、小手丸(こでまり)や淡い色合いのアルストロメリア、クリーミーエデンと同系色の大輪ガーベラ、黄色との補色関係にある紫のトルコキキョウなども入れてアレンジを作成しました。

 男性の方へのお祝いにということで、お客様もたいへん喜んで頂きました。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA