季節の花たち

1万円お祝い用フラワーアレンジメントとお客様の声

 開業お祝いに1万円のフラワーアレンジメントのご注文を頂きました。お客様のご要望としては、黄色・オレンジ系でとのお話でした。

 今回は、ご要望である黄色・オレンジの花材に加え、補色であるブルーを入れてのアレンジをお作りしました。

 オレンジの花材としては、愛知県JAひまわり産のバラであるカルビデュームと長崎県産の大輪ガーベラ。

 黄色の花材としては、同じく愛知県JAひまわり産のスプレーバラであるサラと長野県産のアルストロメリアを使用しました。

 黄色とオレンジの中間色のような位置付けの花材として、一輪カーネーション「アクティバ」を埋め込みに、そしてアンスリウムをやや飛び出しに使用しました。

 全体を黄色・オレンジのみで構成することもできましたが、やはりブルーを入れないと全体の締まりがなくなるため、デルフィニウムとトルコキキョウ、サントリーブルーカーネーション「ムーンダスト」を組み入れました。

 全体の締まりがなくなるというのは、所謂花屋の感覚のようなものですが、「青」を入れるだけで違うんですよね~。これは、日に何度も何十回もアレンジや花束を作ってみると、感覚的に分かる結果のようなものです。そう、「ブルー」を入れると違うんです。

 もちろん単色の赤バラの花束とか、ピンクの一輪バラの花束などでは「ブルー」の入る余地はありませんが、多様な花材を入れるアレンジメントでは、その「ブルー」の効果が非常に高いものになります。

 今回は特にその「ブルー」が、黄色やオレンジとの補色関係になるため、効果がより鮮明に出ました。

 百合に関してはお祝い事なのでピンクも一瞬考えましたが、全体の色合い構成が「黄・オレンジ・ブルー」と既に3色となっており、更にピンクを入れると色がゴチャゴチャになる可能性が出たため、敢えて白にし、色を抑えてみました。

 これは切り花の胡蝶蘭やカスミ草にも言えることで、黄色でも青でもオレンジでも、明度を究極的に高くすると白になるため、「白」は極めて自然な配色とも言えます。

 このアレンジは約1mの大きなものになります。完成後、お客様にメールで画像を送らせていただきましたが、以下の返信メールを頂きました。

 アレンジの画像ありがとうございました!気になっていたので、画像のメールとても嬉しく感じております。とても豪華で胡蝶蘭も頂戴し、本当ありがとうございました。

 また何かあれば、ご連絡させていただきます。

 お客様に大変ご満足いただき、こちらこそありがとうございました。

 そして開業をなされる会社様のこれからのご発展を心から願っております。

その他

癒やしの花

 今日、お客様からスタンド花を出して欲しいとのご依頼が来ました。

 話を伺うと、施設にいるおばあちゃんが誕生日に施設のスタッフの方々から祝って頂いたお礼に、そして、連日のコロナ報道で気が滅入ってしまうので、せめて花でも見て心を癒やして欲しいとの思いからのご注文でした。

 現在、介護施設は新型コロナの影響により立ち入りが制限されており、私の祖母も施設に入っておりますが、全く会うことができない現状です。

 そんな中で、花を贈って気持ちをお伝えしようとするお客様の心意気にたいへん感動致しました。そして、この不安定な世相の中で、花は癒やしとしての力を十分に発揮しています。

 今回はセッティングに際し、施設の中に入ることができませんでしたので、外に置かして頂くことになりました。この後、スタッフの方々が施設の中に入れる運びとなりました。

 静岡県大井川産の薔薇を中心に、浜松市の小手毬や山形県の進藤さんが作ったデルフィニウムなど、生産者が心を込めて作った花たちを、スタンド花という形でお届けしました。

 少しでも癒やしになり、そして前向きになって頂ければと心から願っております。

季節の花たち

ダリアを入れて(花束)

 ダリア(ムーンストーン)を入れて花束を作ってみました。
 
 ダリアの露地物は初夏から秋にかけてが最盛期となりますが、ハウス栽培も含めると、通年で入手できる花材となります (ただし、入荷量は少ないですが…) 。

 種類も豊富で、真っ赤なダリアもあれば、このダリアのような淡い紫や複色のものもあります。
 
 ボリューム感・美しさでは最高の花ですが、残念ながらダリアの欠点は日保ちがしないこと、これに尽きます。
 日保ちの期間は個体差もありますが、市場から仕入れして5~7日ぐらいしか保たない印象です。

 近年はダリアに吹きかけると日保ちが倍に伸びる薬剤もあり、当店も使用していますが、残念ながら業務用であり、一般には流通していません。

 日保ちの点では及第点のダリアですが、これも特性ですから仕方がないものです。(仮に特性として水揚げ後、10日~2週間ほど必ず保つのであれば、当店も毎回必ず仕入れるのですが….。)

 色合いはサントリーが開発した遺伝子組み換えカーネーション「ムーンダスト・プリンセスブルー」に非常によく似ていますね。

 自然界ではなかなかこのような淡い紫の色の花がありません。一方で、紫や青が入ると花束でもアレンジでも色が締まるため、重宝しています。

 他に似た色合いを持つ花はトルコキキョウやスターチス、アルストロメリアの一部などとなりますが、用途等に応じて適時使い分けております。

 先日ご紹介したディスバットマムはダリアと見間違うくらい形状や色合いが似ているものもあり、当店も積極的に取り扱っております。

 ディスバットマムがダリアと決定的に違うのは、やはり葉ですね。葉を見れば、やはり菊科だと納得します。さすがにこちらは菊だけに、日保ちは十分です。

最新情報・各種ご案内

特大ポインセチア、入荷しました。

 茨城県産特大ボインセチア、入荷しました。10号、高さ80cmオーバーの特大ポインセチアです。

 このサイズはまず一般の小売店、ホームセンターには置いていません。税込み12000円、限定2個となります。ラッピングをご希望の方は、無料にて承りますのでご安心下さい。

 今年のクリスマスは、特大ポインセチアを飾ってみませんか?

結婚式・お祝い

結婚式場での装花一例

 結婚式場での装花を行いました。

 今回はメイン花の他にキャンドル花、そしてテーブル花の制作を行いました(写真をクリックすると拡大します)。

 お客様からは今回、濃い紫を入れてほしいとのご要望を頂きました。そこで、紫色として次の花材を選定致しました。
・濃い紫トルコキキョウ「ボヤージュブルー」
・薄い紫トルコキキョウ「ジュリアスラベンダー」
・サントリーが開発した遺伝子組み換えカーネーション「ムーンダスト」
・サントリーカーネーション「ゴーレム」
・バンダ

 濃い紫のみの構成では紫のよさが引き立たないため、コントラストとして白やグリーンなどの花材も選定しました。
・白バラ「アバランチェ」
・グリーンカーネーション「オリーバ」
・エンジ色のカーネーション
・プロテア
・グリーンスプレーマム
・濃い赤紫色のスプレーマム

 葉物等、その他花材は以下を選定致しました。
・利休草
・ゴットセフィアナ
・ポリシャス
・白妙菊
・ピポットスポラム
・ミスカンサス
・ルスカス

 お客様にはたいへんご満足を頂きまして、たいへんありがたく感じております。
 式自体も大成功だったようです。
 これからのお幸せを心から願っております。

(リンク)
レストランウェディングの装花一例 >

その他

花とみどりのギフト券について

 当店は花とみどりのギフト券の取扱店となります。
 花とみどりのギフト券について詳しくお調べしたい方は、一般社団法人JFTDのHP( https://www.flowercard.jp/gift/index.html )をご覧ください。

 花とみどりのギフト券、おもて面の右下に有効期限がございます。ご使用の際には、この有効期限が残っているかどうかをご確認下さい。有効期限が過ぎた券は使えませんので、ご了承ください。

 当店では、生花・鉢物、その他関連商品と引き換えることができます。また、お祝いやお供えでギフト券を贈る場合にも、当店から購入することができますので、ご安心ください。ご用途に応じて包装のラッピングも変えますので、ご購入の際には、ご用途をお伝え下さい。

花のお手入れポイント

胡蝶蘭のお手入れポイント

 胡蝶蘭(コチョウラン)(英名:ファレノプシス・オーキッド)のお手入れについて、お客様からよくご相談を受けます。ここでは、簡単になりますが、お手入れのポイントをまとめていきたいと思います。

1.原産国

 フィリピン、台湾、インドネシア、タイなどの蒸し暑い国の樹上の幹や樹皮に根を張って育つ植物です。そのため、その環境を再現していくことがポイントです。

2.夏場の管理

 原産国では熱帯雨林の中で育つため、最低15度以上の室温が必要です。そのため、夏場(6~9月)の環境が最も適しています。また、夏場の直射日光は強すぎるため、直射日光に当てると葉やけを起こします。レースのカーテン越しに毎日5~6時間程度日光に当てるようにするといいです。

 また、風通しの良いところが好きな植物なので、ときどき戸外に出す、窓を開けて風通しを良くするなどの工夫も必要です。

 夏場の水やりは、水ゴケが乾いたらすぐ与える感じでいいのですが、水をやりすぎると根腐れをしてしまいます。表面の水ゴケを触って水やりの判断をしてください。

3.冬場の管理

 本来、最低15度以上の室温が必要です。7度ぐらいの室内で越冬させる場合には、水やりを極力減らさないと株が痛みます。更に、水を与えすぎると株が凍ってしまいます。胡蝶蘭は1ヶ月に1回程度の水やりでも枯れることがありませんので、冬場は水やりを極力減らしてください。

 胡蝶蘭の切り花も含め、経験的に外気温が5度以下になると花が凍みます。一端凍みますと鑑賞に耐えなくなるばかりか、暖かいところに戻しても元に戻りません。そのため、厳冬期においては、夜間を含めた室内の温度管理が非常に大切になってきます。

4.もう一度楽しめる二度咲きに挑戦してみませんか?
 
 花は寿命が来るとしおれてしまいますが、この時、茎の一部を残し切り取っておくと、残された花茎から花芽が出てきて、数ヶ月後に再び花が咲きます。
 黒臼洋蘭園のHP( http://kotyou.net/post-1.html )に、二度咲きの方法が詳しく載っていますので、是非とも挑戦してみてください。

5.関連ページ
 
 アンスリウムのお手入れポイント
 シクラメンのお手入れポイント
 シンビジウムのお手入れポイント
 デンドロビウム(ノビル系)のお手入れポイント

 当店では、常時1万円ぐらいから4万円ぐらいまでの胡蝶蘭を幅広く取り揃えております。胡蝶蘭をお求めの際には、是非とも一度当店にお立ち寄りください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。