花のお手入れポイント

デンドロビウム(ノビル系)のお手入れポイント

 12月下旬から3月下旬にかけて、品質のいいデンドロビウムが入荷します。

 ここでは、簡単になりますが、お手入れのポイントをまとめていきたいと思います。

1.原産国(デンドロビウム・ノビル系)と系統について

 インドからタイ、ミャンマー、中国南部などの山岳地帯が原産です。胡蝶蘭と同じように樹木に着床して自生しています。

 デンドロビウムにはいくつかの種類があり、当店でも切り花として取り扱っているデンファレ系や鉢物として流通しているギンギアナム系(写真左)などがありますが、今回はノビル系(写真右)についてのお手入れポイントとなります。

 一般的にデンドロビウムと言えば右側の写真のノビル系のものとなります。

 また、ギンギアナムやデンファレの鉢物も系統は同じですので、それほど花の管理に違いが見られません。今回のデンドロビウム(ノビル系)の記事を参考にして頂ければ幸いです。

2.冬場の管理

 春から秋までが生長期で、冬は生長休止期です。生長休止期の冬から春にかけて開花します。

 冬は生長休止期のため、水を吸う力がかなり弱く、鉢の表面が乾いてからの水やりで構いません。毎日水やりをやってしまうと根腐れの可能性がありますので、その点に注意して下さい。

 肥料も必要ありません。上記で述べたように生長休止期のため、肥料を吸収する力がありません。

 デンドロビウムは寒さに強く、5度ぐらいの低温でも大丈夫ですが、戸外の零度以下は当然ながら厳禁です。ただし、蕾(つぼみ)は温度変化に敏感で、生産者は15度ぐらいの温度で花を咲かせています。蕾だらけの鉢を購入し、急に寒い室内に置いてしまうと、以降、蕾の生長が止まり、開かなくなってしまうことがあります。半分は開花していて、半分は蕾の株、或いは全て開花している株がおすすめです。

 花は3~4週間で萎れます。よくお客様から「花が終わったら、太い茎を切っていいの?」というご質問を頂きますが、太い茎(バルブ)は切らないで、花だけを取って下さい。

 太い茎(バルブ)には養分が入っています。次の年に花を咲かせるために必要となります。

 また、温風ヒーターの風が直接当たるところに置くのは厳禁です。水分が飛び、花が萎れてしまいます。

3.夏場の管理 

 最低気温が7度以上になりましたら、シンビジウム(最低気温10度以上)と同じように戸外に出すことをおすすめします。シンビジウムと同じように日光が好きな蘭ですので、日当たりと風通しのよいところに置いて下さい。

 夏場は生長期になりますので、水や肥料を与えますが、シンビジウムほど水をたっぷりやる必要はありません。表面が乾いてから水をやる程度で構いません。

 秋になると落葉し、茎(バルブ)だけとなります。その茎の節の所から花芽が出てきて、また休眠期の終わり頃の冬から春にかけて花が咲きます。

 多年草の蘭なので、同じ株が何年も枯れずに花を咲かせ続けることができます。胡蝶蘭も多年草の蘭です。一方、シクラメンは宿根草なので、生育に適さない時期(シクラメンは夏)に地上部は枯れますが、地下部(球根)は生き残っており、また生育に適する時期に発育していきます。

4.関連ページ

 胡蝶蘭のお手入れポイント
 アンスリウムのお手入れポイント
 シクラメンのお手入れポイント
 シンビジウムのお手入れポイント

 当店では、季節限定の商品となりますが、2000円台ぐらいから1万円ぐらいまでのデンドロビウムを幅広く取り揃えております。デンドロビウムをお求めの際には、是非とも一度、当店にお立ち寄り下さい。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

花のお手入れポイント

シンビジウムのお手入れポイント

 12月上旬頃から2月頃にかけて、品質のいいシンビジウムが入荷します。
 ご注文の流れの中で、胡蝶蘭に代わる寒さに強いランとしてご紹介させていただいたものがこのシンビジウムです。

 ここでは、簡単になりますが、お手入れのポイントをまとめていきたいと思います。

1.原産国

 インドからマレーシアにかけての東南アジアに自生する厚葉系、中国に自生する東洋ラン系、インドからミャンマーにかけての山岳地帯に自生する洋ラン系の3種となります。

 原産国では標高1000~1500mの高地に自生するため、その環境を再現していく事がポイントです。

2.冬場の管理

 シンビジウムは洋ランの中でも比較的水が好きな植物ですが、冬場は目安として3~4日に1回ほどの水やりで構いません。毎日水をやってしまうと、根腐れすることもあります。

 寒さに強いランですが、夜間の気温が5度以下になるとよくありません。玄関も夜寒くなりすぎるという点と日光不足になる点で、置きっぱなしにすることはおすすめしません。

 また、高温を嫌いますので、冬場の日中や夜間に25度以上になるような暖房の効き過ぎる部屋もよくありません。

 花の寿命は90~100日ほどですが、長く咲かせておくと株が疲れて痛んでしまいます。1か月ほど鑑賞した後に花茎を切って切り花にし、株を弱らせないようにすると翌年も新芽が出、開花します。

 日中は窓越しでも日光に当てた方が株もしっかりとし、開花後に花がよい色となります。 
 また、シンビジウムは花の咲いている時は生長が止まっていますので、肥料はいりません。

3.夏場の管理

 最低気温が10度以上になりましたら、戸外に出すことをおすすめします。戸外に出す場合には、風通しがよく、直射日光が1日6時間は当たる場所に置くといいです。ただし、真夏は葉焼けをしてしまいますので、遮光をして少し弱い日光が当たるようにすると、新芽を作るための養分ができます。

 夕方頃に株にシャワーをし、鉢の周囲にも水をたくさんまき涼しくすると、花芽の数も増えます。また、夏場は生長期になりますので、肥料をたっぷり与えて下さい。

4.関連ページ

 胡蝶蘭のお手入れポイント
 アンスリウムのお手入れポイント
 シクラメンのお手入れポイント
 デンドロビウム(ノビル系)のお手入れポイント

 当店では、季節限定商品となりますが、1万円台前半から後半ぐらいまでのシンビジウムを中心に取り揃えております。年末のお歳暮用や厳冬期の開店お祝い・お悔やみなどの贈答用に非常に人気のあるシンビジウムです。

 シンビジウムをお求めの際には、是非とも一度当店にお立ち寄り下さい。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。


 

最新情報・各種ご案内

近況報告

 N様、先日はアレンジのご注文ありがとうございました。本日(11月29日)、メッセージカードを添えて喜多方へ発送致しました。明日、間違いなくお届けできるかと思います。(送料込み5000円。送料が1000円かかりますので、税込み4000円の商品となります。画像をクリックすると拡大します。)

 シクラメン新品種、入荷しました。品名「ウィンクシャワーレッド」。葉の枚数も多く、しっかりした株です。もちろん、安心の根本園芸産です。(税込み9500円。画像をクリックすると拡大します。)

 庭にある南天も色付きました。いよいよあと1か月で正月になります。12月はクリスマスと正月の準備、各種アレンジ教室の開催等で、大忙しとなります。

最新情報・各種ご案内

特大ポインセチア、入荷しました。

 茨城県産特大ボインセチア、入荷しました。10号、高さ80cmオーバーの特大ポインセチアです。

 このサイズはまず一般の小売店、ホームセンターには置いていません。税込み12000円、限定2個となります。ラッピングをご希望の方は、無料にて承りますのでご安心下さい。

 今年のクリスマスは、特大ポインセチアを飾ってみませんか?

花のお手入れポイント

シクラメンのお手入れポイント

 11月中・下旬から12月中旬にかけて、品質のいいシクラメンが入荷します。
 ここでは、簡単になりますが、お手入れのポイントをまとめていきたいと思います。

1.原産国

 地中海沿岸の雨季と乾季が分かれる地域を原産とします。原産地では涼しい雨季に花が咲き、暑い乾期に休眠します。そのため、その環境を再現していくことがポイントです。

2.冬場の管理

 シクラメンは日光が好きなので、日中は窓際の日当たりがいいところに置いてください。ただし、耐寒品種であるガーデンシクラメンを除き、日本の寒すぎる冬に外に出すのはよくありません。

 室内気温が20度を超えてしまうと株が痛んでしまいます。15度~20度ぐらいまでが適温です。

 水のやり過ぎは根腐れの原因になってしまいますので、4~5日に1回ぐらいの水やりでいいと思います。また、温風ヒーターの風が直接当たったりすると、花がくたっと萎れてしまうことがありますが、その場合にはたっぷりと水を与えてください。(水を張ったバケツに入れるといいです。)

 花が咲き終わってそのままにしておくと、結実しますが、球根が老化します。そのため、種を取る目的がない場合には、一つ一つの花が咲き終わる度に花がらを摘み取り、種を付けないようにします。花弁の色が変わってきた時が、摘み取る適期です。

3.夏場の管理

 球根植物なので、花は枯れてしまいますが、球根だけは土の中で生きています。夏場は休眠期になりますので、水も肥料も一切与えない状態のまま、風通しの良い日陰で、雨に当たらせずに管理してください。

 気温が低下していくとともに、球根の生育は盛んになってきます。休眠後、そのまま育てていけば、また花を咲かせてくれます。

4.関連ページ

 胡蝶蘭のお手入れポイント
 アンスリウムのお手入れポイント
 シンビジウムのお手入れポイント
 デンドロビウム(ノビル系)のお手入れポイント

 当店では、季節限定商品となりますが、3000円台後半から1万円ぐらいまでのシクラメンを中心に取り揃えております。また、オーソドックスな単色形やきれいな複色系、人気のフリンジ咲きなど、多数ご用意しております。

 シクラメンをお求めの際には、是非とも一度当店にお立ち寄りください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

最新情報・各種ご案内

最高品質のシクラメン、入荷しました。

 数々のお問い合わせ、事前ご注文ありがとうございます。今年も最高品質のシクラメンが入荷しました。生産者の根本さん(根本園芸)はシクラメンの全国品評会で農林水産大臣賞を連続受賞しています。葉も枚数が多く、尚且つ弾力があり、最高の状態です。

 根本園芸さんのシクラメンの1番の魅力は「大きさと丈夫さ」です。一般家庭用(6寸)の 5号サイズでも、ひと周り大きな6号鉢と間違われるほどのボリューム感で、下の鉢が葉ですっぽりと覆われています。

 当店でのシクラメンの取り扱いは12月初旬~中旬頃までとなります。数に限りがありますので、お早めにご来店・ご注文下さい。
(画像をクリックすると、拡大します。)

最新情報・各種ご案内, 花のお手入れポイント

多肉植物(素焼きアニマル)入荷しました。

 素焼きの陶器に入った、可愛らしい多肉植物が入荷しました。日当たりのいい、明るい部屋が最適です。比較的手入れも楽なので、楽しいですよ。

 下記に簡単ではありますが、管理の方法を記載してみました。 (画像をクリックすると、拡大します。)

(育て方)
 日中は直射日光の当たる場所に置いて下さい。風通しが良ければ尚good!
 冬は外に置かないで下さい。凍みてしまいます。
 水やりは2週間前後を目安にしてみて下さい。冬の休眠期はひと月に1度程度の水やりで大丈夫です。

花のお手入れポイント

アンスリウムのお手入れポイント

 アンスリウムのお手入れについても、お客様からよくご相談を受けます。ここでは、簡単になりますが、お手入れのポイントをまとめていきたいと思います。

1.原産国

 中米アメリカから西インド諸島にかけての蒸し暑い地域の樹上に根を張る植物です。そのため、その環境を再現していくことがポイントです。

2.夏場の管理

 夏場の直射日光は強すぎるため、直射日光に当てると葉やけを起こします。レースのカーテン越しなど、室内の半日陰に置くといいです。樹上で育つ着生植物ですので、水を与えすぎると根が腐ります。鉢の土が乾いてから水を与えるようにしてください。

3.冬場の管理

 冬場は乾かし気味に管理しますが、ヒーターの使用などで室内の乾燥が激しい時には、軽く霧吹きをして湿度を保つ必要があります。一年間を通して比較的管理しやすい植物です。病気も特にありませんので、おすすめの植物となります。また、冬は外には置けませんので、室内に置いてください。

4.挿し木や株分けで増やしてみませんか?

 株分けの際の用土は、本来、樹上に咲く着生植物ですので、加湿状態となりやすい腐葉土などは不適です。排水性と通気性に優れた土が必要です。アンスリウムの土も市販されております。バーミキュライト等を使用すると、水はけの良い土が作れます。
 挿し木もできます。葉を2~3枚残し、10cmぐらいの茎を切って土に挿すだけで大丈夫です。

5.関連ページ

 胡蝶蘭のお手入れポイント
 シクラメンのお手入れポイント
 シンビジウムのお手入れポイント
 デンドロビウム(ノビル系)のお手入れポイント

 当店では、常時3000円台ぐらいから1万円ぐらいまでの各種アンスリウムを取りそろえております。アンスリウムをお求めの際には、是非とも一度当店にお立ち寄りください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。

花のお手入れポイント

胡蝶蘭のお手入れポイント

 胡蝶蘭(コチョウラン)(英名:ファレノプシス・オーキッド)のお手入れについて、お客様からよくご相談を受けます。ここでは、簡単になりますが、お手入れのポイントをまとめていきたいと思います。

1.原産国

 フィリピン、台湾、インドネシア、タイなどの蒸し暑い国の樹上の幹や樹皮に根を張って育つ植物です。そのため、その環境を再現していくことがポイントです。

2.夏場の管理

 原産国では熱帯雨林の中で育つため、最低15度以上の室温が必要です。そのため、夏場(6~9月)の環境が最も適しています。また、夏場の直射日光は強すぎるため、直射日光に当てると葉やけを起こします。レースのカーテン越しに毎日5~6時間程度日光に当てるようにするといいです。

 また、風通しの良いところが好きな植物なので、ときどき戸外に出す、窓を開けて風通しを良くするなどの工夫も必要です。

 夏場の水やりは、水ゴケが乾いたらすぐ与える感じでいいのですが、水をやりすぎると根腐れをしてしまいます。表面の水ゴケを触って水やりの判断をしてください。

3.冬場の管理

 本来、最低15度以上の室温が必要です。7度ぐらいの室内で越冬させる場合には、水やりを極力減らさないと株が痛みます。更に、水を与えすぎると株が凍ってしまいます。胡蝶蘭は1ヶ月に1回程度の水やりでも枯れることがありませんので、冬場は水やりを極力減らしてください。

 胡蝶蘭の切り花も含め、経験的に外気温が5度以下になると花が凍みます。一端凍みますと鑑賞に耐えなくなるばかりか、暖かいところに戻しても元に戻りません。そのため、厳冬期においては、夜間を含めた室内の温度管理が非常に大切になってきます。

4.もう一度楽しめる二度咲きに挑戦してみませんか?
 
 花は寿命が来るとしおれてしまいますが、この時、茎の一部を残し切り取っておくと、残された花茎から花芽が出てきて、数ヶ月後に再び花が咲きます。
 黒臼洋蘭園のHP( http://kotyou.net/post-1.html )に、二度咲きの方法が詳しく載っていますので、是非とも挑戦してみてください。

5.関連ページ
 
 アンスリウムのお手入れポイント
 シクラメンのお手入れポイント
 シンビジウムのお手入れポイント
 デンドロビウム(ノビル系)のお手入れポイント

 当店では、常時1万円ぐらいから4万円ぐらいまでの胡蝶蘭を幅広く取り揃えております。胡蝶蘭をお求めの際には、是非とも一度当店にお立ち寄りください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。