薔薇

染めバラのメリット・デメリット

 先日、お客様から染めた青バラの花束はありますか?とのお問い合わせを受けました。
 染料を吸わせた染めバラは現在、国内の産地ではほとんど生産しておらず、輸入品が主となります。

 今回、当店にあるオレンジバラ(カルビディーム)と業務用の青の染料で試しに12時間ほど吸わせてみましたが、イメージ的にはこのような写真のように仕上がります。

 白バラではもっときれいに青く染まると思いますが、今回は白バラが手元になかったため、上記写真のカルビディームでの染色となりました。

 半日吸わせましたが、オレンジバラの面影はすっかり消え失せ、見事に「ブルー」の色合いになっています(元々がオレンジバラだったため、ややグリーンとも言えますが…)。

 更に数時間以上吸わせれば、オレンジバラといえども、もっと青色に近づくと思います。

 次に、染めバラのメリット・デメリットを述べたいと思います。

(メリット)
・そもそも「青い」バラというものは自然界に存在しません。また、サントリーの遺伝子組み換えで作ったブルーローズ・アプローズは、1本あたりが税込み3300円と高額で、強香性のため日持ちも悪く、なかなかお手軽には入手できません。

 染めバラは1本あたり440円程度と、ブルーローズ・アプローズに比べれば圧倒的に安い点が上げられます。この金額なら、染めバラだけでの花束も数千円の金額でできます。

・自然界にない色合いなので、もちろん貰った方のインパクトは大きいです。きっと印象に残ること、間違いないと思われます。

(デメリット)
・染料を吸わせているため、やはり通常の状態のバラよりも日持ちがしません。体感的には通常のバラが1週間~2週間持つとすれば、5日ぐらいでしょうか。もちろん体感なのでピタリとはいきませんが、染料を吸わせた分、持ちません。

・花だけでなく、葉も青くなります(下の写真参照)。バラによって、また個体差によってばらつきはありますが、染料が花だけでなく葉にも回ります。

・ご要望があれば当店にて白バラ等を染めることはできますが、生産者から購入しようとすると、基本的に国内産は無く、輸入品だけになってしまいます。

 輸入品は輸送の段階で航空便であっても日数を要しますので、ただでさえ日持ちがしない染めバラの鑑賞期間がより短くなってしまいます。

・バラにも個体差があるため、全く同じ染め上がりになる保証ができません。人と同じように同じバラであっても個体差があります。ほぼ同じようにはできますが、「全く同じ」ようにはなりません。

・染め上がるまで半日以上を要しますので、至急のご要望には対応できません。また、白バラは常時入荷しておりませんので、白バラで染めてほしいとの至急案件にも対応できません。
 ただし、事前にご予約いただければ対応できますのでご安心ください。

・染めバラに関してはキャンセルができません。ご予約いただいた段階で、キャンセル不可のご注文となります。
 また、上記のようなバラの個体差もありますので、イメージと違う・染め上がりにバラツキがある等の理由やお客様都合による返品もできません。


 今回は、染めバラのメリット・デメリットについてまとめてみました。

 自然界にはない色合いですので、貰った方のインパクトは大きく、きっと驚かれ、喜ばれると思います。

 もしご注文される場合は、メリットとデメリットを勘案していただき、それでもよければ当店にて対応できますので、その点はご安心下さい。

花束, 薔薇

薔薇の花束いろいろ②

 前回、ブログ記事「薔薇の花束いろいろ」において、いくつかの花束をご紹介致しました。今回は「薔薇の花束いろいろ②」として、その続編を記したいと思います。

 上の写真は、赤バラ「ファーストエディション」20本を使った花束です。今回はかすみ草を使わず、ドラセナ「アトムピンク」を添えました。

 前回は同じ赤バラ「ファーストエディション」70本にかすみ草5本を入れてお作りしましたが、かすみ草が入る・入らないでもだいぶ印象が変わりますね。

  上から見るとこんな感じです。この「ファーストエディション」は赤バラの中でも独特の形をしています。朱色のパッとした明るい色合いも、目に飛び込んできます。

 部屋の花瓶に入れると、かなり部屋全体が明るくなる、そんな一品です。

 続いて黄バラ「ロッシュ」12本とかすみ草、ドラセナを入れての花束。

 「ロッシュ」はきれいなレモン色の大輪バラです。黄バラは赤バラに比べてそれほど種類が多くありません。他に代表的な黄バラには「ゴールドラッシュ」などがあります。

 前回ご紹介した、ピンクバラ「ライラ」を使った花束。

 赤バラ、黄バラ、ピンクバラでは、同じ花束と言ってもだいぶ印象が変わりますね。
 
 バラの花束を贈る際には、最終的には相手の方の好きな色やイメージに合った色がよろしいかと思います。

 もちろん、バラ単品の花束だけでなく、その他の花(例えばアルストロメリアやトルコキキョウ、カーネーションなど)も入れてお作りできますので、ご安心ください。

 なお、赤バラ○本などの指定花材・指定本数の場合には、事前にご予約頂ければ幸いです。

 最後に、バラの花束とは違いますが、季節限定花材である芍薬(シャクヤク)を使った花束。

 5月中・下旬から6月初旬頃限定の花束です。なんとこの分量で税込み4400円!

 今回は、芍薬20本にブプレリュームとドラセナを入れてお作りしました。

※ 芍薬は4月中旬頃から出始めますが、余り早すぎるものは1本あたりの単価も高くなり、蕾のまま開かないで終わってしまうものもあるため、あまりおすすめしません。やはり芍薬は、節の5月中・下旬から6月初旬頃が一番のおすすめの時期となります。芍薬について詳しくは、ブログ記事『初夏の花材「シャクヤク(芍薬)」との組み合わせ』をご覧下さい。

花束, 薔薇

薔薇の花束いろいろ

 薔薇の節になりました。
 上記の写真は、愛知県JAひまわりバラ部会の方々が生産した薔薇「ファーストエディション」70本とかすみ草5本を使った花束です。

 古希の御祝いとのことで、お客様からかすみ草と赤薔薇で作ってほしいとのご要望でお作りしました。

 赤薔薇70本花束、かなりのボリュームです。古希の御祝いに薔薇の花束って、おしゃれですね。

 およそ15年ほど前を振り返ってみますと、赤薔薇は現在のようにここまで種類が多くなかった記憶があります。

 現在は、この「ファーストエディション」を含め、同じ赤薔薇といってもかなりの種類が生産されています。
 個人的には「ミルナ」と呼ばれる赤薔薇も好きですが、この朱色の「ファーストエディション」も、形状が独特で明るい色合いなので、当店では積極的に取り扱っています。

 ただし、この「ファーストエディション」は限定生産なので、通年で必ず入荷する訳ではありません。もちろん、品種にこだわらなければ赤薔薇は年間を通して必ず生産されていますので、その点はご安心ください。

(リンク)
「ファーストエディション」を使ったアレンジ

 こちらは先日ご紹介したピンク薔薇「ライラ」。誕生日用に年齢分の本数を入れてほしいとのお客様のご要望でお作りしました。
 今回は単品種のみのご要望でしたので、「ライラ」とドラセナをサービスでお作りしました。

 続いて薔薇100本花束。この薔薇100本花束は、スプレー薔薇と一輪薔薇を混ぜてお作りしています。

 そして、かなりの大きさと重量!
 この花束のインパクト。きっと貰った方の印象にずっと残る、忘れられない思い出になると確信しています。

 薔薇の花束と言っても、組み合わせや本数でかなり印象が変わります。誕生日や記念日に、薔薇の花束もおすすめですよ。

※ 当店では一輪薔薇・スプレー薔薇を含め、生産地・生産者にこだわった、品質のいい薔薇を多数ご用意しております。
 お気軽にお問い合わせ頂ければ幸いです。

(リンク)
薔薇の花束いろいろ②

フラワーアレンジメント, 薔薇

1万円お祝い用フラワーアレンジメントとお客様の声

 開業お祝いに1万円のフラワーアレンジメントのご注文を頂きました。お客様のご要望としては、黄色・オレンジ系でとのお話でした。

 今回は、ご要望である黄色・オレンジの花材に加え、補色であるブルーを入れてのアレンジをお作りしました。

 オレンジの花材としては、愛知県JAひまわり産のバラであるカルビデュームと長崎県産の大輪ガーベラ。

 黄色の花材としては、同じく愛知県JAひまわり産のスプレーバラであるサラと長野県産のアルストロメリアを使用しました。

 黄色とオレンジの中間色のような位置付けの花材として、一輪カーネーション「アクティバ」を埋め込みに、そしてアンスリウムをやや飛び出しに使用しました。

 全体を黄色・オレンジのみで構成することもできましたが、やはりブルーを入れないと全体の締まりがなくなるため、デルフィニウムとトルコキキョウ、サントリーブルーカーネーション「ムーンダスト」を組み入れました。

 全体の締まりがなくなるというのは、所謂花屋の感覚のようなものですが、「青」を入れるだけで違うんですよね~。これは、日に何度も何十回もアレンジや花束を作ってみると、感覚的に分かる結果のようなものです。そう、「ブルー」を入れると違うんです。

 もちろん単色の赤バラの花束とか、ピンクの一輪バラの花束などでは「ブルー」の入る余地はありませんが、多様な花材を入れるアレンジメントでは、その「ブルー」の効果が非常に高いものになります。

 今回は特にその「ブルー」が、黄色やオレンジとの補色関係になるため、効果がより鮮明に出ました。

 百合に関してはお祝い事なのでピンクも一瞬考えましたが、全体の色合い構成が「黄・オレンジ・ブルー」と既に3色となっており、更にピンクを入れると色がゴチャゴチャになる可能性が出たため、敢えて白にし、色を抑えてみました。

 これは切り花の胡蝶蘭やカスミ草にも言えることで、黄色でも青でもオレンジでも、明度を究極的に高くすると白になるため、「白」は極めて自然な配色とも言えます。

 このアレンジは約1mの大きなものになります。完成後、お客様にメールで画像を送らせていただきましたが、以下の返信メールを頂きました。

 アレンジの画像ありがとうございました!気になっていたので、画像のメールとても嬉しく感じております。とても豪華で胡蝶蘭も頂戴し、本当ありがとうございました。

 また何かあれば、ご連絡させていただきます。

 お客様に大変ご満足いただき、こちらこそありがとうございました。

 そして開業をなされる会社様のこれからのご発展を心から願っております。

その他, 薔薇

癒やしの花

 今日、お客様からスタンド花を出して欲しいとのご依頼が来ました。

 話を伺うと、施設にいるおばあちゃんが誕生日に施設のスタッフの方々から祝って頂いたお礼に、そして、連日のコロナ報道で気が滅入ってしまうので、せめて花でも見て心を癒やして欲しいとの思いからのご注文でした。

 現在、介護施設は新型コロナの影響により立ち入りが制限されており、私の祖母も施設に入っておりますが、全く会うことができない現状です。

 そんな中で、花を贈って気持ちをお伝えしようとするお客様の心意気にたいへん感動致しました。そして、この不安定な世相の中で、花は癒やしとしての力を十分に発揮しています。

 今回はセッティングに際し、施設の中に入ることができませんでしたので、外に置かして頂くことになりました。この後、スタッフの方々が施設の中に入れる運びとなりました。

 静岡県大井川産の薔薇を中心に、浜松市の小手毬や山形県の進藤さんが作ったデルフィニウムなど、生産者が心を込めて作った花たちを、スタンド花という形でお届けしました。

 少しでも癒やしになり、そして前向きになって頂ければと心から願っております。

フラワーアレンジメント, 薔薇

~想いを花に託して~アレンジ制作の様子

 あっという間に年度末になりました。年度末と言えば移動や転勤、ご退職等での別れがあります。そして、お世話になった方々への想いを、花に託す方も多くいらっしゃいます。

 当店では連日、栄転お祝いやご退職お祝い等のアレンジや花束の制作に取りかかっております。

 上の写真はアレンジ制作の作業風景です。この後、最終的にはラッピングを施し、お客様から預かったメッセージカード等も添えて完成となります。

 国産の産地や生産者にこだわった、厳選した花を使用しておりますので、品質も十分です。

 昨今、コロナウイルスの影響により需要が減って花の相場が下がったとも言われますが、いいものを作る生産者の花は基本的に相場が下がらず、寧ろ値上がりしています(所謂、需給の関係です)。

 当店では自信を持ってお客様にアレンジや花束をお届けするため、いいものを作る生産者にこだわった仕入れを行っております。

 ちなみに上の写真は3000円(税別)アレンジとなります。

 完成品の一例です。この後、透明のセロファンをかけますが、写真撮影の際には光が反射してしまいますので、セロファンをかけずに撮影しています。

 上記のアレンジでは、愛知県豊川市、JAひまわりバラ部会のバラ「ファーストエディション」も使用しました。

 ファーストエディションは新品種のバラですが、従来のバラに比べて明るい赤、所謂朱色の色合いとなっています。形も今までの一般的な赤バラと違っており、目を引くバラとなっています。

 当店のWebpageタイトルにある ~想いを花に託して~ を体現できるよう、しっかりとした品質のいい花を今後も提供していきます。また、市場や生産者の方々とも連携を取りながら、花業界を盛り上げる一助になれればと前向きに取り組んでいきたいと考えております。

薔薇

「青い薔薇」その後・・・

 先日サントリーフラワーズ株式会社様から送っていただいた青い薔薇「サントリー ブルーローズ アプローズ」ですが、きれいに開いてきました。

 蕾の状態の時には、ややピンクがかっているのかな?という印象でしたが、開いてきたらより一層の青さが出てきたように感じます。

 蕾の時にはオールドローズの香りがしていましたが、このいい香りは継続しています。
 鼻を近づけると、ほのかな甘い香りが漂ってきます。

 今回は湯上げ後に業務用の鮮度保持剤を全体に吹きかけ、常温で2日間置いた後、庫内8度のショウウインドーの中に3日間置きました。商品到着から計5日間経った状態が一番上の写真となります。

 まだ状態は大丈夫ですが、前回も述べましたように強香品種のため、香りがしない薔薇に比べ日持ちが弱い点は特性なので仕方がないかと思われます。

 サントリーは遺伝子組み換え技術による青いカーネーション、青い薔薇、そして青いシクラメンが有名です。当店でも青いカーネーションや冬の青いシクラメンについては積極的に取り扱っています。

 今回、初めて「青い薔薇」を実際に手に取ってみましたが、このサントリーの技術には恐れ入ります。

 数年前の新聞報道で、遺伝子組み換え技術による「青い菊」の開発に成功したとの報道もありました。もし製品化できるのであれば、非常に楽しみだと感じています。

薔薇

「青い薔薇」が届きました。

 先日ご来店いただいたサントリーフラワーズ株式会社様から、遺伝子組み換え品種である青い薔薇「サントリー ブルーローズ アプローズ」を送っていただきました。

 当方も初めて見る薔薇です。恐らくですが、県内でもほとんどの花店では直接見たことも、取り扱ったこともない商品だと思われます。

 当店のお客様からも度々「青い薔薇はありませんか?」と問い合わせが来ますが、一度も見たことも触ったこともない商品ですと、説明のしようがありません。そのため、実際にサントリーフラワーズ株式会社様にお願いして取り寄せてみることにしました。

 下の写真は箱の外観です。

 わくわくしながら箱を開封しました。

 20本入りです。梱包も丁寧にしてあります。

 取り敢えず湯上げ後、業務用の鮮度保持剤を吹きかけ、スパイラルに組んでガラスの花瓶に生けてみました。

 照明の関係からピンク色のように見えますが、実際は4番目の写真のような色合いです。

 花そのものは思ったよりも小さいです。まだ蕾なので、開くとどういう表情を見せるのか、楽しみです。

 丈は約50cmほど。サントリーフラワーズ株式会社の滝澤さんも言っていましたが、もともとの原種は香りが強く、伸びないものなので、その流れを継承しているようです。

 参考までに一般的に流通している切り花の薔薇は、静岡県大井川(藤枝市)産で最大80cm、愛知県豊川市産で最大70cmとなります。当店は70cmのバラを中心に取り扱っています。

 香りは甘い匂いがします。滝澤さんは柑橘系の香りとおっしゃっていましたが、オールドローズの香りですね。いい香りです。

 サントリーフラワーズ株式会社さんでは、「アプローズ フレグランス」と呼ばれる香水も出しています。
 この薔薇とほぼ同じ香りになるよう、調香師が配合して製品化した香水です。

 一般的に流通している薔薇は香りがしません。その分、日保ちがします。一方で、この薔薇は強香品種を原種にしているため、日保ちが一般的に流通している切り花の薔薇よりもしないはずです。

 業務用の鮮度保持剤を全体に吹きかけてみましたが、常温でどのぐらい保つのか、試してみたいと思います。

 当店でもこの青い薔薇を取り扱いできますが、なにぶん1本3000円(税別)もする薔薇です。青い薔薇の産地は岐阜などの国内となり、指定した日に取り寄せできますが、当店でも常時ある薔薇ではありませんので、もし必要な際には事前にご相談下さい。

 なお、産地から直接送ってもらう必要上、取り寄せ時に別途送料が2000円ほどかかってしまいます。そのため、1本単位での販売はできません。最低でも5本以上の購入が前提の、特殊な商品となります。

 3月7日にはサントリーフラワーズ株式会社様からホームページに記載のない、新品種のカーネーションが届きます。こちらは福島県では初入荷だと思われます。

 こちらも非常に楽しみにしています。
 新品種のカーネーションを使ったアレンジ等も、随時UPさせていただきます。

フラワーアレンジメント, 薔薇

春の花(ラナンキュラス・ミモザ・フリージア)を入れたアレンジ

 春の花(ラナンキュラス・ミモザ・フリージア)を入れてアレンジを作りました。

 ラナンキュラスはバラに似た形状の八重の花です。2月から3月にかけてが切り花の最盛期で、季節限定の商品となります。
 色も多様ですが、このふんわりと開く感じがとっても魅力的ですね。

 バラは2種類使用しました。ピンク色の一輪バラはブロッサムピンク、赤のスプレーバラはファイアーキングです。

 ファイアーキングは棘が多く、処理するのに多少の手間がかかりますが、明るい赤でよく日保ちのするいいバラです。

 ブロッサムピンクは定番のピンク一輪バラです。色合いも優しく、取り扱いのしやすいバラです。ともに愛知県豊橋市、ひまわり農協部会から出荷されたバラとなります(産地訪問の様子はこちらから)。

 紫カーネーションはサントリーが開発した遺伝子組み換えカーネーション「ライラックブルー」です。
 この紫カーネーションもよく日持ちします。

 今回はミモザをカスミ草の代わりとして使用してみました。
 また、上部のフリージアから下部のミモザまで、黄色の色を繋いでみました。

 下の写真は上から見た図です。
 華やかな色合いです。スイートピーやアルストロメリア、大輪ガーベラも入り、ボリューム十分です。

フラワーアレンジメント, 薔薇

スチールグラスを用いて(フラワーアレンジメント)

 スチールグラスを用いて、アレンジを作りました。

 スチールグラスは細い直線的な葉ですが、弾力があり、簡単には折れません。そのため、このアレンジのように丸みを帯びた形に変形させて使うこともあります。

 花束にも入れますが、使い方で雰囲気も変わります。ポイントとして利用する、面白い花材の一つとなります。

 今回はパセリリーフ、所謂パセリの葉も使ってみました。パセリの葉は食用だけでなく、アレンジにも使われます。また、以前ご紹介したアクティバと呼ばれるカーネーションやヒペリカム、エリンジューム小手毬も使用してみました。

 バラは愛知県産「フェリニー」です。スプレータイプであり、下の写真のような蕾の状態で入荷します。開いてくると上記アレンジのように色合いが変化します。ボリュームも十分です。

 同じ「フェリニー」のバラで作った違った雰囲気のアレンジも前回の記事にてご紹介しておりますので、よろしければご覧下さい。

 下の写真は上部から見たアレンジです。アクティバのピンク色が鮮やかに目に入り込んできます。

 昨今、テレビを付けてもネットを付けても、否応なしにウイルス関連の情報が飛び込んできており、心理的にも不安な状況が続きます。

 そんな時にアレンジを見ると、心が安らぎます。東日本大震災の時にも感じましたが、花っていいものですよね。