ブログ

その他, 季節の花たち

入才ラン ~生け花花材の現状~

 入才ラン(にゅうさいらん)を生けてみました。入才ランとは、1m程の長さになる葉物です。「ラン(蘭)」と名付けてありますが、胡蝶蘭などの蘭とは全く違うもになります。

 昭和40年代~50年代頃の生け花全盛期には、こういった生け花花材として主に使われるものを生産者がどんどん生産していましたが、現在はめっきり生産量も少なくなってきました。

 以前投稿したブログ記事「コロナ後の変化~生産者の単一商品作物からの脱却の流れ~」の中で、売れ筋商品は変わっていく旨を記載しました。生け花はこの最たる例であり、生け花全盛期に比べれば、今現在は圧倒的に受講する生徒が少なくなってきています。そしてその影響で、生け花花材の生産量も急減してきています。

 これは茶道にも言えることで、今現在、若い人で積極的に茶道教室に行こうとする方はかなり少なくなってきています。
 ヤフーオークションの骨董品のカテゴリーを見てみますと、昔ならかなり値が付いたであろう茶道具も、今は誰も買い手が付かないほど大量に出品されています。

 時代の趨勢により、売れる商品も変わってきてしまいますが、生け花の先生も「若い人が入ってこない」と嘆いていました。

 問題なのは、生け花の特殊な生け方(明治時代の生け方の再現)をしようとしても、今現在それらの花材を生産する方が極端に少なくなってきており、再現しようにも一部花材が入手困難になってきていることです。

 ある意味では仕方が無いことですが、一抹の寂しさも感じます。

 さて今回は、和のイメージの入才ランには似つかわしくないかもしれませんが、パイナップルも入れてみました。

 一見、ガーベラのように見える花はヒマワリです。

 黄色とグリーン主体の生け込みですが、今回は黄色の補色としての淡い紫のトルコキキョウをポイントとして入れてみました。このトルコキキョウは、以前、「産地との連携②」でご紹介した齋藤さんが生産したものです。
 軸が太く、しっかりした、大きい花を咲かせています。

 今回は和洋折衷のような花材の組み合わせとなっていますが、生け花の花材も従来の固定した使われ方だけでなく、思い切って洋花と組み合わせてみるなどの斬新な使い方も必要かもしれません。

 それこそが、生け花の衰退で使われなくなった花材を生かすことにも繋がるのではないかと考えています。

(使用花材)
・入才ラン・ヒマワリ・トルコキキョウ・パイナップル・ヒペリカム・アレカヤシ

最新情報・各種ご案内

お客様のブログにて、当店への紹介をしていただきました。

 ブログ「伸子&幸廣の温泉ソムリエ旅日記・第二弾」を運営しているyukihirogenki様から、ブログにて当店の紹介をしていただきました。

 詳しくは、「報道・お客様の声紹介」に記載しておりますので、宜しければご覧下さい。

 当店では、ブログ等での相互リンクも大募集しております。

 お客様が運営しているブログ等ありましたら、是非教えて下さい。情報交換を積極的にしていきましょう。

 そして、今後とも末永くお付き合いの程、よろしくお願い致します。

(リンク)
新品種クレマチス「エールフクシマ」での庭づくり
エール フクシマでの庭づくり②~商品入荷編~

薔薇

染めバラのメリット・デメリット

 先日、お客様から染めた青バラの花束はありますか?とのお問い合わせを受けました。
 染料を吸わせた染めバラは現在、国内の産地ではほとんど生産しておらず、輸入品が主となります。

 今回、当店にあるオレンジバラ(カルビディーム)と業務用の青の染料で試しに12時間ほど吸わせてみましたが、イメージ的にはこのような写真のように仕上がります。

 白バラではもっときれいに青く染まると思いますが、今回は白バラが手元になかったため、上記写真のカルビディームでの染色となりました。

 半日吸わせましたが、オレンジバラの面影はすっかり消え失せ、見事に「ブルー」の色合いになっています(元々がオレンジバラだったため、ややグリーンとも言えますが…)。

 更に数時間以上吸わせれば、オレンジバラといえども、もっと青色に近づくと思います。

 次に、染めバラのメリット・デメリットを述べたいと思います。

(メリット)
・そもそも「青い」バラというものは自然界に存在しません。また、サントリーの遺伝子組み換えで作ったブルーローズ・アプローズは、1本あたりが税込み3300円と高額で、強香性のため日持ちも悪く、なかなかお手軽には入手できません。

 染めバラは1本あたり440円程度と、ブルーローズ・アプローズに比べれば圧倒的に安い点が上げられます。この金額なら、染めバラだけでの花束も数千円の金額でできます。

・自然界にない色合いなので、もちろん貰った方のインパクトは大きいです。きっと印象に残ること、間違いないと思われます。

(デメリット)
・染料を吸わせているため、やはり通常の状態のバラよりも日持ちがしません。体感的には通常のバラが1週間~2週間持つとすれば、5日ぐらいでしょうか。もちろん体感なのでピタリとはいきませんが、染料を吸わせた分、持ちません。

・花だけでなく、葉も青くなります(下の写真参照)。バラによって、また個体差によってばらつきはありますが、染料が花だけでなく葉にも回ります。

・ご要望があれば当店にて白バラ等を染めることはできますが、生産者から購入しようとすると、基本的に国内産は無く、輸入品だけになってしまいます。

 輸入品は輸送の段階で航空便であっても日数を要しますので、ただでさえ日持ちがしない染めバラの鑑賞期間がより短くなってしまいます。

・バラにも個体差があるため、全く同じ染め上がりになる保証ができません。人と同じように同じバラであっても個体差があります。ほぼ同じようにはできますが、「全く同じ」ようにはなりません。

・染め上がるまで半日以上を要しますので、至急のご要望には対応できません。また、白バラは常時入荷しておりませんので、白バラで染めてほしいとの至急案件にも対応できません。
 ただし、事前にご予約いただければ対応できますのでご安心ください。

・染めバラに関してはキャンセルができません。ご予約いただいた段階で、キャンセル不可のご注文となります。
 また、上記のようなバラの個体差もありますので、イメージと違う・染め上がりにバラツキがある等の理由やお客様都合による返品もできません。


 今回は、染めバラのメリット・デメリットについてまとめてみました。

 自然界にはない色合いですので、貰った方のインパクトは大きく、きっと驚かれ、喜ばれると思います。

 もしご注文される場合は、メリットとデメリットを勘案していただき、それでもよければ当店にて対応できますので、その点はご安心下さい。

季節の花たち

紫陽花の水揚げ、その後…

 先日(7/2)ブログ記事「紫陽花の生け込みと水揚げの処理方法」にてご紹介した生け込み、本日(7/8)様子を見に行きましたが、ピンピンの状態でした。

 上記の写真左側が本日(2020/7/8)撮影したもので、右側が先日(2020/7/2)の生け込み時に撮影しものです。

 1週間経っても、ほぼ遜色ない状態です。
 先日ご紹介した水揚げの処理方法での結果となります。

 こんな感じで1本1本の紫陽花の「ワタ」をくり抜き、縦に鋏で割ってからの生け込み作成でした。

 注意点としては先日もお伝えしましたが、紫陽花はとにかく水を吸い上げますので、水切れだけ気を付けて頂ければと思います。

 この方法を使えば、庭にある紫陽花を切って玄関に飾っても、しばらく楽しめると思います。
 是非楽しんでみてください。

 なお、紫陽花の鉢物は5月の母の日前後に流通します。毎年、新品種が続々出てきますので、来年もお楽しみに。

(リンク)
紫陽花の種類いろいろ①
紫陽花の種類いろいろ②

庭づくり

新品種クレマチス「エール フクシマ」での庭づくり

 本日、ブログ「伸子&幸廣の温泉ソムリエ旅日記」を運営しているyukihirogenki様から、新品種クレマチス「エール フクシマ」の鉢物をご注文頂きました。

 来年度の庭づくり構想。テラス上のメインアーチは、クレマチス「プリンセス・ケイト」と「エール フクシマ」の競演に決定したとのことでのご注文でした。

 エール フクシマは、プリンセスダイアナからの変異で生まれた福島県のオリジナル品種となります。

 白と濃いピンクの2色の花弁を持った、品のいいクレマチスです。
 当店ではしっかりとした状態で産地からお取り寄せできますのでご安心ください。

 クレマチスは北半球が原産地ですので、当地福島県でも全く問題なく毎年地植えの花を咲かせることができます。

 真夏を除き、一年中植え付け・植え替えができますが、最も適する時期は休眠中の12月から2月中旬頃までとなります。

 yukihirogenkiさんのブログでも、きれいにクレマチスが咲いています。
 クレマチス「エール フクシマ」での庭づくりもいいものですね。

(リンク)
新品種クレマチス「エール フクシマ」入荷しました
エール フクシマでの庭づくり②~商品入荷編~

お悔やみ

仏花(仏スタンド花)のモチーフ ~美術的観点からの仏像の魅力と仏花~

 個人的には特定の宗教・宗派に全くこだわってはいないのですが、以前から美術的観点からの仏像の魅力に惹かれ、宗教・宗派を問わず神社仏閣に赴き、仏像等を拝見させて頂いております。

 下の写真は6月に訪問した山形県の湯殿山瀧水寺大日坊で撮影した仏像です。

 さすがにご本尊は撮影してはいけないので、それ以外の仁王像や廊下に安置してある仏像だけを撮影してきましたが、この彫像作成の技術や構想力、構図には大変感銘を受けます。

 さて、一般的な仏像のイメージは、上記写真の4枚目のような形だと思われます。

 つまり仏様に後光と台座がともに彫像されているものを、一般的に「仏像」とイメージされると思われます。

 こういった仏像の歴史は古く、日本では奈良時代以前から伝来されてきていると言われています。

 もちろん、「仏像」にも様々な形がありますが、この後光と台座がセットになったこの形が、日本人に安心感をもたらすものではないかとも考えています。

 翻って仏花(仏スタンド花)を考えてみますと、全国的にも、また各々の花屋においても、特に決まり切った「形」というものはなく、それぞれ独自に作っているのが現状です。

 もちろんそれはそれでいいのですが、日本人にとっての「安心感」をもたらす形を突き詰めて考えてみますと、究極的にはこの後光が差す台座に乗った仏様のこの形をモチーフにしてみるのもいいのではないかと考えております。

 当店では宗教・宗派に全くこだわっていないのですが、日に何十本もご葬儀の花(仏花)を作っていると、何となくこの仏花そのものが、後光と台座のある仏像の形に似てきているのではと感じています。

 もちろん当初は仏像をモチーフにして仏花を作ろうとは考えていなかったのですが、よりよい商品を作ろうと試行錯誤しながら改善に改善を重ねて作っていると、そこはかとなしに仏像をモチーフにしているような錯覚に陥ってきています。

 日本人にとっては、こういった形が安心感を与えるとともに、日本的美意識に根付いたものだと言っても過言ではない気がします。

季節の花たち

紫陽花の生け込みと水揚げの処理方法

 長い梅雨が続きます。中国では、あまりの雨量で洪水が頻発し、あの三峡ダムも決壊の危機だと報道されています。

 ここ福島県ではそこまで激しい雨量にはなっていませんが、相変わらず梅雨空が続いています。

 梅雨と言えば、紫陽花とカタツムリなんてイメージがありますが、今回は、梅雨にふさわしい紫陽花を生け込んでみました。

 紫陽花は水揚げに特徴があります。単純に切っただけ、或いは金槌(かなづち)で叩くだけでは、いまいち水の吸い上げが上手くいきません。

 紫陽花が水をよく吸い上げるためには、写真2の左側のようにナイフで長めに側面をカットし、更にその中の「ワタ」と呼ばれる白い部分を削り取ります。
 写真2の右側がその「ワタ」を削り取った後になります。

 更に縦に鋏で枝を割り、水の中に入れて30分以上置けば水をよく吸い上げます。

 当店では殺菌成分も入った業務用の栄養剤を使用しているので作業はここまでとなりますが、このワタを取った後、殺菌をするために茎をコンロで1~2分ほど焼いて炭化させるのもいいと思います。

 今回は柏葉アジサイなど、4種類の紫陽花を生け込みました。また、枝物として夏ハゼも使用しました。

 庭にある紫陽花も、上記のような水揚げをするとよく水を吸い上げます。花瓶に挿して10日ほどは鑑賞できるかなと思います。

 母の日にプレゼントした紫陽花も、庭に植え替え何年か経つと、大きな株になります。そんな状態になったら、何輪かを切って花瓶に生けてみるのもいいものですね。

 是非試してみてください。

(追記)
 切り花の紫陽花、かなり水を吸い上げます。今回の生け込みの場合、器にオアシスを詰めて更に水が2Lほど入りますが、1日で1L以上なくなっていました。

 紫陽花を花瓶に生ける場合も、水の管理だけは気を付けて頂ければと思います。

(リンク)
紫陽花の水揚げ、その後…
紫陽花の種類いろいろ①
紫陽花の種類いろいろ②

ご挨拶・基本方針

Webpage開設からの1年を振り返って

 昨年7月に弊社Webpageを開設してから、早1年を迎えました。

 まず始めに、この1年間で延べ約1万人のお客様のアクセスがあったこと、たいへんありがたく感じております。

 これからもお客様のご要望を最大限実現できるよう、全社員心を一つにして、誠意を持って努力して参りますので、よろしくお願い致します。

 今回は、花とは少し話題がずれますが、Webpageを1から作り上げた中での失敗談や考え方等について、少しばかりですが記載していきたいと思います。

1.Webpageを作る上での予算と実際にかかった費用、そして最大の失敗

 専門の業者に依頼すれば、簡単なWebpageで数十万、本格的な視覚効果を狙ったものであれば100万円程度。SEO対策を十分練ったものであれば、150万以上が相場となります。

 とてもじゃないですがそんな予算はありませんのでw、何とか自分でできないかと必死にYouTubeやネットを調べ、結果的に約1万円で作ることができました。

 費用はドメインの取得費用が約1500円ほど、年間のサーバー代が約6000円ほど、そしてココナラで描いてもらったキャラの費用w(自画像含む)が約2500円ほどの計1万円となりました。

 20年ほど前に勤務していた学校のHPを作っていましたが、その際に身に付けたHTMLの知識は全く役に立ちませんでしたw

 現在はCMSに主流が移っていますが、ドメイン取得とレンタルサーバーとの契約、そしてこのCMSの理解にかなりの時間がかかりました。休みの日に朝8時から始めて夜10時までぶっ続けで作ること1か月、平日も夜中や早朝にも作り込みを行い、何とか形にした1か月でした。

 最大の失敗は、安さに惚れてドメイン名を.onlineで最初に作ったこと。なんと100円ぐらいの「激安」で取得できたのですが、2年目以降の毎年かかる更新料がばか高いことに全く気づかず、かなり作り込みをしてからのドメイン名flower-shop-alice.comの取得。そして移転の失敗でこれまで作り込んだデーターが全部消え、また1からやり直しという惨憺たる状況に陥りました。

 Googleで弊社名を検索しても.onlineのサーバーエラーがしばらく表示されており、.comで作っても全く検索に表示されない期間がしばらく続きました。
 途方に暮れた1か月ともなりました。

 しかしながら、死ぬほど集中して突貫工事で作り上げた結果、失敗も繰り返しながらも何とか「ある程度の」理解が進みましたので、それ以降はそれほど作り込みに時間をかけずに済むようになりましたが、肉体的にもこれまで経験したことのない極度の肩こりが出るなど、体からも悲鳴が出てきていました。

 振り返りますと、Webpage作成を業者に頼んだ場合、かなりビジュアルの素晴らしいものができるのですが、依頼した側から見ると、Webpageそのものがブラックボックスになってしまい、自分で更新したくとも更新できなくなってしまいます。

 また現在のようなコロナ大不況時には、業者に更新をお願いしたくともこれ以上経費がかけられない状況のため、より更新が停滞してしまいます。

 そういう点で、不慣れながらも自分で調べながらWebpageを構築すれば、いつでも情報発信できることが最大のメリットであったと思われます。

 幸い、現在はYouTubeなどでも動画付きで解説がありますので、とても「簡単に」はいきませんが、何とか作ることはできます。ただ、Webpage構築解説の中には古い情報が多々紛れ込んでいますので、それを判別するのにも四苦八苦しましたが・・・。

 もちろん、知人に詳しい人が一人もいませんので、頼るのはネット頼り。本も情報が古く、全く当てにならない点も問題でした。

2.Webpageを作ったメリット

 一番のメリットはお客様が増えたこと。どんなにいい生産者、いい花を揃えても、お客様がいなければ販売することができません。その意味で、Webpageは現在において必須のメディアと言えます。

 また、弊社は創業30数年ですが、これまではテレビ局の取材が全くありませんでした。テレビ局側がWebpageを見たとのことで取材依頼が来ましたが、Webpageの影響は、思ったよりも大きいと感じています。

 次に、弊社の取り組みを情報として発信できることがメリットに挙げられます。特に、「産地との連携」として以前から全国各地の産地に赴いていましたが、それをお客様にお伝えする手段としての弊社Webpageは最適であったと考えています。

3.今後の取り組み

 今後も引き続きブログを中心にWebpageを更新していきます。
 
 また、現在のところコロナ禍で産地訪問に制限が付くのですが、今後も継続して生産者との交流を行い、いい花をお客様に提供できるよう努力して参ります。

 将来的にはYouTubeも必須だとは考えているのですが、まだ現段階では何を話せばいいのか等についてのビジョンが浮かびませんので、将来的にはやってみたいと思っているのですが、検討中といったところです。もっとも、方言が強く滑舌が悪いので、自分自身でもあまり向いているとは思っていませんがw

4.お客様に感謝

 弊社を支えて下さる多くのお客様にたいへん感謝致しております。今後もいい花を揃え、お客様のご要望に最大限応えられるように努めて参ります。

 これからも末永くお付き合いの程、よろしくお願い致します。

代表取締役 菊地充智

その他, 季節の花たち

コロナ後の変化~生産者の単一商品作物からの脱却の流れ~

 菊の一大産地は愛知県の渥美半島、全国で有名なかすみ草の産地は福島県の昭和村など、これまでは長年培った技術を基に、単一商品の規模拡大と品質向上を目指しながら、単一商品に特化して事業を進めている産地が多く見られました。

 しかしながら今回のコロナ災禍により、結婚式などのイベントの消失、葬儀の大幅な縮小などが発生し、単一商品で全国的なシェアを拡大していた大規模生産者が苦境に立たされました。

 愛知県渥美半島の菊部会では、秀品以外を全量廃棄処分し、価格維持に努めたとの話を伺っていますが、需要が消滅してしまった昨今では、これまでのような単一商品の生産・販売ではどうしようもない状況に陥っています。

 今回はエリンジュームも生け込みましたが、このエリンジュームは国産です。これまで、エリンジュームに関しては基本的に輸入品が大部分を占めていましたが、近年、こういった葉物・実物・草物も国内の生産者が積極的に生産するようになってきています。更に今回のコロナ災禍で、単一商品から葉物・実物・草物などを含めた複数種への作物栽培の転換の流れがより加速しております。

 先日訪問した百合生産者・山形県の池野さんも、従来から百合メインで生産を行っていましたが、今年は圃場の一部でユーカリなどの葉物の生産も開始していました。

 近年はエリンジュームに代表される葉物・実物・草物の需要が高まってきており、Instagramなどでアレンジなどを見てみますと、従来のバラ・かすみ草メインの組み合わせだけではなく、葉物・実物・草物を多用したものも人気が出ています。

 先日、市場(福島花卉)の社長と話をした際、大田花卉の市場調査専門の方が講演を行ったそうで、その話の中で、これからは葉物・実物・草物の需要が高まりますとの話があったそうです。

 講演会に参加していた方々は、本当に流行るのか?などの疑問を持っていたそうですが、世の流れ的にはそちらの方向にシフトしているような気がします。

 ランチェスター経営戦略で著名な竹田陽一先生の著書を読みますと、売れ筋や売れる商品は変わっていくので、時代を読んで対応しなければならない旨が詳細に記載されています(ランチェスター経営戦略 第7部 商品戦略)。

 もちろんそれは花に限らず、どの業界・業種にも当てはまることですが、私自信もアンテナを伸ばし、情報発信も併用しながら、時代に応じた花作り(アレンジや花束)等を追求していかなければと痛感しております。

 幸い、積極的に産地に伺っていますので、生産者サイドでの花の見方・考え方も聞きながら、加工・販売側(花屋)の意見も伝えつつ、有意義な交流を行っています。併せて、現代はYouTubeやInstagramなどのメディアが発達していますので、それらを併用しつつ、今後もブログ等で随時発信していきたいと考えています。

 今回は、エリンジュームの他に、珍しい花粟も生け込んでみました。上記の写真でどこに花粟があるか、分かりますか?

 花粟はこの写真の中では黄緑色の花になります。

 また、紫色の花はカリナディープブルーと呼ばれるハイブリッドスターチスです。これまで見たことのない商品でしたが、あまりにもきれいなので急いで競り落としました。こちらは北海道産となります。

 以前述べましたように、当店では積極的に国内産を応援するために、基本的には国内産をメインで仕入れております。ただし、季節的にどうしても入手不可の商品、或いは高品質なものに限っては、国外の花卉も取り扱っております。

 2020年にパラダイムシフトが起こり、時代が大きく変わるとの話は大分昔からネット上では話題になっていましたが、今回のコロナ災禍で花卉業界も大きな転換を迎えているように思えます。

 今回の生け込みでは、葉物・実物・草物をメインに行いました。20年前にはこういった組み合わせではなく、所謂バラ・かすみ草メインの「華やかな」生け込みが主流だったように思われます。もっとも、20年前、ひいては30年前には、ここまで多様な品種・色合いはありませんでしたが・・・。

 もちろん、バラ・かすみ草を否定している訳ではありませんし、当店も積極的にこれらの花材も使用していますが、価値観の多様化・時代の変遷により、売れる商品・人気の商品も変わってきたように感じます。

(使用花材)
・ドウダンツツジ(福島県産)・ひまわり(茨城県産)・リンドウ(千葉県産)・エリンジューム(福島県産)・ハイブリッドスターチス(カリナディープブルー・北海道産)・花粟(福島県産)・雪柳(福島県産)・ロベ(東京都八丈島産)