尚志高校卒業式と卒業式の花

 2022年3月3日(木)、尚志高校にて第56回卒業式が行われました。
 写真は卒業式中の様子。尚志高校ホームページ「第56回卒業証書授与式」の画像をお借りしました。

 今年度は私が尚志高校の後援会・会長を務めており、また私の息子が尚志高校の3年生という縁もあり、卒業式の花のご注文を頂きました。
 コロナ対策で学校も相当苦慮されており、今回の卒業式では卒業生と教職員のみの参加、そして保護者は別体育館でモニターを見ながらの参加となりました。

 卒業式の花として、ステージ両脇にスタンド花。そしてステージ上にはアレンジを合計10個添えての式となり、華やかな装飾の基、式典が行われました。

 別体育館では、保護者の方の受け付けテーブルの両脇にアレンジメントを添え、保護者の方をお迎えしています。このアレンジを置くことは副校長先生のアイデアで急遽決まったものでしたが、やはり花があるのと無いのでは、全く印象が違います。

 この写真は前日の納品時に撮影したもの。春の花をふんだんに使ってお作りしました。桜の枝も卒業式に満開になるよう仕入れ日を調整し、開かせて使用しました。

 卒業生にはチューリップ一輪の花束、先生方には生徒から渡す形で大きめの花束をご用意しました。

 30年前、私が高校を卒業する時には花を全く貰えませんでしたが、やはり一輪の花束といえども貰うとうれしいものですね。花束を持ちながら、満面の笑みでクラスの集合写真に臨んでいます。

 こちらは全体が写るように撮影されたもの。遠くからでも花の装飾により、華やかさがより一層際立ちます。

 こちらは卒業式後の私の息子と祖父母。防衛大学校に進学し、幹部自衛官になるとの本人の談。商売向き・経営者向きではありませんので、花屋は継がないと思います。
 本人の適性というのは様々ですので、適職に就いてその道で頑張ってほしいものです。

 今の高校生はコロナというイレギュラーな状況に置かれており、制約がある生活を送る一方で、これからの時代を担う世代ともなります。様々な困難に打ち勝ち、それぞれが持つ個性を生かしながら、時代を作っていってほしいと願っています。