クレマチス「エール フクシマ」の続報と新品種クレマチス「アイ フクシマ」

 昨年販売が始まった新品種クレマチス「エール フクシマ」の続報として、福島民報新聞の記事(2021年5月30日)が掲載されました。

 記事を読みますと、今年は何と昨年の倍の六千鉢の出荷ということで、クレマチスの中でも絶大な人気を誇っていることが読み取れます。

 フラワーショップ アリスでも全国各地からお問い合わせを頂いております。今年も6月末まで取り扱っておりますので、ご安心ください。

 続いてこちらは新品種クレマチス「アイ フクシマ」。「エール フクシマ」は外弁の色がワインレッドで内弁の白とのコントラストがきれいです。一方、「アイ フクシマ」は外弁と内弁が薄いピンク色になっており、ほのかな色合いがこれまたきれいな一品です。

 どちらもプリンセスダイアナからの派生種となりますが、「アイ フクシマ」は「エール フクシマ」とほぼ同時に出てきた姉妹種となります。

 「アイ フクシマ」もフラワーショップ アリスでもちろん取り扱っております。「エール フクシマ」と同じ福島県相馬市の生産者・高玉さんが生産したものです。株もしっかりしていますので、ご安心ください。