紫陽花の種類いろいろ④

 昨年(2020年)作成した記事「紫陽花の種類いろいろ①」「紫陽花の種類いろいろ②」で多くの種類の紫陽花をご紹介しました。昨日(2021年5月4日)、市場での鉢市があったので朝5時半から市場内を散々探しましたが、何と昨年度ご紹介した紫陽花は「紫陽花の種類いろいろ①」でご紹介した「コットンキャンディー」以外、一つもありませんでした。昨年度ご紹介した多くの紫陽花、もう既に入手不可の商品となっています。

 紫陽花は園芸品種を含めると2000種以上と言われていますが、生産者も新品種を追いかけ、毎年違った紫陽花を生産しています。ひょっとすると今回ご紹介する紫陽花達は、来年には入手が極めて難しいものになっているかもしれません。「これは」と思った紫陽花がありましたら、是非この機会に入手することをお勧めしております。

 従来、「母の日」にはカーネーションを贈ることがメインとなっていましたが、近年はカーネーションだけでなく、「紫陽花」や「クレマチス」など、多様な鉢物も多く出回るようになってきました。フラワーショップ アリスでもこの時期、希少種を含めた多くの紫陽花を取り扱っています。今回の「紫陽花の種類いろいろ④」では、2021年の最新品種を含めた紫陽花のご紹介をしていきます。

 最初にご紹介するのは紫陽花「スプラッシュ」。淡いブルーに斑が入った、上品な一品です。

 続いて、上から覗いても可愛らしい紫陽花「テーブルピンク」。日本ではまだ多く出回っていない、ドイツの最新品種です。

 こちらの紫陽花は希少種「カーリースパークルピンク」。星形のような花弁が特徴的です。

 上記はかなり赤味がかった紫陽花「クィーンオブハート」。ピンクやブルーはよく見ますが、赤い紫陽花は珍しいです。品のある一品です。

 こちらは濃い紫が特徴的な紫陽花「ディープパープル」。この濃い紫が世界的に評価され、世界各国から合わせて5つの賞を受賞しています。

 こちらは紫陽花「ヘブン」。八重咲きの、星型のような柔らかい感じの花弁が特徴的です。

 こちらは紫陽花「エルマール」。青と白のコントラストがきれいな、2色咲きの紫陽花です。

 こちらは島根県オリジナル品種の八重咲き紫陽花「銀河ブルー」。気品がある趣です。希少種。

 最後にご紹介するのは、エレガントな雰囲気の紫陽花「フレームブルー」。希少種です。個人的にかなりのおすすめ。

 以上、2021年にフラワーショップ アリスに入荷した紫陽花の一部をご紹介しました。紫陽花はこの時期だけの入荷となります。希少種は数に限りがあります。ご来店、お待ちしております。

前の記事

紫陽花の種類いろいろ③

次の記事

母の日の御礼と花卉動向