2021年:母の日(母の月)に向けて

 2021年の母の日は5月9日(5月第2日曜日)です。ただ、昨年度からは「母の月」と題して、密集・密接を避けるよう花業界では取り組んでおります。

 4月末頃から弊社では「母の月」用の鉢物を順次取り揃えていきます。ゴールデンウィーク等にご来店頂いても大丈夫です。(※5月9日「母の日」用の鉢物はセリ日にあたる5月4日(火)に大量に入荷します。5月4日午後~店頭に並べ始めます。5月5日朝には準備も完了し、豊富な種類を並べております。5月5日~5月8日頃にご来店頂くのが一番のおすすめです。)

 上記写真はクレマチス「ビエネッタ」。シクラメンで有名な根本園芸の根本さんが作ったものです。母の日用の鉢物はカーネーションや紫陽花が定番ですが、こういったクレマチスもおすすめです。クレマチスの植え替え等につきましては、弊社ブログ記事『クレマチス「ビエネッタ」での庭づくり~商品発送編~』をご覧下さい。

 続いて紫陽花「ブルーマーブルローズ」。5月の母の日(母の月)には、定番のカーネーションを始め、紫陽花などの各種鉢物も多数ご用意しております。

 薔薇を始めとした切り花も豊富にご用意しております。上記写真は愛知県JAひまわり産の薔薇「シトラスジェル」。これ以外にも、綺麗な薔薇・珍しい薔薇等をたくさん取り揃えておりますので、楽しみにして下さい。

 昨年度はコロナ騒動の影響で、全国の多くの生花店が入荷量を極端に減らしたようでした。弊社では通常通りの仕入れを行いましたが、多くのお客様がご来店頂いたことで、母の日前日の土曜日にはほとんどの商品が売り切れてしまい、母の日当日の午後には全く商品がない状況に陥ってしまいました。

 一方、今年は母の日を見込んで全国の生花店や量販店がかなりの量の仕入れを行おうとしており、切り花を含め、生産者サイドから生花店・量販店への欠品が多く出始めています。特に輸入カーネーションの注文においては、欠品により対応できないものが多く出始めているようです。

 今年も弊社は例年通りの仕入れを行っていきますが、母の日当日ですと欠品等も出る可能性もありますので、事前ご予約等もおすすめしております。

 ただ、鉢物は見ないと分からない部分もありますので、母の日をややずらしてのご来店もおすすめしております。