長梅雨の花卉への影響

 長い梅雨が続きます。葉物野菜や根菜類は高値を付けて推移しており、これから受粉する米に関しても、その影響が懸念されています。

 根菜類や葉物野菜は基本露地栽培であるため、梅雨の影響をもろに受けますが、花卉に関してはハウス栽培が多く、梅雨の影響は幾分緩和されているようです。

 しかしながら先日、いいケイトウを作る県北(福島県)の生産者と直接電話で話をしましたが、ハウスの中が湿気でやられてたいへんなことになっているとのことでした。

 C級クラスのケイトウなら出せるが、いいものは出せないとのことでしたので、いいものが出るまで待ってますと話をして電話を切りましたが、少なからず影響は受けています。

 また、花卉の生産者は盆などの需要が旺盛な日にちに合わせて生産を行っていますが、先日お伺いしたスプレー菊の生産者・武藤さんが話されているように、一部花卉の生育は前進しているようです。

 つまり、暑い日は生長が止まるため、その暑い日を見越して幾分早く植え付けを行っていますが、その「暑い日」が来ないとそのまま生長が進み、早めの出荷となってしまいます。

 盆に併せて大量生産しているものが仮に2週間もずれて出荷してしまうとたいへんなことになってしまうので、生産者の方々も気が気ではありません。

 今年は桃も梅雨の影響でたいへんな被害を被っているとの話が報道でなされていますが、とにかく自然相手の農業はたいへんですし、その自然を相手にしている生産者の皆さんの苦労には頭が下がります。

 当店では数千本単位で各々の花材を事前に注文していますので、予定通りには入荷するはずですが、万一欠品してしまうと盆用のアレンジ作りなどに支障をきたしてしまいますので、やはり天候は気になるところです。

 暑い夏も寒い冬も、そして梅雨も秋雨も当然必要なのですが、何事にも「過ぎる」ことはよくありません。近年はこの「過ぎる」ことが多く、予想外の出来事が頻発しているように感じています。