トーンイントーン ~緑と黄色の組み合わせ~

 フラワーアレンジメントは色彩の組み合わせがとても重要です。しかし、どの色を組み合わせれば良いのか、明度や彩度といった専門的な言葉に困惑してしまうこともあるでしょう。今回はそんなフラワー初心者の方でも分かりやすい、色の組み合わせの基本について解説します。

フラワー君

きれいなアレンジって、どんな色を組み合わせればいいのか、まるで見当が付きません

アリスちゃん

明度や彩度も大事ですが、補色やトーンイントーンを意識して作ると、きれいにできますよ

フラワー君

その辺のややこしい言葉は苦手です

 色相環で隣同士の色の組み合わせのことをトーンイントーンとも呼びますが、今回ご紹介するのは、緑と黄色の組み合わせを中心としたアレンジです。

トーンイントーン ~緑と黄色の組み合わせ~

トーンイントーンとは

 色相環で隣同士の色の組み合わせのことをトーンイントーンとも呼びますが、今回ご紹介するのは、緑と黄色の組み合わせを中心としたアレンジです。

 トーンイントーンは隣り合った色合いの組み合わせを指すため、色彩の一体感を強く感じさせます。これが緑と黄色の組み合わせが視覚的に魅力的である理由であり、穏やかで自然な雰囲気を引き立てることができます。

 下の画像は12色の色相環図。黄色と緑、オレンジと赤、紫と青などの類似トーンの組み合わせがトーンイントーンの代表的なものとなります。

緑の花材と黄色の花材

 今回、緑の花材としては、夕霧草(写真2)、グリーントルコキキョウ、小手毬を、黄色の花材としては、大輪ガーベラ、フリージア、スプレーバラ「フェリーニ」(写真3)を選択しました。それぞれの花材の特徴と役割を以下に詳述します。

夕霧草

 まず緑の花材として、夕霧草を選択しました。夕霧草はパセリのような緑の葉を持ちながらも、その長い茎が特徴的です。

 茎の長さを活かしてアレンジに取り入れることで、立体感と動きが加わります。今回はこの夕霧草をバラよりもやや高い位置に生けることで、アレンジ全体に奥行きを与えています。

スプレーバラ「フェリーニ」

 スプレーバラ「フェリーニ」は、蕾の時には写真3のような色合いと雰囲気ですが、開いてくると一輪バラ「カルビディーム」と似た色合いの、ボリューム感のあるバラに変化します。

 その変化がアレンジ全体に深みと躍動感をもたらし、視覚的な興奮を促します。今回はやや開いたフェリーニを生けることで、ボリューム感を出しています。

補色も加えて

 今回はトーンイントーンの組み合わせだけでなく、グリーンの補色としてのピンクも組み入れました。しかし、ピンクが強すぎると全体の調和が崩れるため、白とピンクの混色である一輪カーネーション「こまち」を選択しました。

 「こまち」は淡い色合いで、緑と黄色の調和を優しく引き立てます。

トーンイントーンは人気の組み合わせ

 しかしながら、何よりも花材の種類がなければ、なかなかこういった組み合わせもしづらいのですが、当店は常時豊富に花材を用意しておりますのでご安心下さい。

 この豊富な花材が、お客様のイメージや感情を引き立てるアレンジメントの実現を可能にします。

 フラワーショップ アリスではイメージに沿ったアレンジをお作りできますので、いつでもお気軽にお問い合わせ、ご来店頂ければ幸いです。

左右対称なフラワーデザインと、非対称なフラワーデザインの文化的な背景について詳しくは

この記事を書いた人

菊地充智
菊地充智代表取締役社長
 こんにちは。フラワーショップ アリスの代表取締役、菊地 充智と申します。
 福島県本宮市出身で、元々は教員として子どもたちの教育に尽力していました。その経験は私にとって大切な基礎となり、人と心を通わせる重要性や、強い絆を築くことの意味を深く理解させてくれました。

 2007年、私は新たな挑戦としてフラワーショップ アリスに加わりました。それ以来、花々と共に日々成長し、お客様に最善のサービスを提供するために常に努力しています。
 そして、花の美しさとそれぞれの物語をより深く理解し、お客様に届けるため、全国の花の産地を訪れています。

 私の経営理念は、お客様に最高の満足を提供し、常に改善と修正を行いながら、お客様にとってベストの選択を追求することです。この理念は、私が書く文章にも反映されています。

 皆さんが私の記事を通して、花の世界の美しさや、そこに込められた物語を感じ取っていただければ幸いです。それが私が記事を書く大きなモチベーションとなっています。どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA