季節の花たち

トーンイントーン ~緑と黄色の組み合わせ~

 色相環で隣同士の色の組み合わせのことをトーンイントーンとも呼びますが、今回ご紹介するのは、緑と黄色の組み合わせを中心としたアレンジです。

 緑の花材として、今回は夕霧草(写真2)とグリーントルコキキョウ、小手毬を、また、黄色の花材として、大輪ガーベラとフリージア、スプレーバラ「フェリーニ」(写真3)を選択しました。

 夕霧層は珍しい花材です。パセリのような葉ですが、茎が長いため、埋め込みに使うのは少しもったいない気がします。寧ろ、その茎の長さを生かし、飛び出しで生けることがポイントだと考えています。

 今回はその夕霧草を、バラよりもやや高い位置に生けてみました。

 スプレーバラ「フェリニー」は、蕾の時には写真3のような色合いと雰囲気ですが、開いてくると一輪バラ「カルビディーム」と似た色合いの、ボリューム感のあるバラに変化します。

 今回はやや開いたフェリニーを生けることで、ボリューム感を出しています。

 また、今回はトーンイントーンの組み合わせだけでなく、グリーンの補色としてのピンクも組み入れました。しかし、ピンクが強すぎると調和が崩れますので、白とピンクの混色である一輪カーネーション「こまち」を選択しました。

 色相環で隣接している緑と黄緑だけの組み合わせでは当然ながら変化に乏しくなります。
 
 一方、緑と黄色、或いはピンクと赤、ピンクと紫、黄色とオレンジなどの類似色同士の組み合わせ(トーンイントーン)は、当店のアレンジでもよく使われる人気の組み合わせとなります。

 しかしながら、何よりも花材の種類がなければ、なかなかこういった組み合わせもしづらいのですが、当店は常時豊富に花材を用意しておりますのでご安心下さい。

 イメージに沿ったアレンジをお作りできますので、いつでもお気軽にお問い合わせ、ご来店頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA