季節の花たち

春の花、桃とミモザと小手毬と ~花材の特性とレイルマン比率を意識した構成~

 春の花、桃を生けてみました。
 桃は花を触るとポロポロと落ちやすいため、なるべく花や蕾に触れないようにしながら、慎重に扱うようにしています。

 桃だけでも十分春を感じますが、今回は桃の花にミモザと小手毬(こでまり)を組み合わせてみました。

 ミモザ(画像2)は春らしさを演出するには最適な、たいへんボリュームのある花材です。ただ、乾燥に弱いため、霧吹き等で2~3日置きにでも湿らすと、この状態が長く維持できます。

 ミモザはドライフラワーとしても人気がありますが、乾燥させると花が茶色に変化します。

 小手毬(画像3)も2月頃から5月頃にかけて流通します。ミモザも小手毬もたいへんボリュームのある花材です。注意点としては水の吸い上げが非常に強い(蒸散が激しい)ため、花瓶の中にまとめて入れておくと水切れが発生しやすいことです。

 これは他の枝物でも言えることですが、いったん水切れして萎れてしまうと、2度と復活ができません。ドウダンツツジも水の吸い上げが強い枝物ですが、これら枝物を生ける際には、事前に、或いは生け終えた後に水をたっぷりと張るように気を付けています。

 桃の下にあるピンク色の花はアルストロメリア(リグツ)です。画像4は色違いのリグツですが、透明感のある繊細な花です。茎がたいへん折れやすく、扱う際には非常に気をつかいます。

 このリグツはこの時期限定の花となります。
 毎年2~3月しか流通せず、全国での生産者や生産量が非常に限られるため、希少種となっています。(愛知県では本田さん、ただ一人だけの生産・出荷となっています。)


 中央のブルーの実はエリンジューム(画像5)となります。

 今回は生け込みの下部に関し、向かって左側にミモザを、右側に小手毬を多く生けることで、 色の対比や質感の変化を楽しめるように構成しました。

 更に今回の生け込みに関しては、写真の構図で提唱されているレイルマン比率を意識しながら、生け込み下部を4分割し、縦の線と対角線との交点にそれぞれの主題となる花材(ミモザ・小手毬)とアクセントとなる花材(カラー)を配置することにしました(画像6)。

 生け込み下部の向かって左側の交点それぞれにミモザを配置し、配置したミモザと三角形になるよう中央部分、及びその反対側にもミモザを生け込みました。

 また、ミモザを繋いだ三角形の中央部分に補色のエリンジュームを多めに入れ、明るい黄色と暗めの青の対比を強調し、よりミモザがはっきりと浮き出るように工夫しました。

 生け込み下部の右側は小手毬を多めに入れつつ、同系色のカラーもアクセントとして、 レイルマン比率を意識しながら、4分割する縦の線と対角線との交点の上部に配置しました。

今回はレイルマン比率を意識した構成も組み入れながら、主題となる花材(ミモザ・小手毬・桃)とアクセントとなる花材(カラー・エリンジューム)を適切に配置することで、バランスのよい生け込みに仕上げることができました。

(使用花材)
桃・ミモザ・小手毬・エリンジューム・カラー・ドラセナ・アルストロメリア(リグツ)