季節の花たち, 最新情報・各種ご案内

冬の花材、木瓜(ボケ)と配色の組み合わせ

 日本人になじみの深い木瓜を生けてみました。木瓜は矯めが効きませんので、直線で生けるか、枝を折って生けることが基本となります。

 木瓜は色合いが朱色ですが、やや明度が低く、色合いの組み合わせが比較的難しい花材だと感じています。

 木瓜を主役としてとらえるならば、真っ赤な原色系の色を組み合わせるのではなく、寧ろ淡いオレンジのような中間色との組み合わせが合うと思っています。

 また、原色系を入れるのであれば、彩度が高いビビットな色合いの黄色をポイントとして添える程度でいいのではないでしょうか。

 今回は、木瓜の朱色と色合いが合う花材として、アーリエスと呼ばれる一輪バラと大輪ガーベラ(アルマ)、アルストロメリア(パピロン)を選びました。

 いずれも中間色の淡い色合いです。
 ポイントとして彩度の高い黄色のLA百合を入れてみました。

 ドラセナは2種類入れました。チョコレート色のドラセナは、木瓜の明度を落としたような同系色のため、なじみます。しかし、明度が低い花材のため、これだけを葉物として取り入れると全体が暗くなってしまいます。そのため、明るい色のグリーンのドラセナを上部に、相対的にやや暗めのグリーンであるハランを下部に入れることにより、全体をボリューム感のある、明るい色合いに仕上げました。

 こちらは先ほどご紹介したアーリエスと呼ばれるバラです。こちらもJAひまわりバラ部会の方々が生産したバラとなります。

 一昔前は原色系のバラが中心であり、淡い色合いや変わり種品種といったものは少なかったです。しかし近年、その種類は爆発的に増加しており、多種多様な品種と共に、色の表現方法も大きな可能性を持つようになってきました。

 当店でもJAひまわりバラ部会のバラを中心に、多くの品種を取り扱っています。写真で見た感じと実際に見た感じでは色合いがまた違って見えますので、近くにお越しの際は、是非当店にお越し下さい。たくさんのバラをご用意してお待ちしております。