季節の花たち

正月の花材、千両

 正月の花材として代表的な千両を生け込みました。

 千両はみかんと同じように表年・裏年があります。実が多く付く豊作の年と実が少ない裏年が交互に現れ、当然ながら仕入れ単価(市場での競り値)も極端に変動します。(生花の競り値は生産者の希望値もありますが、入札参加者としての花屋の需給によって大幅に、時には「極端に」変動します。)

 2019年は本来、表年であり、実が豊富で入荷量も多いはずだったのですが・・・・。

 千両市は年に一回行われます。
 事前に情報は聞いていましたが、やはり箱詰めされた商品を実際に見ると、愕然としました。

 なんと裏年の昨年(2018年)の入荷量が激減した時よりも更に、大幅に減っていたのです。

 原因は2019年の大型の台風と洪水にありました。
 千両の主要産地である茨城県と千葉県の栽培地が苗ごとやられていたのです。

 千葉県の館山にある山川農園は千両の大規模生産者で、品質が高く当店も積極的に取り扱っていますが、ブログを読むとたいへんな被害に遭っていたことが分かります。

 覚悟を決め、気合いを入れて千両市に参加しましたが、とにかく量を確保しないといけないという思いで、必死に入札し、やっとの事で競り落とし、なんとか去年と同数量を確保しました・・・・。
 年に一回の千両市であり、この日を逃すと入手できなくなるため、もう必死です。

 千両市が終わった後は、心臓の鼓動が酷かったですね・・・。

 生産者がやっとの思いで出荷した千両を、今年はことのほかありがたく使わせていただきました。ありがとうございました。

 閑話休題。
 千両は大きく分けて3種類あります。

 通常の赤い実と黄色い実、そして紅(くれない)と呼ばれる濃い赤の実です。紅は枝も赤く色付いています。

 等級により区分されます。等級は枝ぶりや実付きで決まります。

 今回は千両を使った生け込みを行いました。日本人にとって、正月に欠かせない花材は松と千両です。昨年は台風被害も含め、いろいろとたいへんな年でした。
 今年はいい年になるよう、心から願うばかりです。