季節の花たち

冬の花材、クリスマスホーリー

 寒くなってきました。まだ雪は降っていませんが、当地にも白鳥が飛来するなど、冬の様相を呈してきました。

 さて今回は、白塗りの枝物を入手しましたので、クリスマスホーリーを葉物として使用しました。
 クリスマスホーリーは別名、西洋ヒイラギとも呼びます。トゲトゲの葉と赤く丸い実が特徴です。

 中央の赤いダリアのような花はディスバットと呼ばれる菊です。ディスバットマムは多様な品種が市場に出ています。従来の白い輪菊ではイメージが固定化して用途が限られてしまいますが、ディスバットマムはアレンジや生け込み、祝い花にも使用できるなど、用途が大幅に広がっています。

 クリスマスホーリーと併せる葉物として、今回はドラセナを使用せず、キキョウランとモンステラを用いました。

(使用花材)クリスマスホーリー、ディスバットマム「マーレッタ」、オリエンタル百合「バンドーム」、キキョウラン、モンステラ、アルストロメリア、野バラ、珊瑚水木