季節の花たち

OTハイブリット百合(タッチストーン)

 今日(こんにち)、百合の球根の一大生産地はオランダであり、品種改良等により品種が爆発的に増加しています。20年前と比べてみても、品種の増加とともに色の豊富さも顕著になっております。

 OTハイブリット(OT系)とは、オリエンタル百合とトランペット型の百合(鉄砲百合等)を掛け合わせたものであり、環境の変化等による水下がり等も少なく、扱いやすい百合となっております。

 先日訪問した池野さん(株式会社 千歳園)が栽培しているタッチストーンもOT系の百合です。OT系の百合の代表的な品種としては黄色のイエローウィンや白のザンベジ等があり、いずれも非常に扱いやすく、尚且つ見応えがあり、当店でも積極的に取り扱っております。

 写真の生け込みはOT系百合のタッチストーンを中心に、ピンクッションやウメモドキ、菊等を入れ、先週に引き続き深まりゆく秋を表現してみました。