花のお手入れポイント

胡蝶蘭のお手入れポイント

 胡蝶蘭(コチョウラン)(英名:ファレノプシス・オーキッド)のお手入れについて、お客様からよくご相談を受けます。ここでは、簡単になりますが、お手入れのポイントをまとめていきたいと思います。

1.原産国

 フィリピン、台湾、インドネシア、タイなどの蒸し暑い国の樹上の幹や樹皮に根を張って育つ植物です。そのため、その環境を再現していくことがポイントです。

2.夏場の管理

 原産国では熱帯雨林の中で育つため、最低15度以上の室温が必要です。そのため、夏場(6~9月)の環境が最も適しています。また、夏場の直射日光は強すぎるため、直射日光に当てると葉やけを起こします。レースのカーテン越しに毎日5~6時間程度日光に当てるようにするといいです。

 また、風通しの良いところが好きな植物なので、ときどき戸外に出す、窓を開けて風通しを良くするなどの工夫も必要です。

 夏場の水やりは、水ゴケが乾いたらすぐ与える感じでいいのですが、水をやりすぎると根腐れをしてしまいます。表面の水ゴケを触って水やりの判断をしてください。

3.冬場の管理

 本来、最低15度以上の室温が必要です。7度ぐらいの室内で越冬させる場合には、水やりを極力減らさないと株が痛みます。更に、水を与えすぎると株が凍ってしまいます。胡蝶蘭は1ヶ月に1回程度の水やりでも枯れることがありませんので、冬場は水やりを極力減らしてください。

 胡蝶蘭の切り花も含め、経験的に外気温が5度以下になると花が凍みます。一端凍みますと鑑賞に耐えなくなるばかりか、暖かいところに戻しても元に戻りません。そのため、厳冬期においては、夜間を含めた室内の温度管理が非常に大切になってきます。

4.もう一度楽しめる二度咲きに挑戦してみませんか?
 
 花は寿命が来るとしおれてしまいますが、この時、茎の一部を残し切り取っておくと、残された花茎から花芽が出てきて、数ヶ月後に再び花が咲きます。
 黒臼洋蘭園のHP( http://kotyou.net/post-1.html )に、二度咲きの方法が詳しく載っていますので、是非とも挑戦してみてください。

5.関連ページ
 
 アンスリウムのお手入れポイント
 シクラメンのお手入れポイント
 シンビジウムのお手入れポイント
 デンドロビウム(ノビル系)のお手入れポイント

 当店では、常時1万円ぐらいから4万円ぐらいまでの胡蝶蘭を幅広く取り揃えております。胡蝶蘭をお求めの際には、是非とも一度当店にお立ち寄りください。電話やメールでのお問い合わせもお待ちしております。